C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

ブルージャスミン

2014-06-30 21:20:24 | CINEMA(は)
ブルージャスミン
'13:米


◆原題:BLUE JASMINE
◆監督:ウディ・アレン「ローマでアモーレ」「恋のロンドン狂騒曲」
◆主演:ケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン、ルイス C.K.、ボビー・カナヴェイル、アンドリュー・ダイス・クレイ、サリー・ホーキンス、ピーター・サースガード、マイケル・スタールバーグ

◆STORY◆ニューヨークのセレブリティ界でもてはやされていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)だが、実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活が破綻し、家庭も資産も失う。質素なアパートに住むシングルマザーの妹ジャンジャー(サリー・ホーキンス)のもとに身を寄せることにし、妹がいるサンフランシスコへ向かうことにする。過去にしがみつき抗うつ薬とウォッカを手放せないジャスミンは、どうにか再び華やかな世界へ舞い戻ろうと画策するが、慣れない仕事に神経をすり減らす。精神的にバランスを崩し八方塞がりの中、エリート外交官のドワイト(ピーター・サースガード)と出会い、彼のことを自分に以前のような幸せを再び与えてくれる存在であるかのように見るジャスミン。さらにプライドと現実逃避から彼女は嘘を重ねていく……

アカデミー賞(主演女優賞)(2013年)
LA批評家協会賞(女優賞)(2013年)
NY批評家協会賞(女優賞)(2013年)

ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマです。
ケイト・ブランシェットはオスカーを手中にした作品です。

映画は、ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越し、人生を再生しようとする過程で、彼女の過去や心の闇を浮き彫りにしていくんだけど、
いやーーーーすごかった。ケイトが本当にすごかった!!!

もーーーNYでセレブしているケイトも華やかで美しいんだけど、
落ちぶれていく過程というかそれが本当にすごい!!!
本人もいっていたけど、何の薬をのんだらどういった症状がでてくるのかとか研究したといっていたけど、
本当にすごかった。。。
幻覚みてるんだろうな~って感じもヒシヒシと伝わってきたし、
薬、お酒やってないとやってられないのよ!!!って感じがすごかった・・
なんか見ている私たちが、この人痛いわ~って思うくらいの人を演じきってるのってすごい!
セレブをすてきれてないという、金がないのにファーストクラスにのってさあ、
ブランド品を持ち歩るいてさあ、だってバーキンだよ。それ売ればお金になるじゃんって思うんだけどさあ(笑)
パソコンもまともに使えないのにネットで学んでインテリアコーディネーターになるとかいって、
パソコン教室に通ってるってまったく現実未ないんだよ(笑)
でもねえ、彼女は必死だから!!!冗談じゃないから!!
そのケイトの必死さがすごかったね~
そして金持ち男を見るや嘘を並べ立ててセレブへの返り咲きを考え、安楽な地位への執着もすごかったね~

しかし、ジャスミンの着る洋服とエルメスのバーキン!
散らかった貧しい家の中でもさあ、一人だけスタイルを崩さないんだけど、
脇汗がシミのままでさあ、上品なのか下品に見えるのかよくわかいよな~って思いながら見ておりました。
まあ、セレブへの執着している彼女の醜さでもあるんだろうな~

ウッディ・アレンの映画はやっぱり音楽が素敵だね。

Nakajiの満足度 ★★★★(4.5)  5/10  劇場鑑賞 43 作目
Blue Jasmine [DVD] [Import]
Cate Blanchett,Alec Baldwin,Sally Hawkins
メーカー情報なし

ブルージャスミン(ウディ・アレン監督) [DVD]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口福ダイニング しあわせの香... | トップ | 2014年7月度みたい映画 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2014-07-07 09:32:11
世の中に、こんなイタイ女性結構いるんじゃないかな~って思ったり。
アレン監督、よくぞケイトを抜擢してくれたって感じでしたね~
>たいむさん (Nakaji)
2014-07-07 15:50:51
いたい女性って結構いると思いますよね。
アレンがさらーって嫌味のようにこういった女性結構いるよって言っているようにも見えました(笑)

そう!!!この映画ってケイトあっての映画ですよね!
ケイトが良い (q 妄想)
2014-07-23 17:20:58
こういうタイプの女性って
いるんだよねぇ・・・
とにかく痛い。痛すぎる
ジャスミン。 “虚栄心”という言葉 
 以前 仕事場が「大奥状態」だって時があって
 必至こいてるのは その人だけで
周囲からすると 
  ひたすら 「バカらしい~」「上っ面だけ」と
言われてた人を思い出すの
 金の切れ目は縁の切れ目
 うぅぅぅぅぅ。ブランドに興味の無い私には
すげぇなぁと 思っただけ(笑)
でもさ
 己顕示欲、妄想癖って女には大切だよねぇ
>qちゃん (Nakaji)
2014-07-24 15:18:27
そうそう、金の切れ目は縁の切れ目だね。
女性って本当にいたい人っているんだけど、
やっているほうは満足なんだろうね。
ある意味かけぬけてほしいわって思うけどね(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ブルージャスミン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブルージャスミン」□監督・脚本 ウッディ・アレン□キャスト ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、       ピーター・サースガードド、ルイス・C・K ■鑑賞日 5月11日(日)■劇場 ...
ブルージャスミン/ケイト・ブランシェット (カノンな日々)
主演のケイト・ブランシェットが見事オスカーを獲得したウディ・アレン監督の最新作です。サンフランシスコを舞台に一人の女性転落人生を描くシリアスなドラマだそうで、今作はロ ...
ブルージャスミン (to Heart)
原題 BLUE JASMINE 製作年度 2013年 上映時間 98分 脚本:監督 ウディ・アレン 出演 ケイト・ブランシェット/アレック・ボールドウィン/ルイス・C・K/ボビー・カナヴェイル/アンドリュー・ダイス・クレイ/ピーター・サースガード ニューヨークでのセレブ生活が崩壊し....
『ブルージャスミン』 (2013) (相木悟の映画評)
ウディ・アレンが届ける、苦~いシニカル・コメディ! 喜劇なのか、悲劇なのか、苦笑をまじえつつ複雑な後味の残る匠の逸品であった。 本作は、ルーティン・ワークな映画製作を己に課し、職人的に独自のアート路線を快走するウディ・アレンの監督第44作。最近はアメ....
映画『ブルージャスミン』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
映画レビューで知り合い 試写会に誘って頂いたのがきっかけで 仲良くしていただいているりんこさんと 久々の映画デート(映画
『ブルージャスミン』 2014年4月24日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ブルージャスミン』 を試写会で鑑賞しました。 ケイト・ブランシェットは病的な役を素晴らしくこなしていたんだけど これが・・・主演女優賞かぁという感じでしたな 【ストーリー】  ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は夫ハル(アレック・ボールドウィン)とニ...
ショートレビュー「ブルージャスミン・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ジャスミンは夜、密かに咲く。 ここしばらくのヨーロッパ観光地巡りに飽きたのか、久々に母国へ戻ってきたウッディ・アレンの、ビターでアイロニカルなヒューマンドラマ。 今回アレン翁の俎上にあげられるのは、21世紀に入ってから加熱する一方のアメリカのセレブカル...
ブルージャスミン (佐藤秀の徒然幻視録)
モテ過ぎて自立できなかった女性の悲劇 公式サイト。原題:Blue Jasmine。ウディ・アレン監督。ケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン、ルイス・C・K、ボビー・カナヴェイ ...
ウディ・アレン監督、ケイト・ブランシェット主演『ブルージャスミン(Blue Jasmine)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ブルージャスミン』(Blue Jasmine)ウディ・アレン監督ケイト・ブランシェットが本作でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)の主演女優賞を受賞した(他、各種映画賞多数)物語・ジャス
ブルージャスミン (あーうぃ だにぇっと)
ブルージャスミン@一ツ橋ホール
「ブルージャスミン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Blue Jasmine」 2012 USA ジャスミンに「ロビン・フッド/2010」のケイト・ブランシェット。 ハルに「私の中のあなた/2009」「恋するベーカリー/2009」「ローマでアモーレ/2012」のアレック・ボールドウィン。 ジンジャーに「ウディ・アレンの夢と犯罪/2007」...
『ブルージャスミン』 (2013) (相木悟の映画評)
ウディ・アレンが届ける、苦~いシニカル・コメディ! 喜劇なのか、悲劇なのか、苦笑をまじえつつ複雑な後味の残る匠の逸品であった。 本作は、ルーティン・ワークな映画製作を己に課し、職人的に独自のアート路線を快走するウディ・アレンの監督第44作。最近はアメ....
『ブルージャスミン』 (beatitude)
ニューヨークのセレブリティ界でもてはやされていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)だが、実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活が破綻し、家庭も資産も失う。質素なアパートに住むシングルマザーの妹ジャンジャー(サリー・ホーキンス)のもとに身...
【 ブルージャスミン 】虚飾の花 (映画@見取り八段)
ブルージャスミン~ BLUE JASMINE ~     監督: ウディ・アレン    出演: ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、ピーター・サースガード、ルイス・C・K、ボビー・カナヴェイル、アンドリュー・ダイス・クレイ、マイケル・ス...
劇場鑑賞「ブルージャスミン」 (日々“是”精進! ver.F)
見栄の果てに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405100001/ ※GW期間限定【300円,100円クーポン】【メール便送料無料】SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【ブ...価格:5,029円(税込、送料別) スペシャル・プライ...
ブルージャスミン (キノ2)
★ネタバレ注意★  ウディ・アレン監督作品。  今年のアカデミー賞では、ケイト・ブランシェットが主演女優賞を獲得しました。  美しいジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、コロンビア大学に在学中、リッチなハル(アレック・ボールドウィン)に見初めら...
ブルージャスミン (とりあえず、コメントです)
ケイト・ブランシェットがアカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞したウディ・アレン監督作です。 かなりブラックそうだけど、アカデミー賞だし…と気になっていたのでチャレンジしてみました。 さすがの演技とウディ・アレン監督の笑いにも通じるブラックさに、愛って怖い...
ブルージャスミン (心のままに映画の風景)
ニューヨークでセレブ生活を送っていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、夫ハル(アレック・ボールドウィン)のビジネスが崩壊し、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。 再出発を図ろうとするものの、質素な...
ブルージャスミン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブルージャスミン』を吉祥寺バウスシアターで見ました(これで同館は見納めになるかもしれません)。 (1)およそ1年ぶりのウディ・アレン監督作品であり、主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を受賞したということで映画館に行ってきました。  本...
ブルージャスミン ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越し、再生しよ...
ブルージャスミン (そーれりぽーと)
『8月の家族たち』のメリル・ストリープの熱演を上回って、本年度アカデミー賞主演女優賞をケイト・ブランシェットが受賞した『ブルージャスミン』を観てきました。 ★★★★ これは、ケイト・ブランシェットに軍配が上がったのに納得。 何もかも失ったストレスで頭おか...
ブルージャスミン (ダイターンクラッシュ!!)
2014年5月10日(土) 19:20~ 109シネマズ川崎5 料金:1100円(109シネマズの日) パンフレット:未確認 映画史上に残る嫌な女。 『ブルージャスミン』公式サイト 「タロットカード殺人事件」以来のウディ・アレンだ。 ケイト・ブランシェットが、「エリザ...
「ブルージャスミン」みた。 (たいむのひとりごと)
第86回アカデミー賞でケイトが主演女優賞を受賞したこともあって公開を楽しみにしていた作品。もっとコメディ色が強いのかなと思っていたけれど、さすがオスカー受賞というべきか、ケイト演じるジャスミンの滑稽さ
憂鬱な夜に咲く花~『ブルージャスミン』 (真紅のthinkingdays)
 BLUE JASMINE  ニューヨークからサンフランシスコへやってきたジャスミン(ケイト・ブラン シェット)は、夫が逮捕されたため、セレブから無一文に転落していた。血 の繋がらない妹で、シングルマザーのジンジャー(サリー・ホーキンス)の ...
ブルー・ジャスミン (迷宮映画館)
ケイトのうまさに尽きる。
『ブルージャスミン』 (My Pace, My Self)
昨日のレイトショーで『ブルージャスミン』鑑賞 札幌駅のお店は21時で終わりなのに上映開始が21時45分ということで、時間潰すのがちょっとしんどかった レイトショーだと帰宅が日付変わる頃だから翌日こうして感想を書こうにも記憶が薄れてしまう(汗) 先週観た2作も...
『ブルージャスミン』 (My Pace, My Self)
昨日のレイトショーで『ブルージャスミン』鑑賞 札幌駅のお店は21時で終わりなのに上映開始が21時45分ということで、時間潰すのがちょっとしんどかった レイトショーだと帰宅が日付変わる頃だから翌日こうして感想を書こうにも記憶が薄れてしまう(汗) 先週観た2作も...
映画『ブルージャスミン』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
14-43.ブルー・ジャスミン■原題:Blue Jasmine■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:98分■料金:1,800円■観賞日:5月17日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・脚本:ウディ・アレン◆ケイト・ブランシェット◆アレック・ボールドウィン◆ボビー・カ...
『ブルージャスミン』 (ラムの大通り)
(原題:Blue Jusmine) ----アカデミー賞も終ったようだけど、 いつもと、ニャんだか違ったような…。 「おそらくそのひとつは、 毎年、前日発表されるラジー賞にあるんじゃないかな。 M・ナイト・シャマラン監督、ジェイデン・スミスとウィル・スミス出演の『アフター...
ブルージャスミン(2013)**BLUE JASMINE (銅版画制作の日々)
 虚栄という名の花 Movix京都にて鑑賞。久しぶりに映画館へ・・・。どうしても観たかったこの作品。ケイト・ブランシェット、さすがでした。落ちぶれたセレブがとてもお似合い。落ちぶれても過去の栄光を引きずるところなんてナイス演技で、思わず笑ってしまいまし...
ブルージャスミン (Said q winning)
ストーリー:ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は夫ハル(アレック・ボールドウィン)と ニューヨークでぜいたくな生活を送っていたが、全てを失い、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。過去の セレブ生活にとらわ...
映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー....
ジャスミンの運命 (笑う社会人の生活)
映画「ブルージャスミン」を鑑賞しました。 資産家ハルと結婚しセレブリティとして裕福な生活を送っていたジャスミンはハルとの生活が破綻し地位も資産も全て失ってしまう。 妹のもとに身を寄せるが過去のセレブ生活にとらわれ神経をすり減らすが、それでも再び華やかな....
ブルージャスミン (いやいやえん)
【概略】 かつてN.Y.セレブリティ界の花と謳われながら、今では結婚生活も資産もすべて失ったジャスミンが、虚言と現実逃避を繰り返し、次第に精神のバランスを崩していく。 ドラマ 「ジャスミンという名前に変えたの ジャネットなんて平凡だもの」 かつてセレ...
ブルー・ジャスミン (映画に耽溺)
ウディアレンの作品って「知的」とか「サレオツ」とか冠がつくっつうかさ観る人が語りたがるものが多いんだけど それゆえにいやそれだからこそ 「なによ~~~~」って鼻白む部分も多くあって ま、わたくしが「英語が不得意」とか知的ではないとかなにより「ニューヨーカ...