C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。最近は食レポ多いです。

人生、ここにあり!

2012-01-23 20:37:54 | CINEMA(さ)
人生、ここにあり!
'08:イタリア


◆原題:SI PUO FARE
◆監督:ジュリオ・マンフレドニア
◆出演:クラウディオ・ビジオ、アニタ・カプリオーリ、ジュゼッペ・バッティストン、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ

◆STORY◆1983年のイタリア、ミラノ。新しく制定されたパザリア法により精神病院が閉鎖され、行き場を失った元患者たちは、病院付属の「協同組合180」に集められ、慈善事業という名目の単純作業をしながら無気力な日々を送っていた。一方、労働組合員のネッロは熱心すぎる活動がたたり、「協同組合180」への異動を命じられる。ネッロはさっそく元患者たちに仕事をする事の素晴らしさを伝えるべく、「床貼り」の作業を提案するのだが…


バザーリア法の制定により、精神病院廃絶法により実社会へと放り出された、
元患者達の労働組合を結成し、床貼り事業を立ち上げるという実話をベースに、
描かれた作品です。
本国イタリアでは動員数40万人超、54週ロングランの大ヒットを記録し、
イタリア・ゴールデングローブ賞を受賞したそうです。

いやーーーこの映画面白かったというか、見てよかったな~って思いました。
なんか精神病棟の話?ってだけで、重くて涙涙の映画なのかって思ったけど、
これがいかにもイタリア人ぽいというか、
明るさくユーモアたっぷりで描かれているから、みてて暗い気分にはならないんだよね~
だけど、ちゃんと訴えかけてくるところはちゃんと描かれている。

「精神を病んだ人が、社会で適応していけるのか?」
「周囲の人々が彼らを受け入れていけるのか?」

精神病というだけで、まず仕事がないんだよね~
まあ仕事を与えるほうも、なんかが起こってからでは遅いって思っているから、
はじめから、あとさわりのない仕事をって感じで慈善事業なんだよね~
彼らは、稼ぐって意識がないし、仕事に対してやりがいがないから、
たんたんと無気力な日々をおくっているんだよね~
檻にいれて毎日無気力でただ生きていくというほうがいいんだろうか。。
私は、やっぱり人はやりがいを与えると、何とかなるというか、
やればできるってって思うから、傷つくことがあっても、
恐れずに前にでていってほしいと思う。
自分がここにいる意味というか、役割を与えると責任感も出てくるし、
精神病の人だからって、人とつながりをなくすようなことはダメだなって思う。
人とのつながりをもって人間は生かされていると思うしね~
また患者に係る人も意識をかえないといけないよね。
精神を患っているから、「かわいそう」「哀れ」って思うんではなく、
偏見をすてて、この人たちと向き合うことからはじめないとって思いました。

原題のSI PUO FAREは、“やればできるさ!”
この映画を見てると希望がわいてきたな~

Nakajiの満足度  ★★★★(4.0)劇場4作目

Si Puo' Fare
Wea
Wea

Si Puo' Fare
Wea
Wea
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スープカレー マルナ@高岡市 | トップ | きみはペット »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2012-01-24 22:34:17
面白いだけでなく、色々と考えさせられる一本でした。
私も親戚に統合失調症を抱えた人がいるので、何か日本でも出来ないのかなあと羨ましくなったり。
ちょっとお下品なところもあるけど、学校で見せたりして欲しいと思いました。
Nakajiさん☆★ (mezzotint)
2012-01-24 23:51:01
今晩は☆彡
わあ~!gooへようこそ
お引っ越しされたとは知りませんでした。

イタリアはなかなか画期的だと思います。
日本じゃあちょっと考えられないですね。

ブックマークにも登録ありがとうございます。
こちらにも登録したいと思います。
ノラネコさんへ (Nakaji)
2012-01-26 09:17:13
たしかに学校でみせてあげてほしいですね!
なんかいろんなこと考えさせられる映画だったな~って思います。
mezzotintさんへ (Nakaji)
2012-01-26 09:19:44
引っ越ししちゃいましたまだなれてないのですが
よろしくお願いします

イタリアだからこんなこともできるって感じでしたね~日本だといろんなことで問題にされて、何もかわらないっていつものパターンになりそうですよね~
おそくなりまして (sakurai)
2012-01-26 11:51:30
すいません!
めまいが止まらず、頭がもやもやで、困ったもんです。
あの患者さんたちも、無用な薬を飲まされて、もやもやしてたでしょうね。
日本とイタリアの違いもあって、即参考に出来るかといえば、難しいでしょうが、いろんな示唆がありましたね。
お見事な一本でした。
sakuraiさんへ (Nakaji)
2012-01-27 08:00:21
大丈夫ですか~?
おからだお大事にしてくださいね!

ほんとにおみごとな映画でしたね~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CINEMA(さ)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
人生、ここにあり! (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Si Puo Fare(やればできる)。ジュリオ・マンフレドニア監督、 クラウディオ・ビジオ、アニータ・カブリオーリ、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ、 ...
人生、ここにあり!/クラウディオ・ビシオ (カノンな日々)
本国イタリアでは大ヒット、ロングランを記録したという作品です。劇場鑑賞は無理そうでDVD待ちにしていたらチネチッタでも上映されることになって劇場鑑賞することが出来ました。 ...
人生、ここにあり! (だらだら無気力ブログ!)
素敵な作品だった。
人生、ここにあり! (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Si Puo Fare - 映画ポスター - 11 x 17人は誰もが自分らしく生きる権利を持っている。精神病院を廃止したイタリアで起こった実話を元にした良作だ。1983年、ミラノ。労働組合員のネッロは、 ...
映画『人生、ここにあり!』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
ヤフー映画のユーザーレビュー評価で「午前十時作品」と並んで 堂々ベスト10入りしていたので、ずっと気になっていました。
人生、ここにあり! (映画の話でコーヒーブレイク)
イタリア映画といえば、昔は華やか~でした。 ソフィア・ローレンやマストロヤンニ、ジーナ・ロロブリジタ、クラウディア・カルディナ―レ、 ロッサノ・ブラッツイにジュリアーノ・ジェンマ、皆さんハリウッド映画によく出演しておられたので 多くの俳優さんや監督の名前...
ヨーロッパ推奨映画(2)人生、ここにあり! si puo fare イタリアワインのように味わい深い人生コメディ  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
優れたヨーロッパ映画を続けて×4も観たので、その感想シリーズ。 今日は、その第二弾を。 前作同様、実際にあった話を映画化。 1980年代のイタリア、ミラノ。 正義感が強いがゆえに異端児扱いされ、突然 左遷された労働組合員 ネッロ(写真、右) わけもわからず、異...
[映画『人生、ここにあり!』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆八王子シネマで公開されていて、なかなか時間が合わなかったのだが、やっと観れた!  しかも、偶然にも、初めて「メンズデー(男1000円)」なる日にあたったゾ^^  とてもいい作品だった。  話は、あまりにも激しく真摯過ぎる組合活動を続けてきた主人公ネッ...
人生、ここにあり! (てるてるブログ)
試写会で観てきました。 精神病院が閉鎖され社会に出された患者たちの挫折と自立を「やればできる!」をテーマに描いたイタリア映画。 「自由こそ治療」と言う精神のもとに社会に出された精神病患者たち。 とは言え、社会から隔離されていた患者たちがいきなり社会に出て...
人生、ここにあり! (シネマ日記)
1978年にバザリア法というものが公布されたイタリア。精神病院を廃止して、地域の精神保健サービス機関で精神病患者のケアが始まる。1983年、ミラノ。熱心だが過激すぎて労働組合を追い出されたネッロクラウディオビシオは、精神病院を追い出され行き場のなくなった患者た...
映画・人生、ここにあり! (読書と映画とガーデニング)
2008年 イタリア原題 Si Puo Fare(やればできるさ!) 1978年、イタリアで制定されたバザリア法により次々と精神病院が閉鎖されました「自由こそ治療だ」という画期的な考え方から、病院に閉じ込められ人間らしい扱いを受けてこなかった患者たちを一般社会で生活さ...
人生、ここにあり! (映画と本の『たんぽぽ館』)
適材適所。やればできるさ。               * * * * * * * * 1978年、イタリアでバザーリア法という法律が制定され、精神病院が撤廃されました。 患者達を地域に戻し、一般社会で暮らせるようにしたもの。 この作品は、そうしたことを背...
人生、ここにあり!・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
イタリアには、精神病院が無い。 1978年に制定された“バザリア法”によって、それまで病院に閉じ込められ、人間的な扱いを受けていなかった人々が一般社会に戻ってきた。 「自由こそが最良の治療」という革新...
『未来を生きる君たちへ』『人生、ここにあり!』をギンレイホールで観て、いいカップリングよのうふじき★★★,★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『未来を生きる君たちへ』 五つ星評価で【★★★この語り口の上手さはどうだろう。この殴られてない感はどうだろう】 とってもいい話だが、何か「感動でぶん殴られた感」が ...
人生、ここにあり(2008)▽▲SI PUO FARE (銅版画制作の日々)
ネロと9人の仲間たち                    やれば、できるさ!! 未来は自分で照らすのさこれは、イタリアで始まった本当の“しあわせ革命” 評価:+5点→65点 京都シネマにて鑑賞。 本国イタリアでは動員数40万....
人生、ここにあり! (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
イタリアで法律によって精神病院が閉鎖された実話をもとに作られたコメディ。病院を出た元患者たちと労働組合員が一体となって困難を乗り越え、前向きに生きていく姿を描く。出演 ...
人生、ここにあり! (迷宮映画館)
真正面から取り上げることの難しい題材を、多方面から写した見事な一本!
★ 『人生、ここにあり!』 (映画の感想文日記)
2008年。イタリア。"SI PUO FARE".   ジュリオ・マンフレドニア監督・脚本。  イタリアで1978年に制定された精神病院廃絶法によって、社会の中で生きることと労働を義務づけられた精神病患者たちの協同組合の記録をもとにした、実...