20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

ミックスピクルス

2016年11月08日 | Weblog

        

 お野菜のピクルスの瓶詰めです。

 ほんとうは、手作りの方が、数十倍もおいしいのですが、ちょっと箸休めに食べたい時、この瓶詰めが便利です。

        

 もう一つ便利に使っているのが、タルタルソースを作るときに便利な、アメリカンレリッシュという、ピクルスいろいろなみじん切りの瓶詰めです。

 ここに、サラシアという、コレステロールを下げるマヨネーズと合わせると、簡単にタルタルソースができます。

 近頃は、こうした手抜きを覚え、お台所仕事もとても楽です。

 昔はゆで卵を茹でて、玉ねぎやピクルスをみじん切りにして・・・。

 エビフライや、カキフライの時は、衣をつけるのも面倒なのに、さらに、そこに手間がかかっていました。

 でも、こうした瓶詰めをストックしておくことを覚え、年齢とともに、日々、手抜きで楽しくおいしいお理作りを目指しています。

            

 小峰書店の新刊、『フラダン』(古内一絵作・小峰書店)には、シンガポールからやってきた、超イケメンで、ネイティブの発音の英語を会話に散りばめて喋る、少年が登場します。

 実は、彼は簡単な英単語しかわからず、英語を喋れないのです。

 彼が毎日のお弁当に、いつも手作りの野菜スティックのピクルスを持ってきて、みんなにそれを振舞います。

 そのシーンを、ふと思い出しました。

 思わず唸ってしまったほど、人間、一人一人がそれぞれ個性豊かに、鮮やかに描かれています。

 男子も加わったフラダンス部のことが縦糸で、横糸には原発や家族の問題などが織り込まれて、奥の深い作品です。

 面白いけれど、泣ける・・・。骨太の作品でした。

 

 ミックスピクルスから、思い出したご本の紹介です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨドバシ@アキバ | トップ | カランコエ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事