神が宿るところ

古社寺、磐座、不思議・パワースポット、古代史など極私的な興味の対象を見に行く

将門の胴塚

2012-10-20 23:32:11 | 史跡
将門の胴塚(まさかどのどうづか)。
場所:茨城県坂東市神田山715(「延命院」境内)。国道354号線「神田山」交差点から県道252号線(坂東菅生線)を南東に約450m進み、「毘沙門天 延命院」の案内板があるところを右折(西へ)、約200m。駐車場有り。
「将門塚」というと、東京都千代田区大手町にある「将門の首塚」が有名だが、茨城県坂東市には「将門の胴塚」がある。平将門は、いわゆる承平天慶の乱において、天慶3年(940年)に敗死する。戦闘中、飛んできた矢に当たって死んだことになっているが、その場所が現在の「國王神社」付近とされる(2012年10月6日記事参照)。将門の首は京都(平安京)に送られ、都大路の東市に晒されたが、何ヵ月たっても腐らず、夜な夜な叫び続けた。あるいは、3日目には関東目指して飛び立ち、その落ちた場所が旧・武蔵国豊島郡芝崎村、現在の東京都千代田区大手町の「将門塚」付近であるとされる。因みに、東京の「神田神社」(神田明神)の主祭神が平将門公であると思っている人もいるようだが、「神田神社」は天平2年(730年)に国土開発の守り神として大己貴命を祀ったのが創建とされる。元々、「将門塚」付近に鎮座していたが、江戸城の拡張によって現在地(東京都千代田区外神田)に遷座したものである。将門公が合祀されたのは、14世紀初めに疫病が流行り、これが将門公の祟りだと考えられて、これを鎮めるためであったという。
さて、将門の胴体はどうなったのか。弟の将頼と家来らにより「神田山 如意輪寺 延命院(かださん にょいりんじ えんめいいん)」境内に運ばれ、密かに葬られたという。将門終焉の地といわれる「國王神社」からは南東に約4km離れているが、なぜ、ここまで運ばれたのかははっきりしない(なお、「國王神社」近くに将門の菩提寺とされる「延命寺」(前項参照)があって紛らわしいが、まったく別の寺院である。)。所在地の「神田山(かだやま)」という地名は、一説に将門の身体を葬った所として「からだやま」が訛ったものともいうが、当地は伊勢神宮の神領である「相馬御厨」に含まれていたため「神田」と名づけられたというのが通説で、ここに葬れば墳墓が荒らされないと考えられたからともいう。
因みに、「延命院」は現在は新義真言宗に属し、「篠越山 延命院 観音寺」とも称したという。本尊は延命地蔵菩薩。創建時期は不明だが、寺伝によれば、弘法大師が関東巡錫の折に一宇を立て、将門の時代に伽藍が整備されたと伝えられる(一説に、将門の営所の鬼門除けのため整備されたともいう。)。
「将門の胴塚」は「延命院」の不動堂の背後にある(というより、不動堂が胴塚そのものを祀っているような形になっている。)。「将門山古墳」として坂東市の埋蔵文化財に指定されているが、発掘調査等が行われたのかどうか不明。築造時期は奈良・平安時代とされているのは、「将門の胴塚」なら当然だが、いわゆる古墳時代の古墳とは違うものである。塚の上に榧(カヤ)の大木が根を張っており、この木も坂東市天然記念物に指定されている。幹回り3.6m、樹齢は1千年以上とされる。


坂東市のHPから(延命院と胴塚)


写真1:「延命院」不動堂(南向き)。扁額は「谷原光不動尊」となっている。なお、向って右手に本堂があったが、昭和39年に不審火により焼失。


写真2:「将門の胴塚」(東側から)。不動堂が塚(古墳)そのものを祀るように建てられているのがわかる。


写真3:同上(北側から)。「神田山 一名将門山」の石碑と青面金剛の石像。


写真4:同上(西側から)。向って右が「将門の胴塚」の由来を記した石碑、左が石塔婆。写真が小さくて見えにくいが、石塔婆の右側のもの(古くて黒っぽい方)は、東京の「将門塚」に安置されていたものを「史跡将門塚保存会」から贈られたもの。要するに、この胴塚は、首塚である「将門塚」公認のものということだろう。


写真5:同じ境内にある「観音堂」(宝永7年(1710年)建立)。


写真6:同じく「毘沙門天堂」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島広山・石井営所跡 | トップ | 茂侶神社(千葉県流山市)(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

史跡」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。