C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。最近は食レポ多いです。

シング・ストリート 未来へのうた

2016-12-15 21:34:21 | CINEMA(さ)
シング・ストリート 未来へのうた
'16:アイルランド=イギリス=アメリカ


シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディション [Blu-ray]


◆原題:SING STREET
◆監督:ジョン・カーニー「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」
◆主演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボイントン、ジャック・レイナー、マリア・ドイル・ケネディ、エイダン・ギレン、ケリー・ソーントン、ベン・キャロラン、マーク・マッケンナ、パーシー・チャンブルカ、コナー・ハミルトン、カール・ライス、イアン・ケニー、ドン・ウィチャリー

◆STORY◆1985年、ダブリン。折しもの大不況により父親が失業し、14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は荒れた公立校に転校させられる。家では両親のけんかが絶えず、音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけが幸せだった。ある日、街でラフィナ(ルーシー・ボイントン)を見かけたコナーはその大人びた美しさに一目で心を打ちぬかれ、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。コナーは慌ててバンドを組み、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを製作すると決意する。

『ONCE ダブリンの街角で』などで知られるジョン・カーニー監督の半自伝的青春ドラマです。
1980年代のアイルランド・ダブリンを舞台に、さえない日々を送る14歳の少年が一目ぼれした少女を振り向かせるためバンドを組み、音楽活動に没頭する姿を描きます。

この時代。。。もてたいでバンド組む人多かったよね(笑)

この頃のイギリスってちょっとすごかったよね。80年代ロックって!!!!
そして、80年代半ばのダブリンが舞台だから海を渡ればすぐイギリス。
でも、近いけど遠い。。。そんなロンドンに憧れと、近いのになかなかたどり着けないもどかしさって感じが描かれててかなり好きだったな~

なんかイギリスにあこがれる彼女の心を奪おうと始めたバンドなのに、彼の生活の一部になり、
作詞・作曲がすごくいいんだよね~そしてイギリスに行きたいって自分自身の夢にもなってんだよね~
両親の離婚、そして家族のいざこざ。。。学校の理不尽な規則。そんな現実から逃げたいっていうか、
自分の新しい人生を飛び出す手段に音楽ってすばらしいな~って思ってしまう。
まあ、この時代みんながあこがれたんだろうな~

ジョン・カーニー監督は、Nakajiと同年代なんだよね~~
だから劇中の音楽がドンピシャ!もうミュージックビデオが懐かしすぎて・・・・
ザ・キュアー、a-ha、デュラン・デュラン、ザ・クラッシュ、ホール&オーツ、スパンダー・バレエ、ザ・ジャムなどなど。
作ってるミュージックビデオはデュラン・デュランぽいな~とかさあ、もう一人でニヤニヤ!
そして・・兄ちゃんの言葉だったかな??
「フィル・コリンズが好きな男に女は惚れない」って言葉は最高だったな~(笑)
本当に兄ちゃんが最高!!!!手厳しくも良きアドバイザー!!
知識も豊富だし、まあ偏ってるかもしれないけど、意見も的確(笑)最高だったね。

彼も飛び出したかったんだろうな~でも両親に呼び戻され、だからこそ、弟を応援したり、叱咤したり、
でも、弟の門出を誇らしくもあり、この街から世界に飛び出せって思ったんだろうな~

新しい人生、「前へ進め」って海にとびだすのがよかったな~この映画お気に入りの1本になりそうです。

Nakajiの満足度 ★★★★(4.5) 10/1  劇場鑑賞 73 作
シング・ストリート 未来へのうた プレミアム・エディション 初回限定生産 [Blu-ray]
フェルディア・ウォルシュ=ピーロ,ルーシー・ボイントン,ジャック・レイナー,エイダン・ギレン,マリア・ドイル・ケネディ
ギャガ

シング・ストリート 未来へのうた
ジョン・カーニー,グレン・ハンサード,アダム・レヴィーン,カール・パペンファス,ケン・パペンファス,ザモ・リッフマン
ユニバーサル ミュージック
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裸足の季節 | トップ | グッドモーニングショー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (maki)
2017-05-14 21:41:22
作詞と作曲がとても思春期の少年とは思えないような
完成された出来で、
凄く良かったですね!
色々悩む事が多くてそれをぶつけたってわりには、
子供っぽくなかったです。

この前の「はじまりのうた」も良かったですが、
こちらも素敵でしたね!
>makiさん (Nakaji)
2017-05-16 21:28:15
この映画大好き!!!!
本当に完成された出来でしたよね~!!!!
私はこっちのほうが好きだったかも!!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CINEMA(さ)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【cinema】『シング・ストリート 未来へのうた』 (・*・ etoile ・*・)
2016.07.22 『シング・ストリート 未来へのうた』鑑賞@ヒューマントラストシネマ有楽町 試写会応募したけどハズレ最近ホント当たらない・、λ チェッ 評判良くて気になったので、...
シング・ストリート 未来へのうた (あーうぃ だにぇっと)
シング・ストリート 未来へのうた@よみうりホール
シング・ストリート 未来へのうた (試写会) (風に吹かれて)
悩み多き思春期をバンドで吹き飛ばせ! 公式サイト http://gaga.ne.jp/singstreet7月9日公開 監督: ジョン・カーニー  「ONCE ダブリンの街角で」 「はじまりのうた」
シング・ストリート 未来へのうた/SING STREET (我想一個人映画美的女人blog)
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督最新作 80年代のアイルランド、ダブリンを舞台に描く青春音楽映画 デュラン・デュラン、A-ha、ザ・クラッシ......
「シング・ストリート 未来へのうた」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
監督の実体験を織り込んだ映画とのこと。  この時代の音楽に思い入れが強かった為、82年と85年についてグダグダと書き過ぎてしまいました・・・。