NEW WORKS

最新のWORKSを紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『マジカル★ストリート 魔法のスープめしあがれ』(日本児童文学者協会編・偕成社)

2012年05月22日 | 日記


『マジカル★ストリート』シリーズの第5巻です。

 このアンソロジーは、一冊に7編の作品が収録されています。

 私の作品は『魔法使いキュキュ』シリーズの第一話です。

 このアンソロジーは、石井睦美さん、川北亮司さん、みおちづるさん、加藤純子で編集しました。

この記事をはてなブックマークに追加

『マジカル★ストリート 学校の魔法使い』〔日本児童文学者協会編・偕成社)

2012年05月22日 | 日記


『マジカル★ストリート』シリーズの第10巻です。
このシリーズは一巻に7編の作品が収録されています。
私の作品は『魔法学校のおちこぼれ』、魔法使いキュキュシリーズの第二話です。
このアンソロジーは、石井睦美さん、村山早紀さん、最上一平さん、加藤純子で編集しました。

この記事をはてなブックマークに追加

『飛ぶ教室26』(光村図書)

2012年05月22日 | 日記


 物語の悦びというテーマで、45人の作家の書き下ろし作品が収録されています。
私の作品は『じまんごっこ」が収録されています。

この記事をはてなブックマークに追加

『飛ぶ教室26』(光村図書)

2012年05月22日 | 日記


この号では書評を担当しています。
絵本は 及川賢治(100%ORANGE)さん。
児童書は 加藤純子
YAは 金原瑞人さん。
大人の本は 穂村弘さんです。

この記事をはてなブックマークに追加

『飛ぶ教室27』(光村図書)

2012年05月22日 | 日記


この号では書評を担当しています。
絵本は 及川賢治(100%ORANGE)さん。
児童書は 加藤純子
YAは 金原瑞人さん。
大人の本は 穂村弘さんです。

この記事をはてなブックマークに追加

『25の小さなおはなし』(後路好章編・山脇百合子絵・角川つばさ文庫)

2012年05月22日 | 日記


昨年、毎日新聞全国版に掲載された小さなおはなしが、25編収録された児童文庫です。
25人の作家による競作です。
私は『はいけい まみこちゃんへ」を書いています。

この記事をはてなブックマークに追加

雑誌『日本児童文学』1~2月号(日本児童文学者協会/小峰書店) 特集:追悼・後藤竜二

2012年05月22日 | 日記


ここに「後藤竜二の残した言葉」というエッセイを書いています。
今は亡き、作家・後藤竜二への思いのこもった一冊です。
悲しみと、熱い思いと、そんな後藤竜二へのさまざまな思いが、
この本に思いきり込められています。

ぜひご一読下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

『飛ぶ教室 24』(光村図書)

2012年05月22日 | 日記


今号の特集は『女性作家競作』
なかよしの作家、にしがきようこさんや、河合二湖さんなども作品を発表しております。

私は児童書の書評を書いております。
絵本担当は、及川賢治(100%ORANGE)さん
YA担当は、金原瑞人さん
大人の本担当は、穂村弘さんです。

ぜひご一読ください。

この記事をはてなブックマークに追加

『ただいま和菓子屋さん、修業中!!』 (そうえん社)

2012年05月22日 | 日記


ハッピーお仕事シリーズです。
亡くなったお母さん譲り、お菓子作りが好きな
男の子が、老舗の和菓子屋さんを好奇心から、
お茶の先生のおばあちゃんに連れられて訪ねます。
若いヤンキー上がりの和菓子屋さんの主人は、
菊の練り切りを作らせたら天下一品。
だれがなんと言おうと、一年中、菊しか作り
ません。
ではなぜ菊なのか、その動機を、主人公の「タク」は和菓子屋さんの奥さんから聞かされます。
あまりにもうつくしい菊の練り切りを見た「タク」は、ヤンキー上がりの和菓子屋さんのこだ
わりを知ります。そして、自分にとっての菊と
はなんだろうと考えます。
あれこれ苦闘の末、「タク」が生み出した和菓子は・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

『きらきら宝石箱』第一巻 (日本児童文学者協会編・文溪堂)

2012年05月22日 | 日記


プリンセスがいっぱい5つのお話
私は「おてんば姫と魔法つかい」という作品を書いています。

他には、丸山美幸さん、藤真知子さん、森川成美さん、村山早紀さんの作品が掲載されています。

これは全5巻からなるシリーズで、編集委員は、藤真知子さん、村山早紀さん、加藤純子が担当しています。

この記事をはてなブックマークに追加

「飛ぶ教室」22 (光村図書)

2012年05月22日 | 日記



夏号と冬号の児童書の書評を担当していいます。

この記事をはてなブックマークに追加