C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

ホットロード

2014-10-07 20:50:17 | CINEMA(日本)
ホットロード
'14:日本


映画「ホットロード」 オリジナル・サウンドトラック



◆監督:三木孝浩「陽だまりの彼女」「僕等がいた 前篇後篇」
◆出演:能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平、太田莉菜、竹富聖花、落合モトキ、山田裕貴、鷲尾真知子、野間口徹、利重剛、松田美由紀、野替愁平、遠藤雄弥

◆STORY◆母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の宮市和希(能年玲奈)は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。そんなある日、不良の春山洋志(登坂広臣)と出会い、彼らの世界に自らのよりどころを見いだすようになる。少しずつ洋志に惹(ひ)かれていく和希だったが、Nightsのリーダーとなった洋志は反目し合うチームとの激しい争いにしのぎを削ることとなり……。

「別冊マーガレット」(集英社刊)で1986〜87年に連載され、単行本は全4巻で累計発行部数700万部を突破した紡木たくの人気少女コミックを実写映画化です。

Nakajiはどんぴしゃの時代です。紡木たくのこの漫画もずっと読んでました。
あまりにも原作の絵の印象がつよすぎて実写ってきいたとき無理でしょって思っていたけど、
なかなかだったな〜

とにかくセリフをきいて、あっこの場面あったな〜とか思い出していました。
やっぱり春山はかっこよくてね〜
なんか和希と二人でじゃれながら歩いていたりするシーンはみてて、
あーーこのシーンすきだったんだよな〜ぶーーすとかいいあってさあ・・・

なんかこの時代って私たちから見て懐かしいんだけど、若い子ってどう思ったのか?
族とか、公衆電話とかガソリンが120円代とかさあ・・・
細かいところまで本当に懐かしかったです。

Nakaji的にあーーーって思った配役はお母さん役の木村佳乃の演技!
漫画で読んだ時も、このおかんって思ったけど、今お母さんの年代になって思うのは、
大人になりきれてないんだよね〜
あのカーディガンの話とかなんであったらいけないの?って言うシーンとかさあ・・・
女性からみたらイライラマックスって感じだけど、
男性からみたらほっておけない女の人なんだろうな〜

でも子供にとっては勘弁って感じだよね。
自分は望まれて生まれてきてないのかって本当に思ってしまう。
でもお母さんはちゃんと娘に愛情はあるんだよね〜わかりにくいんだよ(笑)

能年ちゃんだったらって言われたのもなんかわかるな〜
彼女ってすれてない感じがするんだよね。だから不良のふりしてもきれいなままなんだよな〜
登坂広臣君もかっこよかったよ。春山にあってたね。
でも、トオル役と鈴木亮平はちょっと無理があったような・・・

まあ原作ファンの私が突っ込みたいところは、茶色に染めた和希の髪の色がちがうんだよな〜
色がないくらいの金髪ってイメージなんだよな〜

Nakajiの満足度 ★★★★(4.0)  9/11  劇場鑑賞 72 作
ホットロード 1 (集英社文庫―コミック版)
紡木 たく
集英社

ホットロード 2 (集英社文庫―コミック版)
紡木 たく
集英社
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イン・ザ・ヒーロー | トップ | 艶次郎@富山市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ホットロード』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ホットロード」□監督 三木孝浩□脚本 吉田智子□原作 紡木たく □キャスト 能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平■鑑賞日 8月17日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5...
ホットロード〜偽の夢から覚める時 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。紡木たく原作、三木孝浩監督。能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平、太田莉菜、竹富聖花、落合モトキ、山田裕貴、鷲尾真知子、野間口徹、利重剛、松田 ...
ホットロード/能年玲奈、登坂広臣 (カノンな日々)
80年代に別冊マーガレットで連載され10代の若者たちから多くの支持を集めた紡木たくさんの伝説的コミックがついに、ようやく、いまさら(笑)実写映画化されました。何を隠そう私も支 ...
『ホットロード』 (2014) (相木悟の映画評)
現代に甦りし、伝説の青春少女漫画ではあるのだが…?! 安定ヒットを狙った手堅いつくりではあれ、ちょっと物足りない一作であった。 本作は、86〜87年に別冊マーガレットで連載され、当時の若者の熱狂的支持をうけた紡木たくの同名少女漫画の映画化。原作者のお...
『ホットロード』 2014年8月17日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ホットロード』 を鑑賞しました。 三木孝浩監督は嫌いじゃないけど、この作品はどうした 【ストーリー】  母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の宮市和希(能年玲奈)は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。そんなある日...
「ホットロード」居場所を無くした2人が出逢った先にみた命の大切さを知り共に生きるという存在意義を見つけた希望の道 (オールマイティにコメンテート)
「ホットロード」は紡木たく原作の漫画を実写化した作品で、14歳の少女が小さい時に父親を亡くしてから母親と上手くいかず心の闇を抱えていたが、青年で出逢った事で生きる希望の ...
ホットロード (Akira's VOICE)
生きろ!青少年!  
ホットロード ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1980年代に若者の圧倒的な支持を集めた紡木たくによる少女コミックを、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈主演で実写映画化した青春ドラマ。原作者の紡木たくが脚本を監修し、母から愛されず行き場のない不安を抱える孤独な14歳の少女と、刹那的に生....
ホットロード (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2014年 日本 上映時間:119分 監督:三木孝浩  原作は30年近く昔の少女マンガらしい。そのためだろうか、小学生を連れた女性たちが多かった。多分彼女たちが青春時代に読んで感動したマンガなのだろう。 しかし子供が観て楽しい映画ではない。そ
ホットロード  (単館系)
ホットロード MOVIXさいたま 8/16公開 母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の 宮市和希(能年玲奈)は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。 そんなある日、不良の春山洋志(登坂広臣)と出会い、彼らの世界に自らのよりど...
映画「ホットロード」 (FREE TIME)
9月1日のファーストデーに、映画「ホットロード」を鑑賞しました。
「ホットロード」 (Con Gas, Sin Hielo)
藤沢も茅ヶ崎もみんな相模ナンバーだった時代。 それは携帯電話がない時代でもあった。つながりたい時につながれない。誰もが等しくコミュニケーションに不器用だった。 あのとき、なんでいてくれなかったの?どこにでも生じ得る小さなズレの積み重ねが母と娘の亀裂を....
ホットロード (いやいやえん)
【概略】 孤独な14歳の少女・宮市和希は、夜の湘南で出会った「Nights(ナイツ)」という不良チームの少年・春山洋志に惹かれていくが…。 ラブストーリー 紡木たく原作漫画の実写版です。なんとなーく、一時期流行していた「らしい」いわゆる暴走族・不良系の作品...
ホットロード (のほほん便り)
たしかに、能年玲奈、複雑な環境にある、思春期の難しいところを熱演してましたが、14歳には、ちょっと無理があったかな? 彼女自身は可愛かったのですが、どんよりした役で、持ち味が活かせず、ちょっと、お気の毒な気がしたのでした。 それにしても、なぜ、この時...