20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

健康診断の季節

2013年08月31日 | Weblog

           

 毎年7月には、体のチェックを行っています。

 腹部エコーと、頸動脈エコー、その他は一般の健診と一緒です。

 

 けれど今年は娘の出産で慌ただしかったため、その健診を8月に行いました。

 こうして健診を行うことで、また一年がんばれます。

 

 そう言えば健診の日、待合室で74歳の女性にお声をかけられました。

「なんの検査をしていらっしゃるのですか?」

「腹部エコーです」

「それってどういう検査ですか?」

 訊ねられるままに、お話していると、その方はご自分のことを話し始めました。

「私は山登りをしているんです。このあいだも、北アルプスに、友人ふたりで登ってきました。山登りには足が命です。だから、毎年下肢静脈エコーと、突然、山で脳溢血で倒れて、皆さんにご迷惑をおかけしないように、頸動脈エコーを受けているんです」

 74歳とおっしゃる方が、お元気そうなお顔でそう話していました。

 山登りをして、まわりの人に迷惑をかけないために健診を受ける。

 実に目的意識のはっきりした、いさぎよい健診方法です。

 74歳で山登りをしていらっしゃることもステキですが、迷惑をかけないためにと、きちんと健診を受けていらっしゃるその方の生きる姿勢もステキです。

 それにしても74歳で、女ともだちとふたりで北アルプス踏破。

「あのね、実は滑落して、背骨の圧迫骨折もしているんです。いまでもほら、コルセット」

 目を丸くして驚いている私を尻目に、その方はお茶目な笑顔をむけると、検査室に入っていきました。

 

(写真は、公園の藤棚)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にこにこ夕焼け

2013年08月30日 | Weblog

        

 ふと窓の外をみたら、夕焼けがにこにこしています。

 こちらまで、つられてにこにこ。

 にこにこって、なぜか人の心に伝染します。

 地下鉄の中でみた赤ちゃんの笑顔や、小さな子どもの突拍子もない話・・・。

 知らない者同士で、顔を見合わせ、ついにこにこしてしまいます。

 

 雲が、にこにこのお目々。

 夕焼けが、笑ったお口。

 明日も、こんな日だといいなと、思いながら・・・。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

地元小学生のデザイン

2013年08月29日 | Weblog

         

 お風呂上がりに仕事部屋の窓の外をみると、東京スカイツリーがいつもと違う色をしています。

 ネットで調べると、地元の小学生が「明るい未来」というテーマでデザインしたライティングだそうです。

「明るい未来」

 色はオレンジ色です。

 その小学生の願いのように、ほんとうに明るい未来になってほしいものです。

 このライトアップは、9月7日までで、その後は通常のライティングに戻るそうです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

香炉

2013年08月28日 | Weblog

        

 ときどき、お香を焚きます。

 なので、デパートへいくと、つい香炉やお香売り場に足が向かっています。

 かすかに漂うお香の香りと、しんとした静寂。

 ちょっとした異空間です。

         

 先日は、朝鮮の焼き物も見てきました。

 大ぶりの白磁の壷。

 見るだけで壮観です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

祭り囃子

2013年08月27日 | Weblog

         

 先日の日曜日。

 開け放した窓の外から、祭り囃子の笛の音が聞こえてきました。

 お祭り?

 あわててベランダに飛び出してみると、建物や木々の隙間から、お神輿が・・・。

 おもいっきりズームで撮りました。

 

 どうやら地元のお祭りのようです。

 夏しぐれのふりしきる中での、夏の終わりのお祭り。

 真夏のすかっとした暑さのしたでのお祭りとは、どこか違うさみしそうな風情が漂っています。

 祭り囃子の音色まで、賑やかさの中に切なさを感じさせます。

 地元の人たちにとっては、年に一度のお祭り。

 過ぎゆく夏を惜しみながら、祭り囃子は夜遅くまできこえていました。

 

 今日は午後から、神楽坂の日本児童文学者協会事務局で、部長・委員長会議です。

 年に一度、理事会のない8月に行われる会議です。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゲラン

2013年08月26日 | Weblog

          

 ここ数年、気にいって使っているリップスティック。

 ゲランの深い赤です。

 いろいろなブランドを探し歩いて、やっと見つけたお気に入りだったのです。

 ところが、このゲランのキスキスシリーズが廃盤になると言われ、お店にあるだけ大人買いをして、買い占めていたのですが、それがとうとう底をつきはじめていました。

 同じく赤のリップをつけている友人に、買い占めた内の1本をプレゼントしたら、すごく喜ばれ、彼女もそれ以来このリップしか使っていないと話していました。

「でも、もうデパートで売っていないでしょ?」と、聞くと、

「海外のデューティーフリーにはあるわよ」と・・・。

 

 また新しいリップの色を、新たに開拓しなくてはと思うと、少々うんざりしていました。

 でも友人がデューティフリーにはあるというのだからと、ものは試しにと日本橋の高島屋のゲランに行ってみました。

「ありますよ。まだかなりの在庫がありますから大丈夫です」と、あっさり買えたではありませんか。

 あの情報は、いったいなんだったのでしょうか?

  おまけに、近頃ちょっと飽きていたフレグランスの香りを、一新させてくれるような試供品までくださったのです。

         

 なんだか昨日は、ネイティヴ・アメリカンのナンシー・ウッドよろしく『今日はお買い物にもってこいの日』でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オルゴール展

2013年08月25日 | Weblog

        

 いま日本橋の丸善で、「オルゴール展」を行っています。

 スイス・リュージュ社製のオルゴールを中心に展示してあり、奏でる音色を聴かせてくれます。

 

 まだ暑さの残る、初秋。

 すてきな時間でした。

 8月27日(火)までです。

 ご興味のある方はぜひ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リアル本屋さん。

2013年08月24日 | Weblog

         

 必要な本を探しに、ときどき写真↑の図書館に行きます。

 家の近くには、大きな図書館がふたつあります。

 でもちょくちょく行くのは、我が家から徒歩5分のところにある、この図書館です。

 夏休みは、子どもたちがたくさんやってきて本を読んでいます。

 夕方に行くと、大人たちも涼みながら、本や雑誌を読んでいます。

  図書館でむさぼるように本を読んでいる子どもたちや大人を見ると、うれしい気持ちになります。

 

 でも一転、近所のスーパーの3階に入っている本屋さんに足を運んでみると、いつも閑散としています。

 児童書の、夏の課題図書や推薦などの本がたくさん並んでいるところにも、人影はまばらです。

 本を探している親子は、せいぜい1組か2組。

 近頃は、ネットの本屋さんに行ってしまうのでしょうか。

 たしかに手軽に買えるので、私もついAmazonを利用してしまうこともあります。

 けれど、AmazonのCEOが個人的に業績悪化のワシントンポストを買収したという新聞記事を読んだりすると、その先に見えてくる文字活字文化の危機を感じてしまいます。

 図書館でリアルに本を手にとって読んでるように、本屋さんにも実際に足を運び、手に取り、好きな本を見つけてほしいと願ってしまいます。

 図書館で本を読んでいる子どもたちは、自分ですきな本を見つけ出す喜びや、ページを繰ったときの感触を知っています。

 ですからこんどは本屋さんに足を運び、新しい本のにおいを嗅ぎながら、本を見つける喜びを味わってほしいと思います。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

処暑

2013年08月23日 | Weblog

        

 今日は処暑。

 処暑とは、暑さが峠を越えましたという意味らしいです。

 それにしても暦というのは見事です。

 私たちは天気図や天気予報で天候を知りますが、昔の人は、暑さにも段階があると暦から悟っていたようです。

 立秋・処暑・白露・秋分・・・。

 日を追うごとに、秋めき、やっと秋の到来です。

 白露は、9月のはじめで、秋分は9月の半ば過ぎだそうです。

 

 天気予報では、暑さもそろそろ終息に向かっているとか・・・。

 ほんとうに、うんざりするほどの、暑い、暑い夏でした。

 どうやら、酷暑の季節も終焉を迎えているようです。

 それにしても、今朝も蒸し暑い!

 てエアコンなしではいられません。

 

(写真は、いまが盛りと咲き誇っている百日紅(さるすべり))

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デザインコレクション

2013年08月22日 | Weblog

         

 今日のデザインコレクションは、洋食器です。

 ブランドはわかりませんが、ヘレンドとおぼしき絵画的な食器です。

 ヘレンドの食器の特徴は、ハンドペインティングです。

 器に絵を描いています。

 

         

 ヘレンドと言えば、「インドの華」シリーズが有名です。

 憧れの食器です。

 いつも立ち止まり、深呼吸して眺めます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加