20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

バランスポール(ストレッチポール)

2013年11月30日 | Weblog

          

 過日、日本ペンクラブの子どもの本委員会のあとの飲み会のとき、フランス文学の翻訳家のKさんと、事務局のMさんから『バランスポール』のことを教えていただきました。

 いつもパソコンに向かい続けている物書きにとって、肩凝りは職業病のようなものです。

 

 私も近所の中国人の女性の経営している整骨院で、鍼灸・マッサージなどをときどきやっていただいておりましたが、効果はせいぜい3日・・・。

 またすぐ肩が凝ってきます。

 低周波治療器を買って、お風呂上がりにやってみたり・・・。あれこれ試してはいますが、どうもいまひとつ物足りません。

 「バランスポール」ならぬ「バランスボール」は,しばらく前流行したとき買って、その上に座ったりしてみました。けれど効果のほどがわかりません。

 しかし日々の肩凝りを考えると、「よかれと思うものはなんでも試そう」精神がないと、なかなか闘いに勝てません。

 さっそく、その「バランスポール」を買ってみました。

 その上に寝て、腕を上下させたり、肩甲骨の運動をしたり・・・。

 なかなかいいです。

 DVDも入っていて、それを見るともっといろいろチャレンジできそうです。

 

 近頃は「あ~、肩が凝った!」と思うと、バランスポールに寝ます。

 しばらくすると、肩がすっと楽になっている・・・。

 と、私がそんなことを言っても、さまざまな健康器具マニアの発言には、説得力がありませんか・・・?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4人会

2013年11月29日 | Weblog

          

 今夜は業界の仲良し、女子会+男子1人の4人会です。

 銀座のコリドー通りにあるお店で、飲んだり食べたりしゃべったり・・・。

 

 忙しい人ばかりなので、なかなかちょくちょくは集まれませんが、今夜はちょっと早めの忘年会。

 お酒の力を借り、仲良し4人組は、今宵も言いたい放題で夜が更けていくでしょう。

 

 銀座の夜は、そろそろ冬のコートの出番です。

(マップはネットからお借りしました)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本ペンクラブの声明

2013年11月28日 | Weblog

●「特定秘密保護法案の衆議院特別委員会強行採決に抗議する声明

 本日、政府与党と一部野党は衆議院特別委員会において特定秘密保護法案を強引に採決した。

 私たち日本ペンクラブはこれに対し、深い失望を覚えるとともに、大いなる怒りを込めて抗議する。

 政府行政の恣意によって広範な「特定秘密」を指定することを可能にするこの法案が、市民の知る権利を侵害し、行政情報の透明化の流れに逆行することを、私たちはくり返し指摘してきた。為政者にとって不都合な情報を隠蔽し、ジャーナリズムや作家、研究者、表現者と市民による秘密への接近を厳罰をもって規制することは、この社会の内部にも、近隣諸国とのあいだにも疑心暗鬼と敵対感情を生じさせ、不穏な未来をもたらすだろう。

 私たちはこの間、衆議院の審議を注意深く見守ってきたが、この法案の成立をめざす政府与党と一部野党議員らのつたなく、杜撰な対応に唖然とするしかなかった。かつてこのような秘密保護法制を持ったこの国の悲惨な歴史と、いまも同種の法制を持つ国々の現状に関する無知は目を覆うばかりであった。

 今後、衆議院本会議の進行次第では、この特定秘密保護法案は参議院の審議に付されることになるが、私たち日本ペンクラブは、「良識の府」たる参議院の議員諸氏によって本法案の不当性が明らかにされ、廃案とされることを強く求めるものである。
 2013年11月26日
一般社団法人日本ペンクラブ 会長 浅田次郎

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三の酉

2013年11月28日 | Weblog

         

 三の酉まである年は火事が多いと、昔から言い伝えられています。

 昨日は、その三の酉でした。

 いつもは会議などにいくのにバスにのって、横目で富岡八幡宮の酉の市を見ながら通りすぎるのが関の山。

 でも酉の市といったら浅草の「鷺神社」(おおとりじんじゃ)が有名と聞いていたので、昨日は時間を作って、物見遊山で浅草まで出かけてきました。(写真↑)

          

 酉の市は、樋口一葉の『たけくらべ』にも、

『此年三の酉まで有りて中一日は津ぶれしか土前後の上天気に鷲神社の賑わひすさまじく、此処をかこつけに検査場の門より入り乱れ入る若人達の勢ひとては天柱くだけ地維かくるかと思はるる笑ひ声のどよめき・・・・』

 と、出てくるくらい,庶民の暮らしには馴染みのある行事です。

 まずは神社のおとりさまである「鷺神社」を参拝し、「かっこめ熊手守り」という、江戸時代から伝わっている開運招福の熊手を買うというのが参拝コースらしいです。

 私もそれに習って、我が家の分と、息子の家の分、娘の家の分と3つ買ってきました。(写真↑)

 小さな竹の熊手にたわわに実る稲穂をつけたお守りで、福をかっ込むという江戸っ子らしい洒落の効いているお守りです。

          

 そのあと、お隣にあるお寺のおとりさまである「酉の市長國寺」を参拝します。(写真↑)

「長國寺」ではおみくじも引きました。

「吉」でしたが、すばらしい内容の「吉」でした。

 こうして一度に、神社とお寺をお参りできるのは、深川にある「富岡八幡宮」と「深川不動尊」も同じです。

 

 路地には、酉の市名物の立派な熊手のお店が目白押し。

 しゃんしゃんと手締めがあちこちで行われています。

 有名政治家や芸能人の名前も貼り付けてあります。

         

 今どきな感じの猫ちゃんとおかめさんの熊手などもありました。(写真↑)

 こんな伝統の世界も、変容しつつあるようです。

 夜にはきっと、すごい人混みなのでしょう。

 

 そうそう、鷺神社のおむかいにあるお寺の入り口がすごい人だかり。

 なにかしらと思いつつ通りすぎ、夕方のニュースで知ったのですが、中村勘三郎さんの一周忌法要が行われていたらしいです。

 勘三郎の納骨の儀は、三の酉の賑わいのなか・・。まさに彼らしい一周忌だったのではないでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

網のなか

2013年11月27日 | Weblog

          

 鉄条網ならぬ、網のなか。 

 正真正銘、ただいま網のなかに閉じこもった暮らし、真っ只中です。

 前を見ても、横を見ても、網、網、網・・・。

 毎日、まるで鉄条網のなかにいる気分です。

 

 でもどうやら我が家の一角がいちばん、工事が進んでいるようです。

 ということは、網の中の生活も、いちばん早く解消されるのか・・・。

 希望的観測を抱きながら、毎日ポストに入ってくる工事進行のチラシを見ながら、春がやってくることをひたすら待ち望んでいる日々です。

(ブラインドをおろす前に、パチリと)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一色悦子さん、お祝い会

2013年11月26日 | Weblog

          

 友人の作家の一色悦子さんが、このたび『さよならのかわりにきみに書く物語』(随想舎)というご本をご上梓されました。

 今夜は、そのお祝い会が池袋の「自由学園・明日館」で行われます。

 

 一色さんの作家としてのデビューは、もうずいぶん前になりますが、お祝い会をおやりになったことがないということで、今回ははじめての出版記念パーティです。

  この作品は、田中正造の谷中村と、3・11後の福島・双葉町との共通する問題をノンフィクションとフィクションを入れ混ぜながら書かれた、一色さんの問題提起のつまったご本です。

 

       

 お祝い会場である自由学園・明日館は、フランク・ロイド・ライトの設計した、とても雰囲気のある、ステキな建物です。↑

 (写真はサイトからお借りしました。みょうにちかん、と読みます)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カマツカ(バラ科)

2013年11月25日 | Weblog

         

 お花屋さんにあった赤い実。

 カマツカと言うそうです。

 ほんとうに大好きです。赤い実。

 

 今日は夕方から、茅場町の日本ペンクラブで、「子どもの本」委員会です。

 国際ペンクラブでは、「特定秘密保護法案」反対の声明文を出しました。

 24日には「特定秘密保護法に反対する表現者と市民のシンポジウム」が、日本ペンクラブ、メディア総研、マスコミ文化情報労組会議、憲法と表現の自由を考える出版人懇談会、日本ジャーナリスト会議(JCJ)、アジア記者クラブ、『世界』編集部、『週刊金曜日』編集部、月刊『創』編集部、などの言論人が中心になって開催されました。

 明日にも衆議院を通過させそうな気配です。行動が急がれます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サバティーニ・ディ・フィレンツ

2013年11月24日 | Weblog

          

 銀座の老舗イタリアンというと、「サバティーニ・ディ・フィレンツ」と「エノティカ ピンキオーリ」です。

「エノティカ ピンキオーリ」の方は,残念ながら数年前にクローズしてしまいましたが。

 今日はひょんなことから、夫と二人、そのサバティーニでご馳走していただくことになりました。

 

 サバティーニに行くのは何年ぶりでしょう。

 近頃は銀座でも、モダンでライトなイタリアンばかりでしたので、久しぶりにガツンとした本場イタリア・トスカーナ料理を堪能させていただきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おはなしエンジェル子ども創作コンクール

2013年11月23日 | Weblog

          

 今日は、午後から神楽坂の出版クラブで「子ども創作コンクール」の贈呈式が行われます。

 最優秀おはなしエンジェル賞をはじめ、金のエンジェル賞、銀のエンジェル賞を受賞した子どもたちが、全国から21人やってきます。

 親御さんやご兄妹もご一緒で、毎年とてもアットホームながら賑やかな贈呈式です。

 子どもたちのしなやかな発想から生まれた作品が、今年も勢揃いしています。

 

 終了後は、毎年恒例の忘年会。

 ちょっと早いですが、児文芸・児文協・くもん出版のみなさんと、神楽坂で、お疲れさま会を兼ねて行います。

(写真は、入賞者にプレゼントされる、画家の方々に依頼して描いていただいた入賞作の絵。これとクリスタルの盾。図書券などが贈呈されます。くもん出版のサイトからお借りしました)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉

2013年11月22日 | Weblog

          

          

 ここ数年、近所の公園では目の覚めるような、真っ赤なモミジを見ることができまません。

 どことなく、赤がくすぶった色をしています。

 桜の葉っぱも、やっと色づいたと思ったら、もうちらほらと落葉がはじまっているし・・・。

 

 秋の心地いいひとときはいっときで、晩秋の朝晩の空気はすでに冬のように冷たいです。 

 近頃は、四季の「秋」が、いつもせわしなく駈け足で通りすぎていきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加