20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

ゴジラのたまご

2017年07月29日 | Weblog

         

 このスイカ、「ゴジラのたまご」というネーミングの、スイカだそうです。

 ラグボーボールのような、細長い形。

 これだけで、お値段が1万円以上します。

 

 その昔、夫がアメリカに赴任していたとき、大学生だった娘と、夏休みのひと月を、夫の赴任先のアメリカで過ごしたことがあります。

 博士課程に進んだばかりの息子は、一人で日本でお留守番。

 彼は、その前年の夏休み、大学のジャズ研の友人たちとアメリカで2週間ほど、アパートを借りて、夜な夜なブルーノートなどに行き、ジャズ三昧の夏を過ごしていたのです。

 ですから、日本に残って、お勉強?

 

 さて、スイカです。

 夫の赴任先で、スーパーにお買い物に行くたびに目についたのが、このラグビーボールのような形をしたスイカでした。

 アメリカのスイカは、ほとんどが、「ゴジラのたまご」のような形をしたものでした。

 日本のようにカットされたものは売っておらず、いつも丸々一個を買ってきます。

 一個、4〜500円くらいだったと思います。

 スーパーでは、恰幅のいい女性たちが、こうしたスイカや、抱きかかえるのが大変なくらい大きなサイズのアイスクリームを、2個も3個も買って行きます。

 アメリカの冷蔵庫は、それらがぜんぶ入ってしまうくらい大きいのです。

 食洗機もオーブンも、何もかもがアメリカサイズです。

 

 さて、肝心のスイカ。

 アメリカのラグビーボールスイカは、日本のスイカのような繊細な甘さはなく、淡白なお味でした。

 この「ゴジラのたまご」はきっと、甘くてすごくおいしいのでしょうが、こんなネーミングと木の箱に入っただけで、一万円って、ちょっと高すぎない?と思ってしまいました。

 スイカ、大好きなんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金魚づくし | トップ | 和光のショーウインドウ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (華)
2017-07-30 10:03:55
純子さん
 こんにちは~
私も、スイカ!! だ~~~い好きなんですよ。

実家の父が退任後に家庭菜園を・・
その時に作ってくれたスイカは最高でした懐かしいです。
忘れられない味です
Unknown (加藤純子)
2017-07-30 14:37:33
華さん、

自宅菜園で、すいかを!!
すごいですね。

FBで小玉スイカが美味しいと、数人の友人のみなさんが教えてくださったので、今度買ってみようと思います。
いつも切り分けたものばかり買っていました。
華さん、Facebookはおやりにならないの?
メカ強そうだけど。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事