C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

清須会議

2013-12-03 21:26:59 | CINEMA(日本)
清須会議
'13:日本


◆監督:三谷幸喜「ステキな金縛り」「ザ・マジックアワー」
◆主演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、阿南健治、市川しんぺー、染谷将太、篠井英介、戸田恵子、梶原善、瀬戸カトリーヌ、近藤芳正、浅野和之、中村勘太郎、天海祐希、西田敏行

◆STORY◆天正10年(1582年)。本能寺の変で、一代の英雄・織田信長(篠井英介)が明智光秀(浅野和之)に討たれた。跡を継ぐのは誰か……。後見に名乗りをあげたのは、筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)であった。勝家は、武勇に秀で聡明で勇敢な信長の三男・信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、信長の次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、最愛の息子を死なせた秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、秀吉の妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいくのだった。そんな中、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に“清須会議”が開かれる。会議に出席したのは、勝家、秀吉に加え、勝家の盟友で参謀的存在の丹波長秀(小日向文世)、立場を曖昧にして強い方に付こうと画策する池田恒興(佐藤浩市)の4人。様々な駆け引きの中で繰り広げられる一進一退の頭脳戦。騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合っていく……。

数々のヒット作を作り出してきた三谷幸喜が、およそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇です。
どこのチャンネルつけても三谷監督がでてますよね~(笑)

織田信長亡き後、その家臣たちが集まり、後継者問題や領地の配分を決めた、清須会議。
日本史上、初めて合議によって歴史が動いたとされる、同会議に参加した人々、
それぞれの思惑など、入り乱れる複雑な心情を描いています。

まずはNakajiは戦国時代大好きな歴女でございます(笑)
それは関係ないのですが、三谷作品をみたことあるか?とういよりは、
歴史をちょっとしってないと、たのしめないのではって思った作品でした。
まあこの歴史はみんなが知っているんだと思うんだけどね~

まあとりあえず、清州会議を選挙活動のようになっているんだよな~
立候補は違う人なんだけど、選挙参謀が勝家と秀吉って感じになっているよね。
で、またこの担ぎ上げた人がわらえる。。。
信長の三男・織田信孝をおす勝家側と信長の二男の織田信雄をおす秀吉。
いやーーーわらったわらった。。
二男の信雄ってうつけものってイメージよりはただの天然のバカだった。。
って落ちになっていたね~
秀吉って人たらしってイメージあるんだけど、ちゃんと描かれていたというか、
人の心をつかむにも寧や黒田官兵衛とか、周りの人がちゃんと、
フォローできているのもあるんだろうな~

この映画見てると三谷さんって歴史オタクだと思う。。
信長の家系は鼻の大きいのが特徴っていうのとか、秀吉は猿ってイメージあるけど、
風貌によって信長から「猿」「禿げ鼠」っていわれていたとか。。
信忠の子・三法師の生母は実は松姫だったという説もあるとか・・
いろんな話をもりこんであるんだよね~
まあ実際は信忠と松姫って婚約で終わったんじゃなかった??って思いながらみてたし。。

なんかみなさん役にピッタリでしたね。
秀吉の大泉洋や柴田勝家の役所さん‥など
よく武将たちのイメージに似た人集めたな~って思いました。
でも、お市の方のメイクにはちょっとがっかりしたけどね~
一番受けたのは西田さんの更科六兵衛。。笑った。
っていうかよかった~死ななくて~って大爆笑でした。

しかしさすが三谷監督だったな~
まあ、PR活動で監督は見すぎてもういいかなって思ったけど。。。(笑)

Nakajiの満足度 ★★★★(4.5)  11/14 劇場鑑賞 84 作目
清須会議 (幻冬舎文庫)
三谷 幸喜
幻冬舎

清須会議 オリジナル・サウンドトラック
サントラ,荻野清子
キングレコード
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四十九日のレシピ | トップ | グランド・イリュージョン »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2013-12-05 11:07:05
昨日のFNS歌謡祭みてたんですが。

三谷幸喜、そこまでするか。(^_^;)

興業収入1位になったら
大泉洋と踊り続けるとかいうて
選挙演説みたいなプロモーションもやったのに
歌番組で暴挙(爆)
・・・ただね~、あのインパクトはすごかったから
めっちゃええ宣伝にはなったとおもうよ~。(^_^;)
こんにちは。 (みぃみ)
2013-12-05 14:47:48
公開前から三谷さん祭りでしたね。そして、洋ちゃんも。
天下取ったら、役所さんも踊るんですよね~。←とっても見たいです。

カリスマ持った跡継ぎがいない時の担ぎ上げる人達同士の戦い、面白かったです。

秀吉は自分の高い能力に加えて、
サポートしてくれる人に恵まれていたんだな~と、
私も思いました。
人を見る目にも長けていたのでしょうか。

なはは。京香さまが、あそこまで…。
私の中でお市様は、鷲尾いさ子さんなので、あれは強烈でしたよ。
Unknown (ふじき78)
2013-12-06 08:31:27
歴史は殊更詳しくないけど(清須会議なんて知らん)、陣取りゲーム見る感覚で面白く見れました(逆に歴史が詳しければ、もっと面白かったり反感でつまらなかったりがあるのかもしれない)。

しかし、ハゲネズミもミッキーじゃないし、耳がでかい猿はモンキーのイメージで、日本猿はそんなんでもないから、耳はでかくなくてもいいんじゃないのか? あれ、間違えてもう一回り大きかったらコントだし。
>Agehaさん (Nakaji)
2013-12-06 11:18:11
こんにちは、
監督はテレビ出すぎですよね。。。。

そうそう、前に堂本兄弟でAKBうたっているの見てたけど、FNSにまででるとは思わなかったです(笑)
>みぃみさん (Nakaji)
2013-12-06 11:19:56
こんにちは♪

そうそう・・・京香がきれいじゃない!!!って叫びたくなりました(笑)
お市様は美女じゃなくちゃいけないんです!!

もーーー三谷さん出すぎですよね。
大泉さんがでるのはおもしろくて好きなんですがね~
>ふじき78さん (Nakaji)
2013-12-06 11:22:36
こんにちは♪

陣取りゲームって確かに!!!
あの時代って勝か負けるかだったからなんか会議って面白いな~って
歴史で習ったときに思っていました。

そうそう、あれイッポ間違えたらコントですね(笑)
こんにちは♪ (yukarin)
2013-12-06 13:00:22
歴女だったんだ....気付かなかった(笑)
私はうといから......でも面白かったよ。

三谷監督....PRしすぎだよね
>yukarinちゃん (Nakaji)
2013-12-06 22:54:10
密かにってか、城とか古戦場とか行ってブログ書いてるし(笑)

監督ですぎだよねー!
Unknown (はるみん)
2013-12-07 11:25:36
更科六兵衛さんのこと気付かなかったんで、映画観てる時はん?って感じやって。後でチラシ見て知って爆笑出来なくて悔しかったです
そんなに (sakurai)
2013-12-10 10:02:20
笑えなかったなあ。
なんか予告で全部いいとこは見ちゃった・・みたいな。
とは言いつつ、監督が思い描いていた人物像を、きっちり写し取って見せた!!という彼の思いは伝わりました。
歴史オタクの真骨頂ってな感じですね。
>はるみんさんへ (Nakaji)
2013-12-11 15:15:28
こんにちは。
更科六兵衛さんは映画館でまわりが大爆笑してたので、
わかりました。
たしかに見過ごしますよね。
>sakuraiさんへ (Nakaji)
2013-12-11 15:29:55
そうそう歴史オタクが自分の趣味の自己満足のために作った映画って感じでしたね(笑)

最近よくPRしてるから、たしかにあれだけでも満足って感じかも。。
ワサワサウルサイ (q うーーん秀吉はイタダケズ(汗))
2013-12-12 22:46:30
facebookの方でもコメントしたけど
三浦綾子女史の作品
「細川ガラシャ~」を繰り返し読んでは
明智、萌え~~
男っっぷりイイーなので・・・
あの大人達じゃぁ、かの天下の跡目も
決まらないわぁなぁ
歴史のヒトコマを 三谷氏が監督すると
これまたにやにやっとして
ユーモアたっぷりで解り易いんだもの
女メロメロ、沈黙皮肉屋、優柔max
それぞれ演じる役者達
役所サマと小日向サマにデラ富樫(佐藤浩市)
それぞれのキャラが上手くて
残念にも大泉氏の秀吉が
単調過ぎでガチャガチャ、クソウルサくて
わざとらしさが鼻についてついて
比較しまくりだったわ
そして改めて三谷氏って上手いのね~

>qちゃん (Nakaji)
2013-12-16 11:19:12
たしかに・・・
大泉さんはあの中にいたらうるさくは感じるわな。。。
私は好きだったけど。。。

なんかさあ、三浦綾子の本とか読んでいたら、
この物語は薄っぺらく感じるけど、まあ三谷さんうまいな~って思う映画だよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『清須会議』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
『ラヂオの時間』『みんなのいえ』『THE有頂天ホテル』までは見に行ったんですが、『ザ・マジックアワー』と『ステキな金縛り』はスルー。ということで久方ぶりの”脚本と監督 三谷幸喜”作品です。今回はそれに”原作と”が付いていて、小説版は昨夏ハードカバーが出...
清須会議 (勝手に映画評)
本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。 原作も読んだんですが、原作は、各章が、登場人物それぞのれモノロー...
清須会議/役所広司、大泉洋 (カノンな日々)
三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...
清須会議 (だらだら無気力ブログ!)
笑えて見応えあって面白かった。
『清須会議』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   あちこち番...
恋と出世の二兎は追えない。(笑)~「清須会議」~ (ペパーミントの魔術師)
出てるひとらがね、なんていうかホームランバッターばっかしで 打席にたったら絶対かっ飛ばして悠々と手をふってダイヤモンドまわりたいのに 三谷監督ったら豪華キャストにむかって あ、キミはフォアボールで出てよね。 あ、キミは足遅くても盗塁してよね。 キミはちょっ...
清須会議 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議という名の戦である。 [Story]本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭....
映画:「清須会議」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年11月21日(木)。 映画:「清須会議」。 監督・脚本・原作:三谷幸喜 製  作:石原隆・市川南 撮  影:山本英夫 美  術:種田陽平・黒瀧きみえ 装  飾:佐藤孝之 音  楽:荻野清子 キャスト: 柴田勝家:役所広司・羽柴秀吉:大泉...
映画『清須会議』観てきた(=^▽^=) (よくばりアンテナ)
三谷幸喜原作・脚本・監督作品。 織田信長の死後、後継者を誰にするかを決める会議。 笑ったわ~~ヶラヶラ((´∀`))ヶラヶラ さすが、三谷作品。 歴史に忠実なのにここまで笑える作品にしちゃうなんてすごい。 やっぱりこだわり抜いたキャスティングがすごい...
『清須会議』 2013年10月15日 東京国際フォーラム (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『清須会議』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 豪華登壇者で楽しめましたよ  <登壇者>    役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、寺島進、伊勢谷友介、    鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、三谷幸喜監督 【ストーリー】  本能寺の...
清須会議 (そーれりぽーと)
三谷幸喜最新作、『清須会議』を観てきました。 ★★★★ これまでの三谷幸喜作と比べると、だいぶ毛色の違う映画になっていました。 大前提として、清州会議に登場する歴史上の人物達について詳しくないと深くは感情移入が出来ない、知っていて当然的な視点で作られてい...
清須会議 (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 本能寺の変で織田信長が亡くなり、織田家
【清須会議】雑な登場人物解説つき (映画@見取り八段)
清須会議     監督: 三谷幸喜    出演: 役所広司、大泉洋、佐藤浩市、小日向文世、篠井英介、鈴木京香、妻夫木聡、伊勢谷友介、坂東巳之助、剛力彩芽、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、阿南健治、松山ケンイチ、でんでん、市川しんぺー、浅野和之、染谷将太、瀬戸...
劇場鑑賞「清須会議」 (日々“是”精進! ver.F)
評定という名の戦、勃発… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311090001/ 【送料無料】「清須会議」オリジナル・サウンドトラック [ 萩野清子(音楽) ]価格:2,625円(税込、送料込) 【送料無料】清須会議 [ 三谷...
清須会議 (映画的・絵画的・音楽的)
 『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。  本作で専ら描かれるのは1582年6月の清須会議で、それは織田信長が本能寺の変で急死した後、織田...
清須会議 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://kiyosukaigi.com/ 三谷作品は全作鑑賞済みで、本作も公開前から楽しみにしていた。 原作は未読。 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東...
『清須会議』を109シネマズ木場1で観て、ゴーちゃんの大逆襲ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ダメ出しする人もいるけど俺っちは充分面白かった。この差はどこからやって来たんだろう】 三谷がドバドバ、有名キャストを使い切った時代劇。 ともか ...
清須会議 (Akira's VOICE)
虎視眈眈の駆け引き合戦。  
清須会議 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
数々のヒット作を作り出してきた三谷幸喜が、およそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇。本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めるために、柴田勝家や羽柴秀吉らが一堂に会した清須会議の全容を描く。役所広司演じる勝家と大...
清須会議 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2013年 日本 上映時間:138分 監督:三谷幸喜  三谷監督自身が書き下ろした小説を、自ら映像化した群像喜劇である。タイトルの「清須」は本来の「清洲」をもじったものであろうか。まずこの映画を観るには、織田信長から豊臣秀吉へ政権が移った成
清須会議 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議という名の戦である。 [Story]本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭....
映画・清須会議 (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 久々、映画館に活気がありました 日頃、自分が足を運ぶ映画、映画館が地味なので、その差に驚いたというだけのことでしょうケド 信長亡きあと、織田家の行末を決定する会議が開かれた 清洲城を舞台に5日間にわたり繰り広げられた心理戦やいか....
清洲会議 監督の迷いか観る方の思い込みか… (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【64うち今年の試写会8】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お...
「清須会議」:三谷さんは満足なのでしょうけど・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『清須会議』は、歴史マニアの三谷幸喜が作りたくてしょうがなかったんだろうなー
三谷幸喜監督『清須会議』とにかく"鼻"です、鼻!役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・(おそらく重要なポイント)内容に触れています。三谷幸喜監督書き下ろしの小説を自ら映画化した群像喜劇『清須会議』 物語・本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉
清須会議 (はるみのひとり言)
☆公開日: 2013年11月9日☆上映時間: 138分☆監督・脚本:三谷幸喜☆キャスト: 役所広司 / 大泉洋 / 小日向文世 / 佐藤浩市 / 妻夫木聡 / 浅野忠信☆試写会にて鑑賞 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。 ...
「清須会議」 日本のクレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時
清須会議 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月16日(土) 15:30~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 期待していたものとちょっと違う 『清須会議』公式サイト フリーパスポート14本目。 三谷喜劇の最高峰とかの文句で宣伝していたのだが、それ程笑えるもので...
三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
「清須会議」会議直前の駆け引きの末に見た秀吉の勝家を翻弄した天下一の巧みな人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州 ...
■清須会議 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第327回「史実に縛られるとらしさは半減する?」 このブログをはじめてからすでに8年ほどが経過し、ブログの中でも三谷幸喜が好きだと公言してきた私ですが、彼の作品の何もかもが好きなわけではありません。「みんなのいえ」はあまり面白くなかったし、「マジックア....
清須会議 (迷宮映画館)
まじめか!
清須会議 (Said q winning)
監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助ストーリー:本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀 吉(大泉洋)が後見に名....
[映画『清須会議』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、堅実に作り過ぎていて、いまいち面白くなかったなぁ。  史実との整合性を追うのにいっぱいいっぱいで、物語自体に笑える部分が少なく、  豪華キャストの会話のやり取りのみが面白かった。  個々の役者の演技は見事で、それぞれに唸らせられたが、舞台が限定...
清州会議 (単館系)
清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の 後継者として指名し、...
運命の会議のために (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「清須会議」を鑑賞しました。 本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めることになり 候補となった柴田勝家と羽柴秀吉、彼らの票集めとそれを決める清須会議の全貌とは・・・ 三谷幸喜の新作、前作が法廷モノでしたが ...
清須会議 (とりあえず、コメントです)
三谷幸喜監督が原作&脚本も担当したコミカルな時代劇です。 これだけ俳優陣が豪華な上に、これだけ宣伝を頑張っていたら、やっぱり観なくてはと思いました(^^ゞ 日本の運命を大きく変えた会議の裏側は、欲望と騙し合いのドロドロな世界でした~
「清須会議」 (ここなつ映画レビュー)
とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。 東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待て、と、なんだかんだで今になってしまった。 織田信長の死後の後...
清須会議 (いやいやえん)
清洲会議(清須会議)とは、安土桃山時代の天正10年6月27日(1582年7月16日)に開かれた、織田氏の継嗣問題及び領地再分配に関する会議である。 天正10年に本能寺と二条城でそれぞれ亡くなった織田信長と嫡男・織田信忠。明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に討たれ、織...