20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

靴ブラシ

2017年06月20日 | Weblog

         

 夫の靴磨きは、私の仕事です。

 村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」の中で、主人公の「僕」は、毎晩お父さんの靴を磨きます。

 「家訓なんだよ、子どもはすべからく父親の靴を磨くべし・・っていう」

 

 我が家には「女房はすべからく夫の靴を磨くべし」なんていう家訓はありません。

 でも夜、玄関の三和土を、ウェットペーパータオルで磨いて、靴を磨くのは、私の日課です。

 なんだかわかりませんが、寝る前に、1日の疲れを玄関の三和土にもとってあげたくなるのです。

 いつも、靴に踏みつけられているのですから!

 

 靴がピカピカになりそうな、こんな靴ブラシ。

 腕がなります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の推薦図書 | トップ | 夏至 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む