20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

もったいない症

2016年10月14日 | Weblog

              

 私は、なんでも長持ちさせるタイプです。

 夫は黒で、私は赤の塗りのお箸を、箸置きとお揃いで買って、もう十年近く経ちます。

 ごはん茶碗も、長持ちしています。

 すてきなご飯お茶碗をいただいて、しまってあるのですが、もったいなくて、まだ使えません。

 使っているものは、とことん使い切るという、もったいない症なのです。

 

 それなのに、見るだけと言いながら、お箸やお茶碗や、会席膳をデパートに行くと、よくフラフラ眺めています。

 眺めるだけで満足してしまうタイプなのです。

 しばし目の保養をして、いつもの食卓を想像しておしまい。

 けれど、ウインドウショッピングをしていたら、突然模様替えをしたくなりました。

 

 それで昨日は、34年愛用していた、またインテリアとしても好きだった、食器棚を捨てました。

 中の食器も、だいぶ整理しました。

             

 今、食器棚のあったところが、がらんとしています。

 床に直接、スタンドライトが置かれています。

 次はピアノです。

 予定が立て込んでいるので、いつ捨てるかスケジュールを考えています。

 そこに何を置くか・・・。

 夜になると、寸法を測ったり、図面を書いたりの夜なべをしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイタミックス | トップ | フレグランス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む