C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

博士と彼女のセオリー

2015-04-09 22:33:48 | CINEMA(は)
博士と彼女のセオリー
'14:イギリス


Travelling to Infinity: The True Story Behind the Theory of Everything



◆原題:THE THEORY OF EVERYTHING
◆監督:ジェームズ・マーシュ「シャドー・ダンサー」「キング 罪の王」
◆出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー、デビッド・シューリス、ハリー・ロイド、クリスチャン・マッケイ、アダム・ゴドリー、エンゾ・シレンティ、サイモン・チャンドラー、マキシン・ピーク

◆STORY◆天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)がケンブリッジ大学の大学院に在籍中、詩を学ぶジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、二人は恋に落ちる。だが直後にスティーヴンは難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、余命2年の宣告を受ける。そんな彼と共に生きると覚悟を決めたジェーンは、一緒に病気と闘う道を選択し、やがて二人は結婚、そして出産……。自分たちに与えられた時間がどれほど貴重なものかを知る二人は、歳月を重ねるごとに増す試練に強固な愛の力で立ち向かっていくが、時には壁に突き当たり、限界を感じ、自身の無力さに打ちひしがれるのだった。しかし、刻々と悪化するALSとの闘病生活の中、ホーキング博士は持ち前のユーモアで乗り越え、“車椅子の科学者”として最先端の研究を精力的に行い、講演活動や執筆活動へ意欲的に取り組んでいく……

第87回アカデミー賞で主演男優賞作品!試写会にてみてきました。

理論物理学者として宇宙の起源の解明に挑むなど、数々の研究で現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士。難病ALSと闘いながら、研究に打ち込む彼を献身的な愛で支え続けた元妻ジェーンの手記を映画化したヒューマン・ラブストーリーです。

結局、博士と奥様の25年を描いた作品です。
ALSを発症してからは時間との闘いって感じだったよね。
奥様もはじめは愛があるからって一緒にってなったんだけど、やっぱり大変で、
夫の介護と子育てに追われる生活の中でどんどん負の方向になってしまう。
彼女にも支えが必要って考えて男性をもうひとり家庭に迎え入れるのは、
斬新じゃない?って思うけど、結局、博士が奥様を愛していたからこそ、
仕方がないって思ったんじゃないかなって思いまいた。
また、看護師をやとってアメリカにわたって、奥様を解放してあげた博士もすごいって思いました。
とにかくこの博士が素晴らしい人だね。
明晰な頭脳を持ちながら、運動機能、言語機能が失われ、
人とコミュニケーションをとれなくなって、何度も命が危なかったり死と隣り合わせになっているのに、
明るくてつよいんだよね。「命ある限り希望はある」って本当にすばらしいなって思いました。

とにかくこの映画はエディ・レッドメインがすばらしい!
エディ・レッドメインの演技を見ていると、本人もこんな方だったんかなって思います。
映画みたあとにWikiで本人の写真見たけど似てるな~てt思ったんだけど!!
レッドメインはホーキング博士の数多くのインタビュー動画を見て、
ホーキング博士の生活を研究するのに半年を費やしたって書いてあったけど、
本当に素晴らしいの一言。体のアクションがないのに、目や顔のちょっとした表情とかで、
感情を表現する彼は本当にすばらしいって思いました。
映画の中で使用されているホーキング博士の電子音声は本人が提供したものなんだってね。

この夫婦の在り方ってこの二人にしかわからない話であったりするけど、
「私はあなたを愛した。これまで最善を尽くした」って言える彼女の言葉で、
なんか二人にしかわからない苦労とかたくさんあったし、ベストを尽くしたんだな~って
改めて思いました。

Nakajiの満足度 ★★★(3.5) 3/3  劇場鑑賞 18 作
博士と彼女のセオリー
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

【映画パンフレット】 博士と彼女のセオリー
東宝東和
東宝東和
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東方神起 LIVE TOUR 2015 ~W... | トップ | 今日のランチ ALPACAFE »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~☆ (kira)
2015-04-09 23:15:29
忙しくてもちゃんと記事アップ、おつかれさま~♪
たぶん、この作品の評価は私の方がもっと高いわ
難病ものというより、夫婦のそれぞれの戦いに
どんより感がなくて、引きこまれて観てました☆
Unknown (えふ)
2015-04-11 22:02:23
そう、障害をもった人の面倒をみるのはたいへだけど、
それは2人にしかわからないこともあるよね。
だからお互い認めて別れたんだよね。。。
とても立派な夫婦だったとおもうよ。
>kiraさん (Nakaji)
2015-04-12 21:53:39
こんにちは。
そんなにUPしてない私・・・(笑)

この映画は難病っもあるけど、夫婦のありかたをすごくリアルに書いてるな~って思います。
なんか支えている人もそりゃーー大変だよって思いますから。どんより感じはなかったですね。
>えふちゃん (Nakaji)
2015-04-12 21:54:37
そうそう!二人にしかわかんないことってあるし、やっぱり大変だよね。
時代が時代だから今みたいに介護がきちんとしているわけではないしね~
立派な夫婦だと思うわ~
こんにちは (たいむ)
2015-04-14 09:03:47
いつも遅くなってすみません。

俳優陣の演技あって大成功の作品だと思いました。
やはり何かしらの障害を乗り越えるというのは大変なこと。貫けなくても仕方がないですよね。

最近つんくさんの声帯切除がカミングアウトされましたが、この映画をちょっぴり思い出してしまいました。
全然違うんだけど(^^;
>たいむさん (Nakaji)
2015-04-19 20:16:08
こんにちは。

そうそう演技力がすごかったですね。
彼の演技見てたら本当にびっくりでした。
障害って見てる以上に本人たちは大変なんだろうな~って思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
博士と彼女のセオリー / The Theory of Everything (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 『車いすの天才物理学者』スティーブン・ホーキング博士の若かりし頃の姿と、ALSが侵攻していく最中、最愛の人を見つけ、立ち向かっていく姿を描きます。 この作品は、ラブストーリーですね。原題が『The Theory of Everything』と言うことで、ホ....
博士と彼女のセオリー (to Heart)
英題 THE THEORY OF EVERYTHING 製作年 2014年 製作国 イギリス 上映時間 2時間4分 原作 ジェーン・ワイルド『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』 監督 ジェームズ・マーシュ 脚本 アンソニー・マクカーテン 出演 エディ・レッドメイン/フェリシティ・ジョ....
博士と彼女のセオリー/エディ・レッドメイン (カノンな日々)
もともととても期待していた作品ですが先日のアカデミー賞中継を観ていてさらに期待度が高まってしまいました。天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生とスティーヴン・ ...
博士と彼女のセオリー (風に吹かれて)
スティーヴンとジェーンの“時間” 公式サイト http://hakase.link 原作はジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Ste
博士と彼女のセオリー 観ました。 (まぜごはん)
今日は天気も悪いのにちょっと遠出して博士と彼女のセオリー(公式HPへ) を観てきました。 車椅子の天才物理学者スティーヴィン・ホーキング博士の半生+妻ジェーンとのラブストーリー。 1963年。ケンブリッジ大学で物理学を研究するスティーヴィンはパーティで...
博士と彼女のセオリー  (Said q winning)
監督:ジェームズ・マーシュ 原作:ジェーン・ホーキング 出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズストーリー:天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメ イン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強して...
映画:博士と彼女のセオリー The Theory of Everything 秀逸な日本タイトルと共に、捨て置けない出来! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
理論物理学者 スティーヴン・ホーキング博士の若き日々~先 を描く。 学生時代からはじまり、この映画のメイン・テ―マに直ちに突入。 それは、ホーキングとその妻になるジェーンの恋愛。 関係が深まったところで、ホーキングに悲劇が・・・ 彼は身体を蝕んでいく病の...
博士と彼女のセオリー (ハリウッド映画 LOVE)
ホーキング、宇宙を語る
博士と彼女のセオリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 今週は“天才祭り”なのか(笑)
『博士と彼女のセオリー』 (時間の無駄と言わないで)
実在の天才博士が主役で、アカデミー主演男優賞ノミネート作で、同日公開。 「イミテーション・ゲーム」とはしご観賞です。 チューリングは知らない人だったけど、こちらのホー ...
博士と彼女のセオリー~愛のホーキング放射 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:The Theory of Everything。ジェーン・ホーキング原作、ジェームズ・マーシュ監督。エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コック ...
映画感想『博士と彼女のセオリー』2015年 (見取り八段・実0段)
時間は戻らない…けれども記憶は逆行するんだよね。本物の、夫婦で歩む物語。★★★.7(5点満点)詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 『博士と彼女のセオリー』恋愛のセオリーTB...
博士と彼女のセオリー (映画好きパパの鑑賞日記)
 車いすの天才物理学者ホーキング博士を描いた、アカデミー主演男優賞を受賞した話題作なんですが、伝記映画特有の話が散漫になっていたし、エディ・レッドメインの熱演はさすがですが、実在の障害者を演じるとオスカーは取りやすいことを考えると、世評ほど感動はしませ...
博士と彼女のセオリー (映画と本の『たんぽぽ館』)
広大な宇宙の片隅の一瞬の出来事でありながら、人生は貴重で美しい * * * * * * * * * * ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながら、 現代の宇宙論に多大な影響を与える研究に励んだ天才物理学者、 スティーブン・ホーキング博士と、博士....
「博士と彼女のセオリー」:脚本も演出も演技も高品質 (大江戸時夫の東京温度)
映画『博士と彼女のセオリー』は、実にウェルメイドなホーキング博士夫妻(元、ですが
「博士と彼女のセオリー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Theory of Everything」2014 UK 1963年、英国。ケンブリッジ大学大学院で理論物理を研究するスティーヴン・ホーキングは、ある日パーティで中世スペイン詩を学ぶ魅力的なジェーンと出会う。ユーモアのセンスを持った彼女は才女でもあった。やがてあっという間...
『博士と彼女のセオリー』 (beatitude)
天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)がケンブリッジ大学の大学院に在籍中、詩を学ぶジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、二人は恋に落ちる。だが直後にスティーヴンは難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、余....
『博士と彼女のセオリー』 (こねたみっくす)
スティーヴンとジェーンの不器用なラブストーリー。 ブラックホールの消滅など現代宇宙論に多大なる影響を与えた「車椅子の天才物理学者」スティーヴン・ホーキング博士と、彼を ...
「博士と彼女のセオリー」☆それでもビーンズ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
かなり勇気のいったことでしょう。 まだご存命の方の人生を映画にすること。 しっかり、媚びずにしかも素敵に描かれていたのは、何より彼らの人生がいつも真剣そのものだったから。
最善を尽くした二人の物語~『博士と彼女のセオリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE THEORY OF EVERYTHING  1963年。ケンブリッジ大学院で理論宇宙物理学を研究するスティーヴン・ ホーキング(エディ・レッドメイン)は、あるパーティで文学専攻のジェーン(フェ リシティ・ジョーンズ)と出逢う。  『ホーキング、宇宙を語...
「博士と彼女のセオリー」 (セレンディピティ ダイアリー)
エディ・レッドメインが理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士を演じる伝記映画
博士と彼女のセオリー  The theory of everything (映画の話でコーヒーブレイク)
「アメリカン・スナイパー」「ファックス・キャッチャー」「イミテ―ション・ゲーム」に次いで 今年のアカデミー賞関連作品4作目です。 ホーキング博士を演じた主演のエディ・レッドメインが主演男優賞受賞です。 「イミテーション・ゲーム」のカンバーバッチを抑えての主...
『博士と彼女のセオリー』('15初鑑賞25・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月13日(金) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン7にて 16:00の回を鑑賞。
博士と彼女のセオリー  (心のままに映画の風景)
1963年、イギリス。 天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)は、ケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、恋に落ちる。 その頃から体調に異変が起き始め...
博士と彼女のセオリー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ。将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した彼が、妻ジェーンの献身的な支えを得て、一緒に数々の困難に立ち向かっていくさまをつづる。監督は、第81回アカデミー賞....
博士と彼女のセオリー (そーれりぽーと)
スティーブン・ホーキング博士の半生を描いた『博士と彼女のセオリー』を観てきました。 ★★★★★ アカデミー主演男優賞のエディ・レッドメインは、普段から口をポカーンと開けていて表情が薄いイメージなので、才気あふれる役には合わない気がするという色眼鏡での鑑...
博士と彼女のセオリー (映画的・絵画的・音楽的)
 3月末の拙エントリの冒頭で申し上げましたように、映画館が満員で見逃してしまった『博士と彼女のセオリー』を、ようやっと日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作(注1)は、アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきた次....
「博士と彼女のセオリー」みた。 (たいむのひとりごと)
難病による車椅子の天才科学者:スティーブン・ホーキング博士の半生であり、彼を愛し支え続けた妻:ジェーンの自伝が原作のヒューマンストーリー。病気モノは苦手の部類なのだけど、ホーキング博士を演じたエディ・
博士と彼女のセオリー (シネマ日記)
ホーキング博士は有名な物理学者で、もちろん知っていますが、彼のような天才と言われる博士の理論には頭がついていかないし、分野的にも興味はないしで、彼のことをこの作品を見るまでアメリカ人だと思っていたくらい何も知りませんでした。スティーブンホーキングエディ...
ショートレビュー「博士と彼女のセオリー・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
壮大なる愛の時間史。 おそらく世界一有名な理論物理学者、スティーヴン・ホーキング博士と彼の最初の妻ジェーンを主人公とした、実話ベースのラブストーリー。 1963年、彼がまだ難病ALSを発症する前、学生時代の二人の出会いから山あり谷あり、およそ四半世紀の家族...
博士と彼女のセオリー (はるみのひとり言)
映画館で観ました。天才物理学者、ホーキング博士の半生が描かれた作品です。大学院時代にALSを発症し、余命2年を宣告され。 それでも学生時代に恋に落ちたジェーンと結婚。2人が支え合って困難を乗り越えるお話・・・だったら感動話になってたと思うんですが。 博士....
「博士と彼女のセオリー 」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです 4つ★
博士と彼女のセオリー (いやいやえん)
【概略】 1963年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキングは、中世詩を学ぶジェーンと恋に落ちるが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症、余命2年と宣告される。妻となった彼女の支えで研究を進め時の人となるが、介護と育児に追われる彼女とはすれ...
博士と彼女のセオリー (のほほん便り)
まずは、スティーヴン・ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインの演技力にも感服しましたが、(アカデミー賞受賞も納得です) 学生時代に出会い、難病と知り、余命2年と知って余計に恋が燃え上がり、結婚した妻ジェーンも素晴らしく、 決してキレイキレイなば...