C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

スティーブ・ジョブズ

2013-11-26 21:49:43 | CINEMA(さ)
スティーブ・ジョブズ
'13:米


◆原題:Jobs
◆監督:ジョシュア・マイケル・スターン「ケビン・コスナー チョイス!」
◆主演:アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー、ジョシュ・ギャッド、ルーカス・ハース、J・K・シモンズ、マシュー・モディーン、レスリー・アン・ウォーレン、ロン・エルダード、アナ・オライリー、ジョン・ゲッツ、ジェームズ・ウッズ

◆STORY◆誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織に所属するのに向いていないと悟った彼は、自分のような友人らと自宅ガレージをオフィスにしてアップルコンピュータ社を設立する。革新的な商品を次々と放ってはヒットさせ、たった4年で株式の上場に成功、IT界の寵児(ちょうじ)となるジョブズ。しかし、意見の相違がある社員は問答無用で解雇、創立時メンバーを冷遇するなど、独善的な言動を繰り返すように。その果てに、彼は自身の会社から追放されてしまう。

2011年に逝去したアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズの伝記ドラマです。
天才と称される一方で非情な人間とも伝えられた彼が歩んだ、波乱万丈な人生を追い掛けていきます。

ちょっとしたひらめき、確信、そしてマニアックな友達(笑)
大学を中退して禅や仏教に傾倒しながらたどりついたもの。。。
2人は友人たちの協力を得て、初めはApple I のメインロジックボードから
世界初の個人向けマシンApple Iを商品化したところから物語は始まっていきます。
アップルって会社とあのリンゴのマークはなぜできたのか、
なんかそのひもを解いていくだけでワクワクしておりました。
そしてどんどん個人向けのPCができあがっていくんだよね~

たしかにmacってiMacのときとかまた挽回してもりかえしてくるんだよね~
iMacとかさあいろんな柄とかもあって、ドット柄とかみんな買ってたもん。
あの曲線がなんともいえないくらいかわいかったしね。
あの時なんでいきなりもりかえしたんだろうって思ったけど、
やっぱりジョブズが戻っていたんだね~なるほど。。。
あのとき思ったんだけど、機能とかも買う条件にもちろん入れるんだけど、
やっぱり見た目って大事というか見た目ですごく左右されるんだな~って思った。
だからジョブズが妥協しないところでもあるんだろうね。
MacやiPod、iPhone、iPadもシンプルでありあきがこないんだよな~

この映画を見て思ったのは、周囲を巻き込み、何かやってくれるって思うくらいの器量、
そして絶対に妥協を許さないその完璧主義。。。
これだから革命的な機械がどんどんできているんだな~って思った。
非情な面もたくさんあって人間としてどうかと思うところも多々あったような気がするし、
こんな人と絶対に一緒にしごとしたくないし、上司だったら最悪だろうな~って思うけど、物ができあがるとやっぱり彼と一緒に仕事をしたいって思うんだろうな~って思いました。

アシュトン・カッチャーは歩き方から風貌までそっくり!!
びっくりしました。

彼の人生は2時間では描ききれないと思うけど、やっぱり物足りなさもあるんだよな~
これからどんどん、ジョブズの映画ってでてくるんだろうな~って思ってしまいました。

Nakajiの満足度 ★★★(3.0)  11/4 劇場鑑賞 80 作目
スティーブ・ジョブズ (アシュトン・カッチャー主演) [DVD]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋するリベラーチェ | トップ | ウォーム・ボディーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スティーブ・ジョブズ / JOBS (勝手に映画評)
事実に基づいた作品。 2011年10月5日に亡くなったスティーブ・ジョブズの話です。ですが、この作品では、アップル創業から、アップル追放を経てアップルに復帰するまでを描いており、その他の、NeXTやピクサーの話には触れられていませんし、2000年のCEO復帰以後の話も描...
スティーブ・ジョブズ (試写会) (風に吹かれて)
天才は我が道を突き進む公式サイト http://jobs.gaga.ne.jp11月1日公開誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織
映画『スティーブ・ジョブズ』観てきた (よくばりアンテナ)
毎日利用しているMacにiPhoneにiPodにiPad。 私はアップル社製品に囲まれてますし、やっぱり創立者について 興味がないわけないですもん。 役者さんもめっちゃなりきってるって話題でしたし、観てみようと。 地元のシネコン乱立してるのにどこも上映してないので...
スティーブ・ジョブズ (あーうぃ だにぇっと)
スティーブ・ジョブズ@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
スティーブ・ジョブズ/アシュトン・カッチャー (カノンな日々)
2011年に56歳の若さで亡くなられたApple社の創業者でコンピューター界の巨匠スティーブ・ジョブズの実像に迫る伝記ヒューマン・ドラマです。生粋のApple信者な私にとって文字通り ...
スティーブ・ジョブズ (はるみのひとり言)
試写会で観て来ました。映画でジョブズさんを演じてるアシュトンさんは雰囲気つかんでるのに、このチラシちょっと笑えませんか~スティーブ・ジョブズさんが青年時代、実家のガレージハウスでアップルを創業した時から、アップルに復帰しCEOになった時までのお話です。ア....
アシュトン・カッチャー主演『スティーブ・ジョブズ(jobs)』"Think different" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2011年に逝去したアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズの伝記ドラマ。『スティーブ・ジョブズ(jobs)』監督は『ケビン・コスナー チョイス!』のジョシュア・マイケル・スターン。出演はアシュトン・
「スティーブ・ジョブズ」時代の先を追い続けた先にみた実現するための信じるという信念を貫いた先の創造の実現 (オールマイティにコメンテート)
「スティーブ・ジョブズ」はアメリカAppleの創業者であるスティーブ・ジョブズの創業から挫折を経て再び成功するまでの軌跡を描いたストーリーである。亡くなってから2年の月日が経 ...
スティーブ・ジョブズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 予告編自体の作りが上質であり本編もそのままの流れ
「スティーブ・ジョブズ」 クレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
AppleのMacintoshを初めて自分で買ったのは、確か1993年頃でした。
映画評「スティーヴ・ジョブズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ジョシュア・マイケル・スターン ネタバレあり
最新映画:スティーブ・ジョブス Steve Jobs (2015). ヒールな彼から浮かび上がる人物像とは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アシュトン・カッチャー主演の同タイトル(2013?)とは別物。 しかも同タイトル+ Man in the machine なるドキュメンタリーも公開中。 紛らわしいことこの上ない! こちらは監督ダニー・ボイル(「スラムドッグミリオネア」「トレインスポッティング」) 脚本は当ブログ...