20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

夏支度

2017年05月20日 | Weblog

           

           

           

           

 竹細工の花差しに、こんな涼しそうな花々が、投げ入れてあると、つい「夏支度」という言葉が、浮かびます。

 夏支度、冬支度・・・。

 春支度、秋支度もありますが、上記のものと比べると、これらの言葉からは、あまりくっきりとしたイメージが浮かびません。

 

 クーラーなどがまだ普及していなかった、私の子ども時代。 

 秩父の実家では、梅雨が終わると、襖(ふすま)を簾戸(すど)に入れ替えていました。

 秩父盆地に、暑い夏がやってくる前に、「夏支度」が始まるのです。

 簾戸からは、清々しい夏の風が、流れてきました。

 竹細工の花差しを見ていたら、簾戸から流れてきた、子どもの頃の、秩父盆地の風を思い出しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋葉原ランチ会 | トップ | ライトアップ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (華)
2017-05-20 10:27:28
純子さん
  おはようございます。
夏支度 素敵な言葉ですよね・・・

祖母や母が、夏支度をしている姿・・・・
遠い昔を思い出してしまいました。

せめて竹細工の花器でも出して我が家の夏支度にしようかな
Unknown (加藤純子)
2017-05-20 19:45:35
華さん

今日は本当に暑かったですね。
真夏みたいでした。

家中の窓を開けて風を入れていました。そちらもでしょうか?

こんなに暑いと、そろそろ夏支度を、って思っちゃいますよね。
明日も暑いらしいですよ。
熱中症に気をつけてくださいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む