C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

フューリー

2014-12-21 22:41:22 | CINEMA(は)
フューリー
'14:米


フューリー(ブラッド・ピット主演) [Blu-ray]


◆原題:FURY
◆監督:デヴィッド・エアー「サボタージュ」「エンド・オブ・ウォッチ」
◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、スコット・イーストウッド、ゼイヴィア・サミュエル、ジェイソン・アイザックス、ケヴィン・ヴァンス、アナマリア・マリンカ、アリツィア・フォン・リットベルク

◆STORY◆1945年4月、第二次世界大戦下。ナチス占領下のドイツに侵攻を進める連合軍の中にウォーダディー(ブラッド・ピット)と呼ばれる米兵がいた。長年の戦場での経験を持ち、戦車部隊のリーダー格存在である彼は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に3人の兵士と共に乗っていた。ある日、ウォーダディーの部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が副操縦手として配属される。だが彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない兵士であった。繰り返される戦闘の中、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにするノーマン。5人の兵士たちがぶつかりあいながらも絆を深めていく中、ドイツ軍の攻撃を受け、他部隊はほぼ全滅となる。なんとかウォーダディーの部隊は生き残るが、300人ものドイツ軍部隊が彼らを包囲していた。そんな状況下、ウォーダディーは無謀にも“フューリー”で敵を迎え撃つというミッションを下す……。

ブラッド・ピットと『サボタージュ』などのデヴィッド・エアー監督がタッグを組み、ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマです。

第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の兵士たちの過酷なバトルを追います。

第二次世界大戦っていうことで、どういった結末になるのかってわかっているだけど、
やっぱりドイツは強いんだな〜って改めて思いました。
ドイツ軍のティーガー戦車すごかった!アメリカの戦車が穴あいているくらいだもんね。
っていうか戦車に乗っていて吹っ飛ばされることあるんだ・・・って思ってしまった。

ブラピは年の取り方が素敵だよね〜
なんか渋さがましたというかさあ、まあ最後はきれいすぎない?って思ったけど、
そんなことどうでもいいくらいかっこよかったな〜

久々にこういった第二次世界大戦の映画見たな〜って思いました。
なんか戦争ものをみるといつも思うんだけど、人間っておろかだな〜って本当に思います。
「本当の戦争とはどういうものなのか?」ただの殺し合いだと思います。
何が正しくて何が悪だとか、どちらが勝ってどちらが負けたとかそんなことより、
前線にいる人は自分がいきるために必死なんだよね。
子供も、大人も関係ない、自分に銃を向けてくるかこないかそれだけなんだよな〜
女性も生きるために体を差し出しているのもわかる。
そうじゃないと、敵国ってだけで殺されるかもしれない不安・恐怖だよね。
ドイツに住んでいる住民も戦争に参加してないってだけで殺されて見世物のようにつるされている。
空爆を落としてくる飛行機は自分の国の人がいるいないじゃなくて、
そこに人が集まっているから爆弾を落とす。
結局死ぬのは母国の女性たちとか子供・お年寄りなんだよね〜
何のために戦っているのかって本当に行き場のない怒りさえ思えてきます。

理想は平和だが、歴史は残酷だってブラピがいった一言が本当にその通りだと思いました。

戦争は何ために行うのか。何のために戦争をしなくちゃいけないのか。
自分の国の力を見せつけたいから?領土を広げて巨大な国を作りたいから?
そんなものはどうでもいい。
そこに生きる人が幸せになる方法を見つけてほしいって本当に思いました。

Nakajiの満足度 ★★★★(4.0) 12/1  劇場鑑賞 97 作
フューリー (角川文庫)
デヴィッド・エアー,伊藤 正治
KADOKAWA/角川書店

【Amazon.co.jp限定】A2クロスポスター付き映画「フューリー / FURY」特別前売券
ブラッド・ピット,シャイア・ラブーフ,ローガン・ラーマン,マイケル・ペーニャ,ジョン・バーンサル
KADOKAWA / 角川書店

フューリー
Rambling RECORDS
Rambling RECORDS
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜩ノ記 | トップ | チェイス! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2014-12-25 10:45:24
戦争を語るのは難しいですね。
人間の歴史は戦争の歴史といって差し支えないと思います。
最初の最初は守るためだったのだろうけれど、いつから攻めて奪う戦いになったのか。
何もかもがマヒしてしまうのが戦争なのかもしれません。

久々に骨太の戦争映画が見られて良かったです。
>たいむさん (Nakaji)
2014-12-25 18:12:41
本当に何もかもがマヒしてしまうんでしょうね。
残酷だな〜って改めて思いました。

骨太の戦争映画ってなんかやっぱりずしーってくるものありますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
フューリー / Fury (勝手に映画評)
ネタバレあり。 第二次大戦終盤の、欧州戦線における戦車乗組員の戦いを描いた映画。 この手の戦争モノでは、新兵が、先輩からのシゴキ、戦場の不合理・不条理、出会いと別れを経験して、一端の兵士になって行くというストーリーが定番だったりしますが、この作品もその...
フューリー/ブラッド・ピット (カノンな日々)
『エンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー監督がブラッド・ピットの主演で第2次世界大戦下のヨーロッパでたった一台の戦車"フューリー"で300人のドイツ軍部隊に戦いを挑んだ5 ...
フューリー  監督/デヴィッド・エアー (西京極 紫の館)
【出演】  ブラッド・ピット  シャイア・ラブーフ  ローガン・ラーマン 【ストーリー】 1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、“ウォー・ダディ”というニックネームのアメリカ人兵士がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自ら...
フューリー/FURY (我想一個人映画美的女人blog)
「U-571」の脚本家で、キアヌ主演「フェイクシティ」(わたしはこれダメ)、現在公開中のシュワの「サボタージュ」 監督のデヴィッド・エアー監督&脚本×ブラピ主演、製作総指揮の戦争映画。 これまで沢山の戦争映画を若い頃から観て来たけど ここ...
フューリー〜プライベート・ノーマン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Fury。デヴィッド・エアー監督。ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、アリシア・フォン・リッ ...
フューリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) デヴィッド・エアー監督、次はロマンス映画を!(爆)
『フューリー』 わたしをそんなところに遣わせないでください。 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 ブラッド・ピットが製作総指揮と主演を務めた戦争映画。  『ウォールフラワー』でうぶな高校生役を演じていたローガン・ラーマンが、今回も戦場で成長していくノーマンを演じている。  監督には海兵隊出身だというデビッド・エアー(『エンド・オブ・ウォッチ』『サ...
『フューリー』 (2014) (相木悟の映画評)
凄惨なる戦場の体感! 戦場とはどういうものなのか?想像すらつかない一般観客に端的に示す戦争映画であった。 本作は、俳優業だけでなく昨今はプロデューサー業でも手腕を発揮し、『ワールド・ウォーZ』(13)、『それでも夜は明ける』(13)と娯楽、社会派面と絶...
フューリー (映画好きパパの鑑賞日記)
 第二次大戦を舞台にした映画で、戦車兵を題材にしたものって最近では珍しいかな。ちょっと突っ込みたくなる描写もありましたが、最後まで迫力あるアクションシーンにやられっぱなし。アクション映画はこうでなくちゃ、という見本でもありました。  作品情報 2014年イ...
『フューリー』 2014年11月15日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『フューリー』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。(本日の2本目) 相変わらずのブラッド・ピットのファンサービスは素晴らしい! それに倣ってのローガン・ラーマンも素晴らしかった 【ストーリー】  1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に...
映画『フューリー』★ブラピの拳と新兵の“ライフ・イズ・ビューティフル” (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について   http://cinema.pia.co.jp/title/165414/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     予告編の戦車を見たときに、思い出したのは 映画『 ライフ・イズ・ビューティフル 』 のラストシーン。...
「フューリー」:最前線の恐怖と虚しさ (大江戸時夫の東京温度)
映画『フューリー』といえば、小生にとってはブライアン・デ・パルマ監督作品が思い浮
フューリー (そーれりぽーと)
ブラッド・ビットの肝いりプロデュース作『フューリー』を観てきました。 ★★★★★ ネタバレ 幾多の戦場をくぐり抜けてきたフューリーの仲間たち。 くぐり抜けてきたという事は、数多の狂気の中で自我を保ってきたわけで、戦争の恐ろしさや醜さを一番知っていて、それ...
『フューリー』 (こねたみっくす)
平和は理想だが、歴史は残酷だ。だからこそ、未来ある若者には見せたくない光景がある。 これは稀に見る濃厚な戦争ドラマです。戦車映画という括りで見るにはあまりにももったい ...
『フューリー』 悔しいほどの3つのこと (映画のブログ)
 悔しいなぁ。  『フューリー』を上映している135分間、私は歯軋りしたいくらいだった。  これは日本じゃ撮れない映画だ。  デヴィッド・エアー監督・脚本の『フューリー』は、ナチス・ドイツ崩壊目前の1945年4月における、戦車フューリー(憤激)号に乗り込む5人...
劇場鑑賞「フューリー」 (日々“是”精進! ver.F)
残酷な戦場を、垣間見る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411280001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック フューリー [ スティーヴ...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料無...
映画「フューリー」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『フューリー』 (公式)を昨日(映画の日)、劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 1945年4月、第二次世界大戦の最終局面のドイツ。ナチスが大暴れするドイツ軍に侵攻...
「フューリー」、アメリカ軍戦車部隊の対ドイツ作戦、当時の重量級戦車の激突です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 戦争映画好き ☆☆☆☆ furyとは「激しい怒り」で、アメリカ軍戦車に名付けられた名前。 この映画に登場する「Fury]という、戦車部隊は実在した。 1945年4月、第二次世界大戦・ヨーロッパ戦線の終結4週間前。死にもの狂いで最後の...
フューリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『フューリー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争映画はあまり好みではありませんが、ポスターに「アカデミー賞最有力」とあるのにつられて映画館に行ってきました。  本作(注1)の時代設定は、1945年4月(注2)。  「フューリー」と名付けられたM4中戦車シャ....
これが戦争。『フューリー』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の米軍兵士たちの物語です。
フューリー ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
ブラッド・ピットと『サボタージュ』などのデヴィッド・エアー監督がタッグを組み、ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマ。第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の兵士たちの過酷なバトルを追う。『欲望のバージニア』な...
フューリー (♪HAVE A NICE DAY♪)
戦争作品は辛くて観れないのだけど 今回、ブラピとローガン・ラーマンが出ていたので 気になって迷ったけど!観に行って来た。 戦争で、最初は勿論、人を殺すことなど出来なかったノーマンが どんどん平気で殺してしまう。 この作品、ドイツ兵だって人間なのに・・・....
「フューリー」 Fury (2014 SONY) (事務職員へのこの1冊)
冒頭とラストに、白い馬が登場する(最後のはちょっとしか出てこないので気をつけて)。ペガサスに代表されるように、白馬はきわめて神話的存在なので、この過激な戦争映画も、実は神話ですよという縁取りがなされている。ストーリーはきわめて単純。1945年4月というか....
フューリー (Akira's VOICE)
血と涙が轍となり命になる。  
フューリー (はるみのひとり言)
試写会で観ました。第二次世界大戦末期、戦車"フューリー"で300人のドイツ軍に立ち向かった5人の兵士たちのお話です。ブラピの映画でとっても楽しみにしていて、てっきり1台の戦車で頑張っちゃう感動のお話なのかなと思ってたんですが、そんな生易しいもので....
『フューリー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「フューリー」 □監督・脚本 デビッド・エアー□キャスト ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフボイド・スワン、      ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャトリニ・ガルシア、      ジョン・バーンサルグレイディ・ト...
「フューリー」 (てんびんthe LIFE)
「フューリー」ジャパンプレミア TOHOシネマズ日劇1で鑑賞FURI2014-092今回公開2週間前のジャパンプレミアでしたが、この2日前にソウルで「フューリー」ワールドプレミアがあって、ブラピとローガンが挨拶してましたね。ブラピが韓国に上陸したのは初めてかどうかわから...
フューリー (ダイターンクラッシュ!!)
2014年12月1日(月) 18:30〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(映画の日) パンフレット:未確認 かなりの人体損壊度 『フューリー』公式サイト 「ハンバーガー・ヒル 」級にスカッとしない、重々しい戦争アクション。いや、アクションの範疇には入らない。 ブ...
フューリー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【FURY】 2014/11/28公開 イギリス 135分監督:デヴィッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド 1945年4月――たった5人で、300人の...
フューリー (心のままに映画の風景)
1945年4月、ドイツ軍が最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線で、戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。 アメリカ製の中戦車シャーマンM4“フューリー号”を指揮する、ウォーダディーと呼ばれるベテラン兵士ドン・コリア...
FURY (naguCo.com)
第2次世界大戦なだけあって 映画館はシニアが大勢 正直、戦争映画って良くも悪くもグロテスクで残酷だし ブラピ、なぜに今さら?と思っていたので期待していなかったのだけど かな〜り良かった。。。 脚本に惚れ込んで主演と総指揮をやったのも納得 単なる戦争とい...
「フューリー」☆最後の聖戦 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告を見る限りでは、今までの戦争映画とさほど変わらなそうにみえるのだけど、とても深いとかアカデミー賞有力候補などと言われると、やはり気になってしまう。 さてさて、どこがそんなにに違うのかな??♪
戦地の父、その息子たち〜『フューリー』 (真紅のthinkingdays)
 FURY  1945年4月、第二次大戦末期。ヨーロッパ戦線では、連合軍がドイツ軍を追 いつめていた。戦車 「フューリー号」 には、ウォーダディー(ブラッド・ピット) を中心として兵士たちが乗り込んでいたが、副操縦士の戦死により、新兵の ノーマン...
フューリー ジャパン・プレミア (風に吹かれて)
まともな神経じゃいられない 公式サイト http://www.fury-movie.jp11月28日公開 製作総指揮・主演: ブラッド・ピット監督: デヴィッド・エアー  「エンド・オブ・ウォッチ」 
『フューリー』 (時間の無駄と言わないで)
第二次大戦モノ。 全年齢向けとは思えない描写満載だから 小さい子供とかにうっかり観せちゃうとトラウマになるんでない? 戦車のドンパチシーンが満載だから劇場の音響だと迫 ...
「フューリー」みた。 (たいむのひとりごと)
ブラッド・ピットの主演、製作総指揮による戦争映画であり、第2次世界大戦時のドイツにて、”FURY(激しい怒り)”と命名された戦車と5人の兵士たちの生き様が描かれた物語。とにかく、戦争の何たるかがかなり
「フューリー」 (ここなつ映画レビュー)
第二次世界大戦物で、戦車戦にスポットを当てた作品。よく考えてみたら当然のことだけれど、戦車はチーム制になっていて、内部のメンバーや役割は定められている。そこには命を賭けた、友情を超えた絆が存在する。その中の一機フューリー号での戦いを描いた作品である。戦...
フューリー・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この世の、地獄の果てに。 第二次世界大戦末期、“FURY(憤怒)”と名付けられた一台のM4シャーマン戦車に乗り組んだ、5人の戦車兵を描く、デヴィッド・エアー監督の超ハードな戦争大作。 物語を引っ張るのは歴戦の車長を演じるブラッド・ピットだが、実質的な主人公...
フューリー (だらだら無気力ブログ!)
ティーガー、固いなぁ。
映画「フューリー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/12/1、ユナイテッドシネマ豊洲。 最大の10番スクリーン。H列を選択。一度I列を選んでみたい。 *   ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、マイケル・ペーニャ、 ジョン・バーンサル、ローガン・ラーマン。 * 第2次大戦、欧州戦線も末期の194....
『フューリー』('14初鑑賞82・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 12月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:35の回を鑑賞。
フューリー FURY (まてぃの徒然映画+雑記)
ブラッド・ピットが主演と製作総指揮を兼任した戦争モノ。 第2次世界大戦末期、ノルマンディーから上陸した連合国軍はナチスドイツの反撃に遭いながらもベルリンへ向けて進軍していた。これまで北アフリカからノルマンディー、そしてドイツへと転戦してきたドン曹長(ブ...
フューリー (迷宮映画館)
男たちがやけにかっこいいのだけど、戦争だからか、戦争じゃなくてもそうなのか・・
【映画】『フューリー』戦車戦の臨場感に震え5人の絆に泣いた (シネマ・クレシェンド)
ブラッド・ピット新作『フューリー』観てきました。客層がいつもと違って兵士あがり風な男性が多かったのが印象的だったな。フューリー(2014)アメリカ原題:イギリス 監督:デヴ ...
フューリー (とりあえず、コメントです)
第二次世界大戦終盤のドイツを舞台に描いたブラッド・ピット主演の戦争映画です。 公開前から気になっていたのですけど、なかなか観る度胸が無くて遅くなってしまいました。 スクリーンいっぱいに広がった無残な戦場の姿に、戦争の哀しさをじわじわと感じるような作品でし...
フューリー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ブラッド・ピット主演でローガン・ラーマンや シャイア・ラブーフが共演、監督は『サボタージュ』 などのデヴィッド・エアーが務める戦争ドラマ 『フューリー』が公開されましたので観に行って きました。 フューリー 原題:FURY 製作:2014アメリカ 作品紹介 ブラッ...
FURY / フューリー (いやいやえん)
【概略】 1945年4月、戦車“フューリー"を駆るウォーダディーのチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍す...
フューリー (銀幕大帝α)
FURY 2014年 イギリス 135分 戦争/アクション 劇場公開(2014/11/28) 監督: デヴィッド・エアー 『サボタージュ』 製作: デヴィッド・エアー 製作総指揮: ブラッド・ピット 脚本: デヴィッド・エアー 出演: ブラッド・ピット:ドン・コリアー(ウォーダ...
『フューリー』(2014) 〜鋼鉄の家族、地獄を往く〜 (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ・イギリス/135分 監督:デヴィッド・エアー 出演:ブラッド・ピット    ローガン・ラーマン    シャイア・ラブーフ    マイケル・ペーニャ    ジョン・バーンサル ■概要 原題は『Fury』。アメリカ・イギリス合作による2014年の...
映画:フューリー FURY  史上初の モノホン タイガー戦車が登場!の迫力 & ドラマ性は認めつつ... (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
今作の話題は やはり何と言っても、映画 史上初の、モノホンのタイガー型戦車(写真)が登場すること。 ボービントン博物館に保存されていていた、世界で唯一の動くタイガー! アメリカ軍の戦車を圧倒するその「脅威」を、超リアル に感じさせるのに非常に効果的だった....