C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。桜早くさかないかな~

シンデレラ

2015-05-31 20:27:34 | CINEMA(さ)
シンデレラ
'15:米


シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)



◆原題:CINDERELLA
◆監督:ケネス・ブラナー「エージェント:ライアン」「マイティ・ソー」
◆出演:リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム=カーター、リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ステラン・スカルスガルド、ノンソー・アノジー、ベン・チャップリン、ヘイリー・アトウェル

◆STORY◆幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、悲しみにくれながらも母の「辛いことがあっても勇気と優しさを忘れないで」という教えを守り、ピュアな心を持つ女性へと成長していた。ある日、仕事で家を留守にすることが多い貿易商の父(ベン・チャップリン)はエラのためを思い再婚を決意。エラは継母(ケイト・ブランシェット)とその連れ子の娘、ドリゼラ(ソフィー・マクシェラ)とアナスタシア(ホリデイ・グレインジャー)を快く迎え入れる。だが継母は夫がエラにかける愛情に嫉妬し、エラの若さや美しさを不愉快に思っていた。そんな折、エラの父が事故で突然帰らぬ人となる。継母と娘姉妹はエラに山のような仕事を言いつけ、屋根裏部屋に追いやられたエラは召使い同然の扱いを受ける。寒さに耐えきれず居間の暖炉の前で眠り、翌朝、顔に灰をつけたまま働くエラを姉妹は“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼んで大笑い。それまでじっと耐えてきたエラは溢れる涙を抑えきれず、家を飛び出し、森へと馬を走らせる。そんなエラに声をかけたのは“キット”と名乗る青年(リチャード・マッデン)だった。城で働いているという彼と話すうちにエラはいつのまにか笑顔を取り戻し、初めて自分を理解してくれる人に出会えたエラはキットに好意を抱き始める……。一方、国王(デレク・ジャコビ)は城で息子のキットを待ち構えていた。国と息子の将来を案じた王は政略結婚を勧めるが、キットはエラのことが忘れられない。そこでエラを探すために国中のあらゆる未婚女子を招待して舞踏会を開き、そこから妃を選ぶことを約束する。招待状はエラの家にも届き、ドリゼラとアナスタシアは有頂天。エラは、亡き母のドレスを着て自分も連れて行ってほしいと頼むが、継母と姉妹はエラのドレスを引きちぎり、彼女を置いて舞踏会へ出かけていく。エラが希望を捨てかけたその時、みすぼらしい身なりをした老女が現れ、エラが優しくミルクを差し出すと、老女は妖精に姿を変える。彼女は夢を叶えてくれるフェアリー・ゴッドマザー(ヘレナ・ボナム=カーター)であった。魔法の杖を振るいカボチャを馬車に、ネズミを馬に、トカゲを御者に仕立て、エラの破れたドレスを美しいドレス変え、光り輝くガラスの靴を与える。「魔法が続くのは12時まで。さぁ、楽しんでおいで……」城に到着したエラは、そこで初めてキットが王子であることを知る。夢のようなひとときを過ごし、お互いの気持ちを確かめ合う二人だったが、そのとき12時を告げる鐘の音が……。

ガラスの靴やカボチャの馬車といったアイテムなどで知られ、魔法の力で運命の人と結ばれるヒロインの姿を描く、
ディズニーの不朽の名作を基にしたラブストーリーです。
やっぱり字幕でみたいって思いなんとか字幕で見てきました。

まずは大ヒット作『アナと雪の女王』に登場したエルサとアナの姉妹のその後を描いた短編アニメーションからです(笑)
本当に短いって感じでしたがかわいかった♪
とにかく小さな雪だるまがかわいい。
エルサがくしゃみをするたび、4~5人ほど出てくるんだけどこれがまたなかなかかわいい。
いたずらをするところもかわいかった♪


そして本編!
内容はみんな知ってるよね。シンデレラ!なんかシンデレラってあーーーこんな話だったな~って改めて思いました。
意地悪な継母と姉とかぼちゃの馬車と舞踏会と靴ってことしか覚えてなかったんだよね~
まあそれが話の筋なんだけど、だから細かいとことかあっ!なるほど~って思いながら見てました。

とにかくねえ、ゴージャスな舞踏会シーンが圧巻!
っていうか、なんでわかんないの継母たちは?とかいろんな突込みはあるけど、
そんなことどうでもいいって思うくらいうっとりしました。
ヒロインのエラが舞踏会に着ていくドレスがブルー、これってアニメと一緒だよね。
ブルーってことだけはなんか覚えてるんだよね~(笑)
エラと王子がダンスをはじめると、大理石の大広間が2人だけの世界になっているんだよ。
うっとりって感じでした。

ケイト・ブランシェットは見事だったね。
なんかさあ、意地悪をするには意味があるって感じで、
シンデレラを追い詰めていくところなんて、おーーーって思いながら見ておりました。
悪役って言ったらだけだけどそこがしっかりしてると、シンデレラと王子が引き立つというか、
終わりがすっきりした形で終わったのも、ケイト・ブランシェットが見事だったからだな~って思いました。
ヘレナ・ボナム=カーターもよかったよ!
フェアリーゴッドマザーが似合っているというか、かわいかったわ~
そして王子もヒロインも完璧だったな~

「その靴が私にあうのかどうかわかりません。でも、もしも私にあったのなら、名もなく親もなく、持参金もないこんなわたしを、ありのまま受け入れてくれますか?」
「このぼくを、ありのままの僕を受け入れてくれるのなら、よろこんで」
ってこんなこと言ったんじゃなかったかな??
いやーーー王子!!!って思ってしまったもんね。
エラも許すって言ったとこなんてなんかすごいな~って思ってしまいました。
ディズニーは、ありのままがテーマなのかしら(笑)

エラがお母さんに言われた、勇気と優しさを忘れないでって言葉いいよね。
ちょっとした勇気と誰に対してでもやさしい気持ちでいるって永遠のテーマかもって思いました。

Nakajiの満足度 ★★★★(4.0) 4/27  劇場鑑賞 32 作
シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)
WALT DISNEY RECORDS
WALT DISNEY RECORDS

シンデレラ [DVD]
シャルル・ペロー,ウォルト・ディズニー
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

アナと雪の女王 / エルサのサプライズ:パーフェクト・デイ ~特別な一日~
WALT DISNEY RECORDS
WALT DISNEY RECORDS

パーフェクト・デイ ~特別な一日~ (日本語キャスト)
日本語キャスト
WALT DISNEY RECORDS
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のランチ 長江茶寮 | トップ | 2015年6月度みたい映画 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます♪ (kira)
2015-06-03 07:22:57
ヘンに奇を衒う変革がない、
ちゃんと「シンデレラ」の物語がよかったです。
誰もが知っている物語でも、
今のコドモやオトメたちに夢を与えるディズニーであって欲しいわ

これからシゴトなので、気になる作品には
夜にでも出直しますね~♪
こんにちは♪ (yukarin)
2015-06-03 18:47:46
舞踏会シーン良かったよね。
青いドレスがほんっと綺麗でうっとりしてた。
やはり青が勝負服なんだなと思った 笑

でも私たちは別の意味では赤だよねぇ 笑
>kiraさん (Nakaji)
2015-06-03 22:03:02
こんにちは。
ディズニーだな~って思いながらみてました。
なんかこんなの見てたら、ディズニーもぶれないよな~って思いました(笑)
>yukarinちゃん (Nakaji)
2015-06-03 22:08:50
やっぱり私たちには赤よね~

でもねえ、こういった物語は青のドレスでしょーーっておもっちゃうわ!
本当にうっとりだったよ。結局2回みちゃった!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
シンデレラ/同時上映 : アナと雪の女/エルサのサプライズ (カノンな日々)
いまさらシンデレラを観て何が面白いんだろ?と思いつつ同時上映の短編『アナと雪の女/エルサのサプライズ』観たさに行ってきました。 では、ポチっと。
シンデレラ(日本語吹替版)  監督/ケネス・ブラナー (西京極 紫の館)
【出演】  リリー・ジェームズ   (声:高畑 充希)  ケイト・ブランシェット (声:塩田 朋子)  リチャード・マッデン  (声:城田 優)  ヘレナ・ボナム=カーター(声:朴 璐美) 【ストーリー】 貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子で....
シンデレラ 字幕 (♪HAVE A NICE DAY♪)
これぞ!!シンデレラ もう大満足です 娘と二人もう~~大満足で劇場を出てきました もう~~~~王道(笑)のシンデレラ シンデレラのテーマは勇気と優しさ ありのままの自分~ 出てました~ 魔法使いのゴッドマザーのヘレナ・ボナム=カーターも 可愛かった カボ....
『シンデレラ』 (beatitude)
幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、悲しみにくれながらも母の「辛いことがあっても勇気と優しさを忘れないで」という教えを守り、ピュアな心を持つ女性へと成長していた。ある日、仕事で家を留守にすることが多い貿易商の父(ベン・....
『シンデレラ』 2015年3月28日 ディズニー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『シンデレラ』 を試写会で鑑賞しました。 今日の試写は男性限定での試写であった。 結構人は少なめだった。。。 【ストーリー】  貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ(リリー・ジェームズ)。だが...
「シンデレラ」(1回目) (或る日の出来事)
主演のリリー・ジェームズさん、見ているうちに、グレース・ケリーさんのように思えてきた。
「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」(1回目) (或る日の出来事)
長編「シンデレラ」と同時上映の、おまけ的な7~8分の短編だけど、私にとっては楽しみで仕方がなかった作品だ!
シンデレラ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) シャルル・ペロー版を基にしているのでお子様でも楽しめる。
映画『シンデレラ』★実写版:生身の人間として&魔法もスゴイ! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166700/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   監督:ケネス・ブラナー     ~上品さは期待どおり☆ 継母:ケイト・ブランシェット  ...
映画「シンデレラ(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『シンデレラ(日本語字幕版)』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点は何とか ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。 ざっくりストーリー 幼い頃に母を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、貿易商を営む父の再...
劇場鑑賞「シンデレラ」 (日々“是”精進! ver.F)
本当の愛を見つける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504260000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】シンデレラ オリジナル・サウンドトラック [ パトリック...価格:3,240円(税込、送料込) 【楽天ブック...
『シンデレラ』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
画面の美しさと音楽の流麗さにうっとり…。おとぎ話の映画化はこうじゃなければ。主役二人にあまり華が感じられませんが、ケイト・ブランシェット扮する継母の憎々しさ、出番僅かながらフェアリ-・ゴッドマザーをチャーミングに演じたヘレナ・ボナム=カーター(実はナレ...
シンデレラ (to Heart)
英題 CINDERELLA 製作年 2015年 上映時間 1時間45分 脚本 クリス・ワイツ 監督 ケネス・ブラナー 音楽 パトリック・ドイル 出演 リリー・ジェームズ/ケイト・ブランシェット/リチャード・マッデン/デレク・ジャコビ/ベン・チャップリン/ヘイリー・アトウェル/ステラン・....
『シンデレラ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「シンデレラ」□監督 ケネス・ブラナー□脚本 クリス・ワイツ□キャスト リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、       リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ■鑑賞日 5月9日(土)...
キラ☆キラの魔法~『シンデレラ』 【字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 CINDERELLA  両親を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、継母(ケイト・ブランシェット)と義 理の姉妹に 「シンデレラ」=灰かぶり姫と呼ばれ、召使同然の扱いを受ける。 辛い日々を送っていたある日のこと、彼女は森で王子(リチャード・マッデ...
『シンデレラ』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
子どものころから好きなディズニーのお話シンデレラ。 アニメではないのでショックは大きいかと思ったのですが、 テレビ版の物を数年前に見ていたので大丈夫でした。 ストーリーはそのままに。衣装が素晴らしかったわ。 エラが舞踏会に着ていったブルーのドレスは、本当....
シンデレラ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
古くから人々に親しまれている「シンデレラ」の物語を実写化したラブストーリー。継母と義姉妹から冷遇される日々を送っていた女性が、未来を切り開く姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、演技派俳優で『ヘンリー五世』などで監督としても高い評価を得ているケネス・ブラ...
シンデレラ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CINDERELLA】 2015/04/25公開 アメリカ 105分監督:ケネス・ブラナー出演:ケイト・ブランシェット、リリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ステラン・スカルスガルド、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ノンソー・アノジー、ベ...
女子にとっては永遠の憧れ。『シンデレラ』 (水曜日のシネマ日記)
世界的に古くから親しまれている童話「シンデレラ」を実写化した作品です。
映画「シンデレラ」 (FREE TIME)
GW中に映画「シンデレラ」を鑑賞しました。
シンデレラ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
シンデレラも、ありのままで! 古くからヨーロッパ各地に伝わる灰かぶり姫の民話をもとにした、シャルル・ペローの童話「シンデレラ」を、ウォルト・ディズニーが美しいアニメーションとして映画化してから、今年で65年。 ウォルト自身が「もっとも好きな作品」と語る...
『シンデレラ』('15初鑑賞37・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:40の回を鑑賞。
シンデレラ(2015) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
有名なおとぎ話であるシンデレラの最新映画版で 製作はディズニー、監督はシェイクスピア俳優 としても有名で脚本や監督業と多岐に渡って活躍する ケネス・ブラナーが務める『シンデレラ』が公開 されましたので観に行ってきました。 同時上映は『アナと雪の女王 エルサ...
シンデレラ (心のままに映画の風景)
“どんな時でも勇気と優しさを忘れないで”という亡き母の言葉を胸に、まっすぐな美しい女性へと成長したエラ(リリー・ジェームズ)。 ある日、貿易商を営む父親が再婚し、継母トレメイン(ケイト・ブランシェット)と、連れ子の姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすこ...
機内鑑賞★アンフィニッシュド・ビジネス/シンデレラ/俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員! (我想一個人映画美的女人blog)
オスロ行きと帰りで観た数本の中からまずはやっと3本まとめてちょこっとレビュー。 Unfinished Business/アンフィニッシュド・ビジネス ヴィンス・ヴォーン、トム・ウィルキンソン、シエナ・ミラー、デイヴ・フランコ、ジェームス・マースデン、ニック・フロ...
シンデレラ (いやいやえん)
【概略】 過酷な状況の中でも勇気と優しさを忘れないヒロイン・シンデレラが生み出す“奇跡の愛"を圧倒的な映像美で描き出す。 ラブストーリー 誰もが知っているおとぎ話「シンデレラ」をロマンティックにゴージャスに実写化、監督はケネス・ブラナー。ディ...
シンデレラ (銀幕大帝α)
CINDERELLA 2015年 アメリカ 105分 ファンタジー/ロマンス 劇場公開(2015/04/25) 監督: ケネス・ブラナー 『マイティ・ソー』 出演: ケイト・ブランシェット:まま母(トレメイン夫人) リリー・ジェームズ:エラ/シンデレラ リチャード・マッデン:王子...
忘れないうちに姫DVDの感想を。(;´∀`)~「シンデレラ」&「美女と野獣」~ (ペパーミントの魔術師)
えっと実際に見たのは10日以上前です。(おい) とにかく!このドレスが半端なく綺麗で現実離れしてて それが見たかったんですよね~。(え) だもんだからそこんとこは大大大満足でございました。 いかにも魔法のドレスでございますってな質感がサイコーでございまし...
「シンデレラ」 今時珍しい直球勝負のおとぎ話 (はらやんの映画徒然草)
最近のディズニー映画ではプリンセスを扱ったとしても、「眠れる森の美女」とか「白雪