神が宿るところ

古社寺、磐座、不思議・パワースポット、古代史など極私的な興味の対象を見に行く

鳥見神社(千葉県印西市中根)

2013-08-24 23:41:44 | 神社
鳥見神社(とりみじんじゃ)。通称:中根鳥見神社。※「鳥見」の読みは「とみ」と「とりみ」があり、ここでは千葉県神社庁のHPの振り仮名によった。
場所:千葉県印西市中根1339。本埜第一小学校の北東、約300m。駐車場有り。
社伝によれば、崇神天皇5年(紀元前93年)の創建という。また、「千葉縣本埜村誌」によれば、景行天皇40年(110年)に日本武尊が東夷を征伐した際、当地に大和国鳥見山の神霊を祀って東国の鎮神としたとする。治承4年(1181年)、源頼朝が印旛浦遊覧の折に参拝し、良田三町を寄進したという。祭神は、饒速日命・宇摩志眞知命・御炊屋姫命。
当神社も標高約26mの台地上にある。また、当神社の南西、約600m(直線距離)のところには、大同2年(807年)創建という「玄林山 龍腹寺」(2012年7月7日記事)もあって、相応の由緒の古さも感じられる。そして、「中根」という地名こそ、「鳥見神社」が分布する地域の中心、根源の地を示すものだともいう。

今となっては、どの「鳥見神社」が総本社かは決めがたいが、実は全く別の説もある。千葉県中央博物館大利根分館の佐藤誠氏によれば、「鳥見の丘」は印旛郡栄町矢口の台地(国道356号線(利根水郷ライン)に面する「矢口工業団地」(日本食研などの工場がある。)の南側)であり、具体的には「一之宮神社」(通称:矢口一之宮明神、鎮座地:印旛郡栄町矢口1)の場所がそれであり、「一之宮神社」こそが印旛の「鳥見神社」の本宮であるという。元は、物部氏がその祖神として「鳥見神社」を創建するが、その後、非物部系の大生部氏が移動してきて物部氏は現・印西市周辺に移住して各地に「鳥見神社」を建てたが、栄町矢口の「鳥見神社」本宮は衰退したということらしい。この説は、「一之宮神社」に伝わる古文書の記録と現地調査(印西市周辺の「鳥見神社」からは「香澄郷」(現・潮来付近)は見えないと判断)によるとのこと。その根拠となった古文書がどの程度信じられるのか判らず、何とも言えないのだが・・・。


「ちばの観光まるごと紹介」のHPから(中根鳥見神社)

「白井市のご近所紹介」さんのHPから(鳥見神社&宗像神社) :これは労作

「神社探訪・狛犬見聞録」さんのHPから(一之宮神社)


写真1:「鳥見神社」(中根)正面鳥居


写真2:同上、拝殿


写真3:同上、簡素な社殿
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥見神社(千葉県印西市小林) | トップ | 木下別所廃寺跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神社」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。