20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

リース

2017年02月22日 | Weblog

         

 クリスマスでもないのに、リース。

 プリザーブドフラワーで作られたリースです。

 こんなお花がお部屋にあるだけで、なんだかうれしくなります。

 

 「希望のささやき」という歌があります。

 子どもの頃、歌った記憶があります。

https://www.youtube.com/watch?v=lPjA3iqzLZk(コピペして、お聴きください)

 改めて歌詞を見ると、なんと難しいこと!!

 昔の子どもは、こんな難しい歌詞の歌を歌っていたのですね。

1.天(あま)つみ使いの 声もかくやと
  静かにささやく 希望(のぞみ)のことば
  闇あたりをこめ 嵐すさめど
  やがて日照りいで 雲も拭われん
    ささやく 希望(のぞみ)のことば
    うきにも よろこびあり

2.あたりたそがれて 夕べ迫れば
  空に見えそむる あかき星かげ
  夜(よ)はいよよ更けて 心しずめど
  照る日さしのぼる 朝(あした)まぢかし
    ささやく 希望(のぞみ)のことば
    うきにも よろこびあり

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学習会のお知らせ | トップ | 『本当にあった?世にも奇妙... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む