C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

スノーピアサー

2014-02-18 21:56:11 | CINEMA(さ)
スノーピアサー
13:韓国=アメリカ=フランス


◆原題:SNOWPIERCER
◆監督:ポン・ジュノ「母なる証明」「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」
◆主演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレンナー、コ・アソン、ジョン・ハート、エド・ハリス

◆STORY◆地球温暖化がますます深刻になっていき、2014年7月1日、気温を最適なレベルに保つために79カ国により人工冷却物質CW-7が散布された。しかしこれが仇となり、雪と氷が地球を覆い氷河期へ突入した。永久不滅のエンジンを搭載し1年かけ地球一周する列車スノーピアサーに全てが凍る前に乗り込んでいた者以外は死に絶えてしまった。それから17年後の2031年、人類唯一の生存場所であるスノーピアサーは、無賃車両の最後尾車両は貧困層の人々が押し込められ、皆食料を満足に得ることができず飢えていた。その一方で富裕層の人々がいる豪華な前方車両では、氷河期になる前と変わらない暮らしが続いていた。そしてスノーピアサーを開発したウィルフォード産業のウィルフォード(エド・ハリス)が絶対的権力を握っていた。最後尾車両にいるカーティス(クリス・エヴァンス)はエドガー(ジェイミー・ベル)ら仲間とともに、悲惨な現状を変えるために革命を目論み、ウィルフォードのいる先頭車両を目指す……

フランス人漫画家、ジャン・マルク・ロシェットによるグラフィックノベルを、
『殺人の追憶』の韓国の鬼才ポン・ジュノ監督が映画化したSFアクションです。

Nakajiはポン・ジュノ監督の映画結構すきなんですよね~
ということで期待をしてみてきました。

いやーーーー羊羹食べれなくなるわ~ってそんなことじゃなくて(笑)
Nakaji的には 「グエムル 漢江の怪物」で
親子を演じたソン・ガンホとコ・アソンが
親子役ってだけでおーーって感じにもなったけどね~♪
でももう一つほしかったな~って感じだったね。

設定は面白かったんだよね。地球温暖化を止めるための実験が失敗し、
氷河期を迎えた近未来の地球を舞台に、唯一、人類が生存できる列車
“スノーピアサー”の中で繰り広げられる出来事が描かれているんだよね~
とにかく最後尾車両は貧困下層者、先頭車両にすすむに階級上位者がいて、
下層者は上位者に従わなくてはいけないんだよね。
そしてみんな先頭車両を目指していくんだよね。
まあノアの方舟のようなんだけど、その中には平等はないんだよね。
人数も制限があり、上位者の人が生きやすいように個数計算もある。
なんだかな~って感じの世界のお話です。

またさあ、ソン・ガンホがシステム作ったっていう割には、
配線きってとかさあ、それってこの人じゃないといけないの?みたいなさあ・・・(笑)

映画の最中にこの子みたことあるな~って思っていたら、なるほど。。。
「リトル・ダンサー」の少年=ジェイミー・ベルだったんだね~

そしてその中のヒーローのような老人もドンかえしのようなこともあり、
んーーー後味がわるいな、、まあそれが人間なんだろうか・・・
でもラストは未来があるようなそんな終わり方だったね~

Nakajiの満足度 ★★★(3.0)  2/7 劇場鑑賞 12 作目
スノーピアサー 映画パンフレット 監督 ポン・ジュノ キャスト クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジョン・ハート
東宝
東宝

スノーピアサー [DVD]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウルフ・オブ・ウォールスト... | トップ | シャルマ 婦中店 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2014-02-21 23:03:15
あら?なかじーさんは普通だったんだ 笑
グエムルが私は普通だったんだけど、
もう一度みなおしたら面白いかなー?と。
ただ笑いがあわないって書いてたからそこは今も同じかも。
今回は、キャストとかキャラ含めつぼでしたー

あ、観たい映画記事始めたんですね。そちらのTBもいれてますー☆
こんにちは (はらやん)
2014-02-22 07:54:18
Nakajiさん、こんにちは!

僕もポン・ジュノ監督の作品は好きです!
目を背けたくなるようなシーンもあるんですけれど、グイグイと引きつける力が作品にあって、こういうパワーは他の監督以上だなと思います。
ところどころ設定的に?というところもありましたが、そういうのも感じさせない力がありますね。
Unknown (えふ)
2014-02-23 11:51:52
冗談抜きにマジで羊かん食べられないよね(笑
あんな食べ物でよく戦う体力あったな、と(爆
ツッコミながら見てたわw
>migさん (Nakaji)
2014-02-23 22:55:12
そうなんですよ。。。実はふつうでした(笑)
突っ込んじゃいけないっておもいながら見てたんですが、
ひとつ突っ込みできたらもーーー普通になってしまいました(笑)

笑いがあわないっていうのはわかるような気がします。
TBありがとうございます。こちらからもよろしくお願いします。
>はらやんさん (Nakaji)
2014-02-23 23:02:31
監督の勢いってすごいって思います。
映画すべてといわないですが、突っ込みどころとかも
多いのおおいけど、一気にみてしまうそんな迫力ありますよね。
>えふさん (Nakaji)
2014-02-23 23:03:19
絶対にたべれないわよ。。。
ひょえーーーーって思ったもん。

まあ突っ込みはじめたら収まらない映画だったよね(笑)
こんにちは♪ (yukarin)
2014-02-24 12:51:03
うん、羊羹見るとこれ思い出すよね(笑)
設定は面白いんだけど...なんかもうちょっと何か欲しかったな。
ソン・ガンホももうちょっと活躍するかと思ったんだけどね~でみ見られて良かったわ。
>yukarinちゃん (Nakaji)
2014-02-24 12:56:53
そうそう、設定は面白かったんだよね~
期待大だったから、あれ?って感じもしないでもなかったな~(笑)
Unknown (ふじき78)
2014-03-06 12:58:04
羊羹に海老とか烏賊とか魚介系の汁をかけると、映画のイメージに近づくかもしれない(ロクなこと言わない)
>ふじき78さん (Nakaji)
2014-03-08 21:29:45
やめてーーーーーー(笑)
今そうぞうしちゃったよ・・・
僕にはちょっと… (健太郎)
2014-03-16 11:47:07
こんにちは。

アイデアとかは良かったんですけど、見た目の汚さと心の汚さ、退廃ぶりとかが限界で楽しめませんでした。
オチもコントに見えてしまい、どうにもなりませんでした…
>健太郎さん (Nakaji)
2014-03-20 12:59:15
まあダメなのもわかります。
なんか期待大すぎてあれ・・・・ってところがありましたね~
TB&コメントありがとうございました。 (健太郎)
2014-03-23 10:54:20
遅くなりましたが、全くです。

監督がポン・ジュノ監督で、ソン・ガンホも出ているので期待したのですが…
ハリウッド・テイストに合わなかったのか、それともやはり、「見た目が命」のグラフィック・コミックが原作の時点で押して知るべしだったんですね。

残念です。
Nakajiさん☆★ (mezzotint)
2014-03-23 23:49:44
今晩は☆★
コメント遅くなって大変すみません!
私も期待度高かったもんでちょっと肩すかし喰らったかもです(笑)ポン・ジュノ監督の作品だと期待してしまいますよね。しかし豪華キャストでしたね。
>mezzotintさん (Nakaji)
2014-03-26 16:15:52
こんにちは。

ポン・ジュノ監督の作品であのキャストでってきたいしますよね~!!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スノーピアサー/SNOWPIERCER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に、 「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」、「母なる証明」のポン・ジュノ監督が描いた 近未来SFアクションエンターテインメント 制作には、パク・チ....
映画『スノーピアサー』観てきた (よくばりアンテナ)
浅田真央ちゃんのSPでみんなが沈んでいる日。 真央ちゃんのこと考えながら運転してて映画館へ向かう道を間違えてしまったよ。 真央ちゃん、日本中の期待のことも、今までの努力のこともみんな忘れて フリーでは大好きなスケートをオリンピックで滑る喜びと楽しさを思...
「スノーピアサー」 闇の獣 (はらやんの映画徒然草)
「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」のポン・ジュノの最新作です。 クリス・エヴ
スノーピアサー/クリス・エヴァンス (カノンな日々)
『母なる証明』のポン・ジュノ監督がフランス人漫画家のジャン・マルク・ロシェットによるグラフィックノベルを映画化したSFアクション・ムービーです。予告編が流れ出した当初は ...
スノーピアサー~アイデア賞どまり (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。韓国=アメリカ=フランス、ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ原作、原題:Snowpiercer、ポン・ジュノ監督。クリス・エヴァンス、ソ ...
スノーピアサー  (心のままに映画の風景)
2014年、人類は温暖化を食い止めるため、人工冷却物質の散布を実施したが、予想外の結果を招き、地球は氷河期に突入してしまう。 17年後の2031年、永久機関のエンジンを積み、1年で地球を1周する列車“スノーピアサー”で生活する乗客たちだけが生き残っていた。 止...
スノーピアサー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『母なる証明』などのポン・ジュノ監督が、フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に放つSF作。新たな氷河期が到来した地球を列車でさまよう数少ない人類の生き残りが、支配層と被支配層に分かれて車内で壮絶な戦いを繰り広げていく。『アベンジャーズ』などの....
『スノーピアサー』 2014年1月29日 角川シネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スノーピアサー』 を試写会で鑑賞しました。 ポン・ジュノ監督の挨拶がありました でも、映画無関係な不要な森脇健児と安田大サーカスの団長がゲストでいらない話が長かった 【ストーリー】  地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起...
スノーピアサー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(AF) 本作のMVPはティルダ・スウィントンに決定です!(笑)
ポン・ジュノ監督『スノーピアサー(Snowpiercer)』クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、コ・アソン、ティルダ・スウィントン、ジョン・... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』『グエムル』『母なる証明』(←スゴイ!全部傑作!)のポン・ジュノ監督がフランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原
劇場鑑賞「スノーピアサー」 (日々“是”精進! ver.F)
シロクマは生きてました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402070001/ ポン・ジュノ監督作 / ソン・ガンホ、コ・アソン CMDC-10153 映画OST / 『雪国列車』SNOWPIERC...価格:1,890円(税込、送料別) ★特価...
スノーピアサー (Akira's VOICE)
その手は人のため!  
スノーピアサー (映画と本の『たんぽぽ館』)
何やらキョーレツだけど、嫌いじゃない * * * * * * * * * * あれ、西島秀俊ではないのに、私達でいいの? いや、なんともエグいこの作品、ちょっといじってみたくなりました。 韓国、ポン・ジュノ監督による初の外国語作品だそうで・・・。 とに...
スノーピアサー (そーれりぽーと)
ポン・ジュノが遂に韓国を飛び出して撮った映画ということで、“絶対に”観ておかなければならない大事件を予感させる『スノーピアサー』を観てきました。 ★★★★ これは大事件というよりも、大事故なのかもしれない。 韓流映画からは少し距離を置いているところです...
『スノーピアサー』 (こねたみっくす)
白い外界と暗い車内。本当の方舟はどちらなのか。 フランスのSFコミックを韓国のポン・ジュノ監督がアメリカやイギリスの名優を揃えて描くこの作品。 これまでの監督作品と比べる ...
『スノーピアサー』 (時間の無駄と言わないで)
韓国映画だけど台詞は殆どが英語。 キャストもクリス・エヴァンス、ジェイミー・ベル、ジョン・ハート、ティルダ・スウィントン、エド・ハリスっつうハリウッドの凄まじい面子を ...
スノーピアサー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Snowpiercer監督:ボン・ジュノ出演:クリス・エバンス、 ソン・ガンホ、 ティルダ・スウィントン、 ジェイミー・ベル、 エド・ハリス
『スノーピアサー』('14初鑑賞14・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:35の回を鑑賞。
スノーピアサー (とりあえず、コメントです)
フランスのコミックをポン・ジュノ監督が映画化した近未来SFアクションです。 この監督でこの豪華キャストというのは面白そうだなあと気になっていました。 どんどん人が死んでいく展開に、希望よりも絶望を感じるなと最後まで思ってしまうような物語でした。
スノーピアサー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SNOWPIERCER】 2014/02/07公開 韓国/アメリカ/フランス PG12 125分監督:ポン・ジュノ出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、コ・アソン、ジョン・ハー...
残された人々~『スノーピアサー』 (真紅のthinkingdays)
 Snowpiercer  2014年7月。温暖化を阻止すべく打ち上げられたCW-7ロケットの影響で、地球 は凍結状態となり、生物のほとんどは死滅する。17年後、残された人類を乗せた 列車 「スノーピアサー」 は、一年かけて地球を一周する軌道を走り続けていた。...
映画『スノーピアサー』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-14.スノーピアサー■原題:Snowpiercer■製作年、国:2013年、韓国・アメリカ・フランス■上映時間:125分■料金:1,800円■観賞日:2月11日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督・脚本:ボン・ジュノ□脚本:ケリー・マスターソン◆クリス・エヴァンス...
【スノーピアサー】列車カーストを壊せ (映画@見取り八段)
スノーピアサー~ SNOWPIERCER ~     監督: ポン・ジュノ    出演: クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサー、ジェイミー・ベル、ユエン・ブレムナー、コ・アソン、ジョン・ハート、エド・ハリス 公開: 2014...
スノーピアサー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
究極の一本道。 「グエムル 漢江の怪物」や「母なる証明」で知られる韓国の鬼才、ポン・ジュノ監督初の英語劇。 とは言っても先に米国進出したパク・チヤヌクやキム・ジウンのケースとは異なり、本作はあくまでも韓国発の合作企画で資本の多くも韓国から出ている。 ...
スノーピアサー (キノ2)
★ネタバレ注意★  予告編を観た瞬間、頭の中で『フレンズ』のロス・ゲラーが “Why!? Why TRAIN!? WHY!!!!!!!!!?” とわめきたてたので、それを検証すべく行って来ました。   ポン・ジュノ監督作品。最近、韓国人の監督がハリウッドに進出するのが流行ってるのか...
『スノーピアサー』を角川シネマ有楽町で観て、あー変でおもろかった満足ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★すげえ変映画。でも満足】    人類は滅亡した。生き残っているのは電車の乗客だけ。 って思い切ったとんでも設定が、見ているとそれもありかなと思わさ ...
『スノーピアサー』 2014年11本目 イオンシネマ名取 (映画とJ-POPの日々)
『スノーピアサー』 2014年11本目 ☆☆★ イオンシネマ名取 『グエムル』と『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督がハリウッドへ殴りこんだ映画。 『グエムル』も『殺人の追憶』も ...
スノーピアサー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「グエムル」などでしられるポン・ジュノ監督 の新作SF映画「スノーピアサー」が公開されました ので観に行ってきました。韓国とアメリカとフランスの合作映画になり キャストも国際的、ボン監督の映画は「グエムル」 を以前観た以来の鑑賞になります。 スノーピアサー ...
スノーピアサー(2013)**SNOWPIERCER (銅版画制作の日々)
 前を進め。世界を変えろ。 とうとう3月に突入!2月の最終週、なんと3作品鑑賞。久しぶりに沢山観ました。そのひとつがこれ。監督がポン・ジュノ 彼の作品は1つしか観ていない。「母なる証明」だけですが、これが凄くインパクトのある作品でした。あ!それから製作...
スノーピアサー (銀幕大帝α)
SNOWPIERCER 2013年 韓国/アメリカ/フランス 125分 SF/サスペンス/ドラマ PG12 劇場公開(2014/02/07) 監督: ポン・ジュノ 『母なる証明』 製作: パク・チャヌク 原案: ポン・ジュノ 脚本: ポン・ジュノ 出演: クリス・エヴァンス:カーティス ソン...