C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

あなたを抱きしめる日まで

2014-08-07 21:40:56 | CINEMA(あ)
あなたを抱きしめる日まで
'14:イギリス・アメリカ・フランス合作



◆原題:PHILOMENA
◆監督:スティーヴン・フリアーズ「クィーン」「わたしの可愛い人 シェリ」「がんばれ、リアム」
◆主演:ジュディ・デンチ、スティーヴ・クーガン、ソフィ・ケネディ・クラーク、アンナ・マックスウェル・マーティン、ミッシェル・フェアリー、バーバラ・ジェフォード、ルース・マッケイブ、ケイト・フリートウッド、ピーター・ハーマン、メアリー メア・ウィニンガム


◆STORY◆イギリス。善良で信仰心が篤い田舎の主婦フィロミナ(ジュディ・デンチ)は、娘のジェーン(アンナ・マックスウェル・マーティン)とともに穏やかな生活を送っていたが、ある日、50年間隠し続けてきた秘密をジェーンに打ち明ける……。1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、強制的に修道院に入れられる。そこでは同じ境遇の少女たちが、奉公人のように働かされていた。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されず、やがて修道院は、3歳になったアンソニーを金銭と引き換えにアメリカに養子に出し、フィロミナは「息子の行方を捜さない。誰にも息子のことを話さない」という誓約書に署名させられた……。それから50年。フィロミナは、アンソニーのことをいつも気がかりに思い、密かに彼の行方を捜していた。そしてアンソニーの50歳の誕生日に、初めてジェーンに父親違いの兄の存在を明かしたのだった。事実を知ったジェーンは、母のために、あるパーティで知り合ったなんとも頼りなさそうな元ジャーナリストのマーティン(スティーヴ・クーガン)に話を持ちかける。愛する息子にひと目会いたいと願うフィロミナと、ジャーナリストとしての再起をかけたマーティンは、アンソニーがいるアメリカへと向かった。一歩一歩、少しずつではあるがアンソニーに近づいていく二人。だがそこで二人は思いもよらぬ事実を知ることになる……。

10代で未婚の母となり幼い息子と強制的に引き離された女性の奇跡の実話を、『クィーン』などのスティーヴン・フリアーズ監督が名女優ジュディ・デンチを主演に迎えて映画化です。

この監督の映画は好きです。そして好きな女優さんがでるということで楽しみにしておりました。
やっと公開です。

しかし目が見えなくなっていても、やっぱりジュディ・デンチってすごいね。
なんかこの年までこんなことされてまで、純粋で信心深いフィロミナを演じきってたよ。
彼女見てたらほんとに世間知らずっていうか、あーーた!!この人たち怪しいから!って、
元エリート記者のマーティンの気持ちで見てました。

1950年代、アイルランドの修道院でむりやり息子を里子として売りに出された母親が、
50年を経た後、人生最後の望みをかけて行方知れずとなった息子を探し始めるってありえない話だよね。
っていうかこの人の人生が実話ってことにもびっくりだった。
当時の修道院の、信じ難い営利行為が現実に行われていたって・・・
そしてそんな修道院で過ごすしかなかったこの人たちって本当にせつなかった。

そして映画のラストは本当にこの人たち(修道院の人たち)って最悪だわ!
って思うんだけど、すべてを赦すフィロミナがすごいって思った。
これだけのことをされた人生、50年たってやっとわかった人生であるのに、みんなを赦すことってなかなかできないよ。
こんな人こそ、神の下で働くべくひとだよって本当に思ってしまいました。

この映画すごいなって思うのは重い話なんだけど、会話が面白くってね〜
スティーブ・クーガンが素晴らしいんだろうな〜ジュディ・デンチとの掛け合いなんて最高だった。

この時代の人はほんとに生きることに精一杯だったんだろうな〜
そして死ぬ前に息子さんを自分のことを愛していたお母さんに、一目だけでもあわせてあげたかったって本当に思いました。

Nakajiの満足度 ★★★★(4.5)  7/10  劇場鑑賞 54 作
あなたを抱きしめる日まで [DVD]
ジュディ・デンチ,スティーヴ・クーガン
Happinet(SB)(D)

あなたを抱きしめる日まで (集英社文庫)
Martin Sixsmith,宇丹 貴代実
集英社
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超高速!参勤交代 | トップ | 炉端長屋 居酒屋一一 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2014-08-10 20:57:56
そうそう、とっても重い話なんだけど、フィロミナの性格から2人の会話劇が漫才のようで、重みを感じ過ぎずに見ていられましたよね。
ほんと精一杯を感じる作品でした。

今年は台風の当たり年みたいですね。
日本海側に抜けていってさっさと消えて欲しいものですね(^^;
Unknown (真紅)
2014-08-10 21:17:20
Nakajiさん、こんばんは〜。コメント&TBありがとうございました。
そう、この映画実話で、アカデミー賞授賞式にフェロミナさん招待されてました。
かわいい感じの人でしたよー。

少し前、ブッキーがテレビで「富山に、とってもいい映画館があって・・」って話してたんです。
舞台あいさつに行った話だったんだけど、「お、富山といえばNakajiさん♪」と思ったよ^^
こんばんはー♪ (kira)
2014-08-10 22:17:36
ジュディ・ディンチって
どんな役をやっても、それがはまり役と思わせるところが凄いですよね〜。
ちょっと「マリーゴールドホテル」を思い出しましたが、
可愛くてガンコで、前向きな、、
そして、この作品ではその相棒たる紳士が、これまたいい距離感で、良かったです
Unknown (ふじき78)
2014-08-10 23:45:10
昔の邦画で、チョイ役で樹木希林さんと蟹江敬三さんが出てる映画があって、ジュディ・デンチとスティーブ・クーガン日本で置き換えるなら、この組み合わせがいいなあとか「ふっ」と思った。まあ、もう成り立たないんですけど。
これが (sakurai)
2014-08-11 17:41:27
実話だってんですから、びっくりですよね。
ほんとに映画みたいな話もあるもんだと。
ちょっと予告でミスリードされて、え!と思わされました。
なにはともあれ、溜飲が下がってよかったです。
>たいむさん (Nakaji)
2014-08-11 19:59:13
そうそう、二人の会話で重くならずに見れた感じします。
でも二人の会話のすばらしいまで本当にすごかった〜

台風本当にあたり年ですね。
毎年この時期になるとあーーーって思いますが、
早くすぎさってほしいものです。
>真紅さん (Nakaji)
2014-08-11 20:02:18
こちらこそありがとうございます。
ソッコー動画探しちゃいました(笑)

>アカデミー賞授賞式にフェロミナさん招待されてました。

そうなんですね!!知らなかった!!
実話っだったってことにまたびっくりしておりました。
>kiraさん (Nakaji)
2014-08-11 20:03:51
こんにちは♪
ジュディ・ディンチって何やってもうまいよね〜
感心しちゃった。

あの相棒よかったですよね♪素敵なイギリス人って感じでしたよね〜
>ふじき78 (Nakaji)
2014-08-11 20:04:50
樹木希林さんと蟹江敬三さんってあうわ!!!
って思った。

そうだよね〜残念ですよね。
>sakuraiさん (Nakaji)
2014-08-11 20:05:33
そうそう実話だってことにびっくりした。
こんな話があっていいのか!って思いましたよ。
ジュディ・デンチ (りお)
2014-08-11 22:54:00
視力が低下していて、台本が読めないなんて知りませんでした。
それでも精力的に仕事をこなすってすごいですね。。。

親子を会わせてあげたかったけど、会えなかったのがリアルだなと思いました。
>りおさん (Nakaji)
2014-08-13 10:47:03
そーーー読んでもらってセリフを覚えてたってすごいよね。なんか彼女って本当にすごいって思った。

あのラスト本当にリアルだと思った。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
あなたを抱きしめる日まで (映画好きパパの鑑賞日記)
 もっとぼろぼろに泣かせると思いきや、「クイーン」「堕天使のパスポート」のスティーヴン・フリアーズ監督だけあり、社会の暗部を淡々と報じることで、見ている人に考えさせる作品に仕上げていました。英国の実情やカソリックの信仰などが身近でないので、ちょっと分か...
「あなたを抱きしめる日まで」みた。 (たいむのひとりごと)
フツーのおばさんでもどこか非凡さを感じさせてくれるジュディ・デンチ主演の作品。1950年代、アイルランドから米国へ多くの子供たちが養子に出されており、その裏に隠された事実であり非情な実態が実話をもとに
ある母の記/ 「寛容」 についての物語〜『あなたを抱きしめる日まで』 (真紅のthinkingdays)
 PHILOMENA  アイルランド出身で、英国に娘と暮らす老婦人フィロミナ(ジュディ・デンチ)は、 50年前に未婚のまま、アンソニーという名の男の子を出産していた。修道院 から養子に出されたまま行方知れずの息子を、フィロミナは捜す決心をする。 B...
あなたを抱きしめる日まで (映画的・絵画的・音楽的)
 『あなたを抱きしめる日まで』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)今回のアカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品(注1)というので、映画館に足を運びました。  舞台は2002年のイギリス。  ロンドン近郊に娘のジェーン(アンナ・マックスウェル・マーティン)....
あなたを抱きしめる日まで (こんな映画見ました〜)
『 あなたを抱きしめる日まで』---PHILOMENA---2013年(フランス/イギリス)監督:スティーヴン・フリアーズ 出演:ジュディ・デンチ、 スティーヴ・クーガン 、ソフィ・ケネディ・クラーク、 アンナ・マックスウェル・マーティン、 ミシェル・フェアリー 、....
あなたを抱きしめる日まで (佐藤秀の徒然幻視録)
“社会的強者”と“社会的弱者”の珍道中 公式サイト。イギリス映画。原題:Philomena。マーティン・シックススミス原作、スティーヴン・フリアーズ監督。ジュディ・デンチ、スティー ...
『あなたを抱きしめる日まで』 (2013) (相木悟の映画評)
信仰心を問いかける、極上バディ・ムービー! ライトな肌ざわりながら、ズシリと重いテーマが沈殿する新感触の社会派ドラマであった。 本作は、1950年代のアイルランドで、10代で未婚の母となり、仲を引き裂かれた息子を50年の時を経て探す女性の軌跡をおった....
あなたを抱きしめる日まで (to Heart)
それは、人生を取り戻す旅 原題 PHILOMENA 製作年度 2013年 製作国・地域 フランス/イギリス 上映時間 98分 原作 マーティン・シックススミス 『あなたを抱きしめる日まで』(集英社刊) 脚本 スティーヴ・クーガン/ジェフ・ポープ 監督 スティーヴン・フリアーズ 出演 ...
あなたを抱きしめる日まで  PHILOMENA (映画の話でコーヒーブレイク)
今年のアカデミー賞ノミネート作品は実話に基づいた作品が多いです。 「キャプテン・フィリップス」しかり、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」しかり、「アメリカン・ハッスル」に、 「それでも夜は明ける」、「ダラス・バイヤーズ・クラブ」に「ローン・サバイバー」...
『あなたを抱きしめる日まで』 (こねたみっくす)
信仰心の前では怒りさえも無力になるのか。 これは50年前に生き別れとなった息子を探す母親の物語ではありません。フェロミナ・リーという一人の女性の物語です。 そしてこの結末 ...
あなたを抱きしめる日まで (はるみのひとり言)
1952年 アイルランド。10代で未婚で妊娠したフィロミナは、家族の恥と強引に修道院に入れられます。性の快楽は罪とされるカトリックでは、婚前交渉は許されないものでした。出産後も息子アンソニーに会えるのは1日1時間だけ。毎日の重労働に絶えながらも息子に会えるこ....
『あなたを抱きしめる日まで』をシネマート新宿1で観て、パズル論議ふじき★★★★ @tamiki (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★チラシに書いてある「感動」とは別の感情だと思う】   まず、面白い。 でも、チラシに書いてある「感動の実話」と言うのとはニュアンスが違う。 「感動 ...
あなたを抱きしめる日まで (風に吹かれて)
罪とは 赦しとは 公式サイト http://www.mother-son.jp 事実に基づいた映画 原作: あなたを抱きしめる日まで (マーティン・シックススミス著/集英社文庫)監督: スティーヴン・
あなたを抱きしめる日まで/PHILOMENA (我想一個人映画美的女人blog)
ベネチア映画祭で脚本賞、トロント映画祭では観客賞の次点だった アカデミー賞作品賞ノミネート9本のうちの1本 それだけで十分期待しちゃうのですが。 邦題がセンスなさすぎ こんな古くさいタイトル、全く観る気が削がれちゃうけど アカデミー賞作品賞ノミ...
スティーヴン・フリアーズ監督『あなたを抱きしめる日まで(PHILOMENA)』主演ジュディ・デンチ、スティーヴ・クーガン (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。マーティン・シックススミス著作「The Lost Child of Philomena Lee」をベースにスティーヴン・フリアーズ監督が映画化『あなたを抱きしめる日まで(PHI
「あなたを抱きしめる日まで」 (セレンディピティ ダイアリー)
イギリスの名優、ジュディ・デンチ主演のヒューマンドラマ、「あなたを抱きしめる日ま
あなたを抱きしめる日まで (迷宮映画館)
ジュディ・デンチの絶品の演技。
あなたを抱きしめる日まで (映画三昧、活字中毒)
■ シネスイッチ銀座にて鑑賞あなたを抱きしめる日まで/PHILOMENA 2013年/フランス、イギリス/98分 監督: スティーヴン・フリアーズ 出演: ジュディ・デンチ/スティーヴ・クーガン/ソフィ・ケネディ・クラーク/アンナ・マックスウェル・マーティン/ミシェル...
『あなたを抱きしめる日まで』 (ラムの大通り)
(原題:Philomena) ----これもアカデミー賞作品賞にノミネートされているんだよね。 いわゆる話題作…。 「そうだね。 ただ、この日本語タイトルがなあ」 ----えっ、ダメ? 「ダメじゃないけど、 他の作品に比べると、ちょっと弱い。 よくある母子モノという感じ。 と...
あなたを抱きしめる日まで/ジュディ・デンチ (カノンな日々)
『クィーン』のスティーヴン・フリアーズ監督がジュディ・デンチを主演に10代で未婚の母となり幼い息子と強制的に引き離された女性の奇跡の実話を映画化した作品です。 出演はそ ...
あなたを抱きしめる日まで (とりあえず、コメントです)
イギリスで起きた実話を基に、引き離された母子の運命を描いたヒューマンドラマです。 主演のジュディ・デンチが好きなので気になっていました。 これは酷いと思うような出来事が教会を舞台に行われていて、かなりショックな展開になっていきました(T_T)
息子探しの果てに (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「あなたを抱きしめる日まで」を鑑賞しました。  18歳で未婚の母となったフィロメナは親から強制的に修道院に入れられ、息子をアメリカに養子に出されてしまう。 それから50年 イギリスで娘と暮らしながら常に手離した息子のことを案じ、娘の知...
あなたを抱きしめる日まで (いやいやえん)
【概略】 50年前に生き別れた息子を捜そうとする主婦と、その記事に再起を懸ける元ジャーナリストの旅の行方を描く。 ドラマ 未婚で身籠ったため修道院に預けられた挙句、産まれた子供を勝手に里子に出された母親が、50年経ってその息子を探しに行くというお話...
「あなたを抱きしめる日まで」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
赦しがテーマだったとは・・・
『 あなたを抱きしめる日まで 』100万年に1つの結末 (映画@見取り八段)
あなたを抱きしめる日まで 〜 PHILOMENA 〜      監督: スティーブン・フリアーズ    キャスト: ジュディ・デンチ、スティーヴ・クーガン、ソフィー・ケネディ・クラーク、アンナ・マックスウェル・マーティン、ルース・マッケイブ、バーバラ・ジェフォード、...