C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

舟を編む

2013-06-11 12:48:15 | CINEMA(日本)
舟を編む
'13:日本


◆監督:石井裕也「ハラがコレなんで」「川の底からこんにちは」
◆出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、 鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、 八千草薫、小林薫、加藤剛、宇野祥平、森岡龍

◆STORY◆玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・西岡正志(オダギリジョー)など個性の強いメンツばかり。仲間と共に20数万語に及ぶ言葉の海と格闘するある日、馬締は下宿の大家の孫娘・林香具矢(宮崎あおい)に一目ぼれし……。

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き
2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化です。
Nakajiは三浦しをんさんの小説好きなんです。
この小説も読んでいたので楽しみに見てきました.

いやーーーこの映画本当に感動しました。
久々にいい映画みたな〜て気分です。

映画は、新しい辞書「大渡海」を編纂する主人公の15年間が描かれています。
この辞書をつくる辞書編集部にはいったところから、
完成までの15年にわたる地道な編集作業をたんたんと描かれているんだけど、
映画の長さも感じないくらい入り込みました。
辞書の作成ってこんなに根気がいるんだ。。。ってあらためて思いました。
カフェとかで市場調査である「言葉集め」という作業から、
見出し語の選定、語釈をめぐる果てのない議論などなど。。。
15年もかかる間に日々新しい言葉がうまれていたり。。
黙々と記録していく辞書作りこれって収集つくの??って思っちゃいました。
地道で少しづつ確実にしか進められない作業なのに、
係っている人の情熱と真摯に向き合っている態度に感動しました。
たしかに辞書って間違いって絶対に許されないもんね。
何度も校正をくりかえし、繰り返しみても不安になるかも。。。
だって自分が作った辞書が言葉の基準になっちゃうんだからね。


松田龍平って本当に雰囲気もってる役者になりましたよね〜
人と関わるのが下手な馬締さんが、少しづつ少しづつ周囲に心を開いて行く感じが
本当に伝わってきてあったかくなりました。
あおいちゃんは本当に大女優の道を歩いていくんだろうな〜って思っちゃいました。
彼女がでてくるとなんか締まるんですよね〜


この映画本当によかったのは、オダギリジョーでした。
もーーーなんかチャラい感じの営業マンの役だったのに、とっても深い愛情があって、、なんだか深いな〜って思いながら見ておりました。



15年間の辞書作りの中で自分の人生も移り変わりしていきます。
自分の結婚や大切な人の死、、
本当に長い月日がかかっているんだな〜って改めて思いました。
最後の祝賀会なのかな?あのパーティなんか泣けました。。。
この映画をみて日本語を正しく使おうって思ったし、
辞書の「ぬめり感」も味わってみようって思っちゃいました。

Nakajiの満足度 ★★★★★(5.0)  4/20 劇場鑑賞 35 作目


舟を編む
三浦 しをん
光文社

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バチェロレッテ -あの子が結婚す... | トップ | 東方神起 LIVE TOUR 2013 〜TIME... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちはw (たいむ)
2013-06-11 16:35:51
なかなか辞書と友達にはなれないのだけど、「ぬめり感」とかわかる気がするし、もう少し活用しようかなとか思っちゃいますよね。
でも、やっぱりPCの利便性は捨てられない・・・^^;

ほのぼのとしながらも、ずっしり重みもある映画でした。

そうそう、諸事情よりこの度新潟から北海道に引越しました。
折角の日本海雪国仲間だったのにね。
まぁ雪国繋がりは変わりませんが(^^;
こんごともよろしくですw
地味だけど好き♪ (メビウス)
2013-06-11 21:57:17
Nakajiさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

映画もそうですし小説も然りですが、自分の知り得ないものを教えてくれる作品はやっぱり自然と興味津々になってしまうとこがありますよねwそれが陽の目を見ないものだったり世間に知られないものだったりすると尚更な感じがして、本作の辞書編纂も驚き・絶句・感動と色んな感情が押し寄せてきて、結果的に自分も凄い見応えのあった作品になっちゃいましたね。
キャスティングも良かったですし、脇を支えてたオダジョーも存在感ありましたよね。チャラいけどああいう後輩思いの先輩は自分の職場にも欲しいくらいw
マスコットキャラみたいな猫のトラも個人的には良かったです^^
同感 (NAO)
2013-06-12 09:09:19
ほんと、なんだか心がほんわかとしみるような映画でしたね。

松田君、あおいちゃんの演技は自然体で、脇を固める
俳優さんも素晴らしかった。

個人的に私も、オダギリジョー君の演技は、特筆するものがあったと思います。
気が早いですが、来年のアカデミー賞の助演男優に食い込んでほしい♪
>たいむさん (Nakaji)
2013-06-12 16:55:38
辞書って最近さわってないな〜って本当に思います。
電子辞書とか便利ですものね。
今の時代、「ぬめり感」って言われたほうが興味出てきてました。

すっかりご無沙汰していたら北海道ですか。。。
また雪国ですね〜
今後ともよろしくお願いいたします
>メビウスさん (Nakaji)
2013-06-12 16:58:01
こんにちは♪
こちらこそありがとうございます。

そうなんですよ。ものづくりで工程がまったく知らないものって本当に興味がわいてきます。
みててもワクワクしちゃいました。
>脇を支えてたオダジョーも存在感ありましたよね。チャラいけどああいう後輩思いの先輩は自分の職場にも欲しいくら
本当にチャらいんだけど人情があるというか。。好きでしたね〜
>NAOさん (Nakaji)
2013-06-12 16:58:57
こんにちは♪
そうそうほんわかしてジーンとする映画でした。

オダジョー本当によかったですよね、
助演あげたいくらい上手だな〜っていうか、存在感もありましたよね。
Unknown (エクスカリバー)
2013-06-12 21:27:44
TBありがとうございました。
飛ばないので、こちらでご挨拶。

小説を読んだ時のイメージ通りの俳優さんは一人もいませんでしたが、映画は適材適所という感じでしたね。
割愛されたり集約されたりするキャラの多い中、原作寄りも膨らまされたオダギリジョーは良かったです。
ただ宮崎あおいはちょっとなあ…という感じでした。好きなんですけどね(^^ゞ。
>エクスカリバーさん (Nakaji)
2013-06-19 11:55:44
コメントありがとうございます。

原作を考えると、あおいちゃんではないですよね。なんかちがっていたような気がします。
でも、彼女がでると締まるというか。。。んーーー彼女の力ってすごいな〜
って思ってしまいました。

オダジョー最高でした。
2時間で (sakurai)
2013-07-01 07:07:39
コンパクトに見れる!ってのが、映画のいいところですが、この物語だったら、連ドラで、じっくり描いて辞書が出来上がるように、じっくり、ゆっくり作ってもいいかもですね。
オダジョーに敢闘賞をあげたいと思います。
>sakuraiさん (Nakaji)
2013-07-02 15:53:23
連ドラでじっくりみたかったな〜って思いました。
なんかこの映画のメンバーかなりよかったです。

オダジョーはびっくりしました。本当に素晴らしかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
舟を編む (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】石井裕也 【出演】松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/渡辺美佐子/池脇千鶴/伊佐山ひろ子/八千草薫/小林薫/加藤剛 【公開日】2013年 4月13日 【製作】日本 【ストーリー】 ...
『舟を編む』 2013年3月19日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。 本日のよみうりホールは満席で期待の高さが伺える客入りではあったが... 【ストーリー】  玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配...
舟を編む (花ごよみ)
監督は石井裕也。 三浦しをんの同名小説の映画化。 主演の馬締光也役には松田龍平、 馬締が恋する香具矢役には、 宮崎あおいがキャスティング。 先輩役の西岡正志をオダギリジョー、 加藤剛、八千草薫、渡辺美佐子等、 共演者達もそれぞれ個性的で、 魅力ある人物....
ショートレビュー「舟を編む・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
言葉の大海の、静かなる冒険者たち。 普段何気なく使っている辞書を作るのに、これほどの時間がかかっていたとは! 本作に描かれるのは、全く新しい辞書「大渡海」の編纂に挑む人々の、15年間に渡る創造の...
舟を編む〜言葉の光と影 (佐藤秀の徒然幻視録)
「右」の意味と言葉の観覧車的性質 公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...
舟を編む (だらだら無気力ブログ!)
辞書作りって大変なんだな。
「舟を編む」言葉を意味を集め続けた先にみた言葉1つ1つの意味の大切さと難しさ (オールマイティにコメンテート)
「舟を編む」は三浦しをん原作の「舟を編む」を映画化した作品で辞書編集者になったまじめな男が15年という歳月を掛けて辞書を出版するまでの過程を描いた作品である。辞書と言 ...
舟を編む (いい加減社長の映画日記)
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 大手出版社、玄武書店の辞書編集部は、ベテラン編集者の荒木が定年退職するため、後任に営業部で変人扱いされていた馬締(ま....
舟を編む (あーうぃ だにぇっと)
舟を編む@東商ホール
石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい・主演『舟を編む』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を石井裕也監督が実写映画化した『舟を編む』。出演は松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、池脇千鶴、他物語・玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平
【舟を編む】繋がりを編む人 (映画@見取り八段)
舟を編む    監督: 石井裕也    出演: 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、宇野祥平、又吉直樹、波岡一喜、森岡龍、斎藤嘉樹、麻生久美子、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛 公開: 2013年4月13日 2013年4...
舟を編む (映画的・絵画的・音楽的)
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出かけてみました。  本作の最初の方の時代は1995年、舞台は出版社・玄武書房の辞書編集....
映画 舟を編む (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    冒頭は凄く地味なストーリー。   西岡正志と三好麗美のことがなければ   平凡すぎて飽きてしまうくらい地味だった。   中盤から後半は、辞書製作の苦労を現...
劇場鑑賞「舟を編む」 (日々“是”精進! ver.F)
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
舟を編む (2013) 133分 (極私的映画論+α)
 もう一度読もうかな
舟を編む (Akira's VOICE)
大渡海めっちゃ欲しい。  
大渡海〜『舟を編む』 (真紅のthinkingdays)
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...
「舟を編む」小説と映画ちょっと比較 感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
松田龍平はもちろんのこと、西岡役のオダギリジョーがとても良かった!
「舟を編む」 (ゆっくり歩こ。)
家に帰ってすぐ、岩波の国語辞典で調べました “右” おぉ〜〜〜! ホントに書いてあるぅぅ〜 馬締光也という大変まじめな青年が辞書を作るお話 この真面目で不器用な感じに・・・ 笑いました 思わずクスクスしてしまった 辞書って・・・ 作るの大変...
舟を編む (ダイターンクラッシュ!!)
2013年4月14日(日) 15:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 感じ悪い若造を演じさせると日本で屈指の男、シャイではあるが頑固な好漢を好演 『舟を編む』公式サイト 辞書編集の話。気の長い仕事なのだろうと思ったが...
舟を編む (勝手に映画評)
なるほど、こうきますか。 馬締が、松田龍平と聞いた時は「どうかな〜」と思いましたが、中々どうして。結構いい仕上がりになっていますね。さすがです。 凛とした美しさを持つ女性には、やっぱり宮崎あおいは外せないですよねぇ。ただ、「自分、不器用ですから」と言い...
舟を編む (単館系)
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...
『舟を編む』 (ラムの大通り)
「久しぶりだから、 喋りやすい映画からにしちゃうかな」 ----えっ、そうニャの? これって、タイトルからして分かりにくいけど…。 「そう言われてみると 確かにそうだね。 これは、ある出版社で 新しい辞書を作った人たちの話。 それまでの辞書とは違って若者言葉や 新...
「舟を編む」 大海を渡る拠り所 (はらやんの映画徒然草)
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
舟を編む (悠雅的生活)
用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。
舟を編む (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆ 製作:2013年日本 上映時間:133分 監督:石井裕也  原作は本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説。一冊の辞書を作るには、気の遠くなるほどの年月を要すると聞いたことがある。この物語でも『大渡海』という辞書を15年間かけて製作している。事業として
『舟を編む』 (こねたみっくす)
集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話 ...
[映画『舟を編む』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いい映画でした。  イメージ的に、「本」を物語のメインに据えているので、それぞれのヒロイン(宮崎あおい/榮倉奈々)の可愛さが同タイプであることもあり、「図書館戦争」と同時期で対を成す印象だ。  でも、先に見た「図書館戦争」の激しさよりも、今作品の、水...
映画『舟を編む』 (頑張る!独身女!!)
なんか
『舟を編む』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『舟を編む』を観てきました。 舟を編む - 映画.com まず一言言いたいのは、、時代背景が・・・・?? 1995年という時代背景ですが・・・・バブル崩壊後・・・まだソフトスーツ着てた気がします。 ネクタイも明るめのものが流行っていた気がします。 そのあと3つ...
「舟を編む」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・日本 配給:松竹、アスミック・エース 監督:石井裕也原作:三浦しをん脚本:渡辺謙作撮影:藤澤順一音楽:渡邊 崇 出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、201
舟を編む (迷宮映画館)
日本語っていいなあと思わせる逸品
『舟を編む』 なぜ1995年なのか? (映画のブログ)
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切...