1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

人は教えられても身に付かん。人は気付かんと身に付かん。

2016-09-30 17:33:45 | 法話
檀家少年が「自分にとって一番大事な人という判断は」と。何か思うところがあったのかな。「まずは今死んでもらったら困る人。今一つは命の期限を区切られた時『この人だけには挨拶を』という人かな。人一人が一生を生きる為にはどれだけの人の支えが必要なんだろうね」と。後に母親からお礼の電話が。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散々世話になった方を。死ん... | トップ | 夢と現実の違いだけは見極めを。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

法話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL