20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

高田由紀子さん、千葉朋代さん、出版お祝い会

2016年10月01日 | Weblog

              

 今日は、高田由紀子さんの『まんぷく寺でまってます』(高田由紀子作・木村いこ絵・ポプラ社)の出版お祝い会です。

 この作品は、高田さんのご実家である佐渡が舞台です。

 お寺のお嬢さんである、高田さんだからこそ描ける、お寺の描写があります。

 佐渡のうつくしい風景が胸に残ります。

 心温まる作品でもあります。

 

 でも、私はキャラクターを作り上げるときの、主人公の、受け身ではない状況に作り上げる作家的資質を、デビュー一作目で感じました。

 力のある新人が誕生しました。

 

 また、今夜は、日本児童文学者協会の「長編新人賞」を受賞され、ご本になった、千葉朋代さんの『さくら坂』(千葉朋代・小峰書店)と、ご一緒の合同お祝い会を、中野で開いてくださいます。

 千葉さんの『さくら坂』もすごい作品でした。「脚葬」というタイトルで応募された作品ですが、そのタイトル通り、病気で脚を葬るシーンは印象的です。

 このお祝い会は、お二人の所属していらっしゃる、季節風の皆さんがご用意してくださいました。

 今夜は、力のある新人、お二人の門出を、みなさんとお祝いします。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池田ゆみるさん、出版お祝い会 | トップ | 彫塑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事