C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

ウォルト・ディズニーの約束

2014-05-11 22:36:21 | CINEMA(あ)
ウォルト・ディズニーの約束
'13:米



◆原題:Saving Mr. Banks
◆監督:ジョン・リー・ハンコック「しあわせの隠れ場所」「アラモ」
◆主演:トム・ハンクス、エマ・トンプソン、コリン・ファレル、ポール・ジアマッティ

◆STORY◆夢のある映画を作り人々を喜ばせてきたウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は、魔法を使うシッターを描いた児童文学『メリー・ポピンズ』を映画化しようとするが、原作者のP.L.トラヴァースはそれを拒否。しかしウォルトは決して諦めようとせず、トラヴァースは住んでいるイギリスからウォルトのいるハリウッドまで出て決着を付けようとする。ウォルトら映画製作者が出す脚本アイディアを片っ端から認めないトラヴァース。彼女が頑なに作品を守ろうとする背景には、幼い頃の父親との思い出があった。それを知ったウォルトは、トラヴァースとある約束をする……。

エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマです。

まあ、Nakajiはいまどき貴重な人で、ディズニーランドはいったことがありません。
夢の国って言われてもあーーーそうなんだ、、、、って感じにしか思ってませんでした(笑)
まあ映画は好きで見ているんですけどね!!

1965年に公開された、アカデミー賞5部門受賞の不朽の名作『メリー・ポピンズ』
ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出しています。

んーーー感動したというか、なんか泣けたな〜
イギリス人作家のP・L・トラヴァースはきむずかしい人ってイメージしか初めはないんだよね〜
無愛想で厳しく、子どもに媚びず、すぐに気を悪くして・・・
この人があの、メリー・ポピンズを書いたんだ・・・って思いました。

映画を作るにあたり、原作者と製作チームとの戦いが描かれているですが、
なぜかたくなに原作にこだわるのか!かたくなに原作を守ろうとするのか!
それがわかってきたとき、なんか泣けて泣けてしょうがなかったな〜
しかしよくできているよね〜
メリーポピンズの映画制作のバトルの途中で、彼女の過去があきらかになっていくんだけど、
この原作者がメリーポピンズを大切にしてきた理由がどんどんわかってくるし、
そして彼女を理解して、忠実に描いていきたいと思ったディズニーの思いがシンクロして、
もーーーなんか泣けました。

しかし・・トム・ハンクスもすごいけど、エマ・トンプソンすごいね。
なりきっているというか、彼女をみてるとこの女性がとにかく憎たらしくも感じるし、
でもふっとしたさみしそうな顔や孤独な感じ、そして会話が面白かったりするところなんて、
さすがって本当に思いました。

メリーポピンズまたみてみようっと!!

Nakajiの満足度 ★★★★(4.0)  4/5 劇場鑑賞 30 作目
ウォルト・ディズニーの約束 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)
WALT DISNEY RECORDS
WALT DISNEY RECORDS

ウォルト・ディズニーの約束 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偉大なる、しゅららぼん | トップ | 楽隊のうさぎ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-05-15 00:28:20
> Nakajiはいまどき貴重な人で、ディズニーランドはいったことがありません。

ちなみに私も未体験です。そんなとこ行かなくても生きていけるわい。ただ、「テルマエ・ロマエ」のルシウスにはちょっと行ってももらいたかったりするかもしれない。
こんにちは (たいむ)
2014-05-15 15:04:29
ちょこっと里帰りしていたりして、お返事遅くなりました。
ディズニーなんだけど、押しつけがましくも、美談すぎもせず、ステキな作品に仕上がっていましたね。
『メリー・ポピンズ』の制作秘話というか、裏側にこんなことがあったとはって感じでしたw
>ふじき78さん (Nakaji)
2014-05-18 23:27:49
そーーーだよね(笑)
未見も人もいますよね!!!!!

「テルマエ・ロマエ」のルシウスはたしかに行ってほしい(笑)
>たいむさん (Nakaji)
2014-05-18 23:29:03
こんにちは。

そうそう、押しつけがましくないから見やすかったです。
素敵な作品でしたね〜

最後のエンドロールでの肉声がそのままなんで、
びっくりしました。こんなやり取りが裏側で行われていたんですね。
子供がいると (sakurai)
2014-05-20 10:52:02
やっぱどうしても一度は連れて行かないと・・・と言うんで、二度ほど行きました。
ちびは、1歳だったんで、さすがに記憶にないらしく、「あんたも行ったよ!」と言っても、それはカウントされてないようです。
夢を与える使命をかたくなに守るウォルト氏と、自分を大切にしようとしたトラヴァース氏。
どっちの思いもキチンとあらわされてる本のうまさに本当に感心しました。
>sakuraiさん (Nakaji)
2014-05-21 23:12:51
たしかに!!!私も東山動物園に1歳でいったって言われても覚えてなかった・・・(笑)

そうそう、上手でしたね。
本がうまいんだろうな〜って思いました。
はろー (q 原作者パメラの手紙)
2014-05-23 20:32:32
わたくし、原作者パメラですわよ
ご覧になられた事、嬉しいわ

えぇウォルトは 私を理解しておりました
ふふふ。
ディズニー・ランドは未だに行かれてらっしゃらないの
なかなかどーして楽しい場所でしてよ
ウォルトに対する態度・・・
あの態度。プライドだったのかしら
運転手の思い。
彼の「心」も
そして。ウォルトの「思い」
どちらもわたくしには 愛しかったのですわ
当時のディズニー・ランドは如何???
ふふっ🎶「 叔母の鞄」の意味
その意味がバレてしまいましたわね〜
わたくたちの「メリ}ー・ポピンズ」
 感動とは別に こういう世界が実はあった
その気持ちで繰り返しご覧になって頂きたいわ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ウォルト・ディズニーの約束』 (ラムの大通り)
(原題:Saving Mr. Banks) ----今日の映画、『ウォルト・ディズニーの約束』って、 だれと約束した映画ニャの? 「これはね。 後にミュージカルとなった『メリー・ポピンズ』の原作者 P・L・トラヴァースとディズニーが交わした約束のことなんだ。 でも、どんな約束....
『ウォルト・ディズニーの約束』 2014年3月27日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォルト・ディズニーの約束』 を鑑賞しました。 平日の夕方の回でありながら、いい感じでお客さんが入ってました。 意外とヒットしている映画かも(笑) 【ストーリー】  1961年、パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハン...
ウォルト・ディズニーの約束 (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 メリー・ポピンズの作者VSディズニー社
映画「ウォルト・ディズニーの約束」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/4/7、ユナイテッドシネマ豊洲、5番スクリーン。 7列、70席。6番スクリーンと並んで豊洲では最も小さいスクリーン。 D列を選択したが、高さ的にはもう一つ後のE列が良かったかもしれない。 ** エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッ...
ウォルト・ディズニーの約束 (佐藤秀の徒然幻視録)
アイルランドとカリフォルニアの相性の問題 公式サイト。原題:Saving Mr. Banks。ジョン・リー・ハンコック監督、エマ・トンプソン、トム・ハンクス、コリン・ファレル、アニー・ロー ...
『ウォルト・ディズニーの約束』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話。娘との約束で『メリー・ポピンズ』映画化を狙うウォルト・ディズニーだったが、原作者のP.L.トラヴァースは頑として首を縦に振らない。20年もの歳月が流れ経済的に困窮し、やっと重い腰を上げて映画化に向けての話し合いに...
ウォルト・ディズニーの約束  Saving Mr.Banks (映画の話でコーヒーブレイク)
ディズニーの「メリー・ポピンズ」は大〜好きな映画の一つです。 映画の挿入歌を歌いたくて、辞書をひいて、カタカナで発音を書き、何度も歌った覚えがあります。 本作を見ている時、思わず一緒に口ずさみました。結構覚えているもんです。 大好きな歌の製作シーンがこん....
『ウォルト・ディズニーの約束』 (beatitude)
夢のある映画を作り人々を喜ばせてきたウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は、魔法を使うシッターを描いた児童文学『メリー・ポピンズ』を映画化しようとするが、原作者のP.L.トラヴァースはそれを拒否。しかしウォルトは決して諦めようとせず、トラヴァースは住んで...
ウォルト・ディズニーの約束 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)....
ウォルト・ディズニーの約束/エマ・トンプソン (カノンな日々)
不朽の名作『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を原作者であるP.L.トラヴァースとウォルト・ディズニーの物語としてファンタジックに描いたヒューマンドラマです。ウォルト・ディズニー ...
映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”...
『ウォルト・ディズニーの約束』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・...
ウォルト・ディズニーの約束 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード 【解説】 エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル....
ウォルト・ディズニーの約束 (昼寝の時間)
2013年製作 アメリカ 126分 原題「Saving Mr. Banks」 公
「ウォルト・ディズニーの約束」 (或る日の出来事)
ていねいに、心のこもったドラマがつむがれていって好感。 映画「メリー・ポピンズ」は大好きだから、なおさら感動する。
「プリズナーズ」 囚われ人 (はらやんの映画徒然草)
二人の少女が行方不明となった。 その容疑者としてアレックスという男が逮捕されるが
メリー・ポピンズ/父の娘〜『ウォルト・ディズニーの約束』 (真紅のthinkingdays)
 SAVING MR. BANKS  1961年。児童文学の世界的ベストセラー 『メリー・ポピンズ』 の原作者P. L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ロサンゼルスに向かう。ディズニーラン ドの創業者にしてハリウッドの大物プロデューサーであるウォルト・ディズ...
ウォルト・ディズニーの約束 / Saving Mr. Banks (勝手に映画評)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』制作の裏側を描いた作品。 いやぁ、このP・L・トラバース。自分の近くにいたら、嫌になりますね(苦笑)。でもそれは、自分の作品を愛しているからこそ。自分の作品を愛すると言えば、ウォルト・ディズニーも負けないはずですが、そのウ...
ウォルト・ディズニーの約束 (風に吹かれて)
父への想い 公式サイト http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/walt 監督: ジョン・リー・ハンコック  「しあわせの隠れ場所」 1961年、経済的
ウォルト・ディズニーの約束 (こんな映画見ました〜)
『ウォルト・ディズニーの約束』 ---SAVING MR. BANKS---2013年(アメリカ)監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス 、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ルース・ウィルソン 、B・J・ノヴァク 、アニー....
ウォルト・ディズニーの約束・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
物語の裏側にあるもの。 あまりにも有名なディズニーのミュージカル映画、「メリー・ポピンズ」のビハインド・ザ・シーン。 魔法使いのナニー、メリー・ポピンズは、本当は誰を助けにやって来たのだろうか。 映画は子供の頃に何度も観たし、原作も読んだが、この話は...
「ウォルト・ディズニーの約束」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Saving Mr. Banks」USA/UK/オーストラリア P.L.トラヴァースに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった/2006」「パイレーツ・ロック/2008」「新しい人生のはじめかた/2008」「17歳の肖像/2009」のエマ・トンプソン。 ウォルト・デ...
『ウォルト・ディズニーの約束』をUCT5で観て、物語を守ること壊すことふじき★★★(ネタバレ・・・かな) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ディズニーとトラヴァースのどちらを支持するかで言えばトラヴァース】 『メリー・ポピンズ』原作は未読、映画は大昔見た筈だけど記憶が曖昧。 ディズニー ...
映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks 自分のルーツへの心の旅。あの名作がまた観たくなる (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)をリバイバル名画座で、初めて観た時のことを良く覚えている。 高校受験が無事に終了、放心状態に陥っていた私に、母が名作だし行ってきたらと水を向けたのだ。 その時の感想は… ガキ向け映画だと舐めていたら、いい意味...
DVD:「メリー・ポピンズ」 そう「ウォルト・ディズニーの約束」鑑賞の影響。すると驚く事に… (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
先週末に鑑賞した「ウォルト・ディズニーの約束」Saving Mr. Banks は、「メリー・ポピンズ」(1964)製作過程を描く映画。 直後にアップした記事から以下。 <20年断り続けてきた「メリー・ポピンズ」原作者の"P・L"・トラバース (エマ・トンプソン) ....
「ウォルト・ディズニーの約束」みた。 (たいむのひとりごと)
基本的に”ディズニー”作品には思い入れがないのでスルーすることが少なくない。アカデミー賞を取ろうが、どんなに楽曲が耳につこうが、自分で観たいと思わなければまず観ない。この映画は予告編が面白そうだったか
ウォルト・ディズニーの約束 (悠雅的生活)
2ペンス。a pot of tea。東の風。
ウォルト・ディズニーの約束 (とりあえず、コメントです)
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の製作過程を描きながら、原作者P.L.トラヴァースの父への想いや ウォルト・ディズニーとの交流を描いた心温まるドラマです。 エマ・トンプソンとトム・ハンクスの二人がどんな演技を見せてくれるのか楽しみにしていました。 強烈な...
ウォルト・ディズニーの約束 (迷宮映画館)
メイキング・オブ、メリー・ポピンズ!そして、愛。
ウォルト・ディズニーの約束 「Saving Mr. Banks」 (Said q winning)
監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、ルース・ウィルソン、B・J・ノヴァク、メラニー・パクソン、アニー・ローズ・バックリー、コリン・ファ...
『ウォルト・ディズニーの約束』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『ウォルト・ディズニーの約束』を観てきました。ウォルト・ディズニーの約束 - 映画.comちょっと楽しみにしていたので2週目だけどやっと鑑賞。 この週末は、いろいろ飛び込みがあり、めっちゃピンポイントで時間を合わせた。けっこうスリルあったなぁ。 物語は、ウォル...
映画『ウォルト・ディズニーの約束』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-33.ウォルト・ディズニーの約束■原題:Saving Mr.Banks■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス・オーストラリア■上映時間:126分■料金:0円(ポイント使用)■観賞日:4月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:ジョン・リー・ハンコック◆トム・ハ...