20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

春日大社 千年の至宝

2017年02月12日 | Weblog

         

         

         

         

 昨日は、東京国立博物館で「春日大社 千年の至宝」を見てきました。 

 上の写真は、撮影OKのコーナで写したものです。

 

 春日大社は「平安の正倉院」と呼ばれ、平安貴族の美意識を反映した国宝の古神宝が、多く所蔵されているそうです。

 私は春日大社の、あの朱色の回廊が、とても好きです。

 目の覚めるような、朱の回廊は、神の世と現生を分ける結界のようで魅力的です。

 またそこにある、3,000基もの燈籠。

 その様々な文様が、とてもうつくしいです。

           

          

 トーハクといえば、ユリの木。

 季節ごとに表情を変えて、雨にも負けず、風にも負けず、どっしりと佇んでいます。

 私は、このユリの木の、雄大で素朴なところが大好きです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京都公立学校美術展覧会 | トップ | チョコレートの季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む