C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

グランドフィナーレ

2016-10-13 21:44:06 | CINEMA(か)
グランドフィナーレ
'15:イタリア フランス スイス イギリス


グランドフィナーレ [Blu-ray]


◆原題:YOUTH
◆監督:パオロ・ソレンティーノ「グレート・ビューティー 追憶のローマ」
◆主演:マイケル・ケイン、ハーヴェイ・カイテル、レイチェル・ワイズ、ポール・ダノ、ジェーン・フォンダ

◆STORY◆アルプスの高級リゾートホテルでバカンスを送る作曲家フレッド・バリイジャー(マイケル・ケイン)のもとに、女王陛下からの勲章の授与と出演依頼が舞い込んでくる。フレッドの名を世界中に知らしめた不朽の名曲「シンプル・ソング」を、フィリップ殿下の誕生日に指揮するという名誉あるオファーであったが、彼は興味すら示さない。BBC交響楽団の演奏で偉大なソプラノ歌手スミ・ジョーが歌うと言われてもフレッドはもう引退したからと頑なに拒むのだった……。母国イギリスのロンドン、そしてニューヨーク、最後はヴェネチアの楽団で24年、作曲と指揮に持てる才能の全てを注ぎ込んだフレッドは、80歳となった今ではすっかり燃え尽きていた。ホテルの宿泊客は、今も世界中のヒーローである元サッカー選手やかつて大ヒットしたロボット映画の役名で呼ばれることにウンザリしているハリウッドスターのジミー・トリー(ポール・ダノ)などセレブぞろい。そんな彼らは皆世間とは違う風変わりな事情を抱えていた。フレッドの60年来の親友である映画監督のミック・ボイル(ハーヴェイ・カイテル)も同じホテルに宿泊していたが、現役を続けるミックは若いスタッフたちと新作の脚本執筆に励んでいる。そんな中、父を心配する娘のレナ(レイチェル・ワイズ)が予約したマッサージやサウナ、健康診断を淡々とこなすフレッド。何ごとにも無気力になってしまったフレッドの唯一の楽しみは、ミックとの昔話と悪ふざけ、そして歳を重ねたがために頭と体のあちこちに出て来た不具合自慢だった。ある時、部屋へ戻ると、夫のジュリアンと旅行に出かけたはずのレナが泣きじゃくっている。ジュリアンの父であるミックに、君の息子が私の娘を捨てたと告げるフレッド。驚いたミックはすぐに息子を呼び出すが、彼は新しい恋人を連れて来る。フレッドはレナを慰めようとするが、音楽が全てでママのことなど一切顧みなかったパパに夫婦の愛情の何が分かるのかと激しく責められる。フレッドのもとに女王の特使が再び現れ、頑として断るが必至で食い下がる特使に遂にフレッドは本当の理由を語り出す。「シンプル・ソング」にまつわる母への想いを初めて聞いたレナは思わず涙する。そんな折、長年タッグを組んできたブレンダ・モレル(ジェーン・フォンダ)に主演を断られたミックの映画が製作中止に追い込まれる。ミックが選んだ結末に衝撃を受けたフレッドは「君の音楽は驚きや新しい感動をもたらした」という友の言葉を胸に最後のステージに立つことを決意。だが彼はその前に会わねばならない人がいた。そしてフレッドは10年ぶりにヴェネチアに暮らす妻を訪ねる……

アルプスの高級ホテルで休暇を楽しむ老境の元作曲家と仲のいい映画監督が、それぞれに問題を抱えたホテルの客たちと繰り広げる交流を描く人間ドラマです。『グレート・ビューティー/追憶のローマ』などのパオロ・ソレンティーノが監督を務め、深い人間洞察に富んだ物語を紡ぐ。

主人公のフレッドは、80歳の音楽家であり、スイス・アルプスの高級リゾートホテルで余生を過ごしています。そのホテルにはフレッドの親友の映画監督ミック。ロボット映画があたったハリウッド・スターのジミー。サッカー界のカリスマ。。マラドーナそっくりだし(笑)そしてミス・ユニバース。
栄光を極めた人間がリタイアしたり、心を癒しにくるホテルなのかね~

「シンプル・ソング」の作曲者として栄光を極めたフレッドは、「シンプル・ソング」の再演を封印することで、
絶頂期の自分と自分が愛したものを永遠に凍結する道を選びます。
女王の前だろうとなんだろうとこの曲は愛する人への曲だからってなくなっているのかと思ったら、
おいて生きてるんだよね~ベニスで。それよりも、これは好きだった男への曲だったのか??
んーーーーーそれによってとにかく傷つけた妻と娘。。。
それを自分が直視することができなかっただけなんだって思った。
でも、結局は音楽にしか自分の生きる道はないことを思い知らされたフレッドは、
指揮をすることを決意するんだよね。

なんか人生の頂上をのぼりつめた先って何があるんだろうって思うけど、
この栄光が重荷になって苦労するだけになるし。。。その途中で力つきる人もいる。
ひきぎわって本当にむずかしいな~って思ってしまいます。

この映画自体もむずかしい。なんか哲学的なものかんじるんだけど、
まだまだ私がその域にたっしてないからか、なになになに?って感じで終わっているところもあるんだよね~

マイケル・ケインはやっぱり素敵だわっておもったな~
そして映像と音楽が素敵だったな~

Nakajiの満足度 ★★★(3.5) 7/1  劇場鑑賞 39 作
グランドフィナーレ [Blu-ray]
マイケル・ケイン,ハーヴェイ・カイテル,レイチェル・ワイズ,ポール・ダノ,ジェーン・フォンダ
ギャガ

【早期購入特典あり】グランドフィナーレ(非売品プレス付き) [Blu-ray]
マイケル・ケイン,ハーヴェイ・カイテル,レイチェル・ワイズ,ポール・ダノ,ジェーン・フォンダ
ギャガ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のランチ ユニコネルモ... | トップ | 教授のおかしな妄想殺人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
グランドフィナーレ (試写会) (風に吹かれて)
老人にとっての未来と過去 公式サイト http://gaga.ne.jp/grandfinale4月16日公開 監督: パオロ・ソレンティーノ  「グレート・ビューティー/追憶のローマ」 世界的にその