1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

将棋は王将ばかりが駒じゃない。(写真は四国遍路札所仁王像)

2016-11-06 16:00:33 | 法話
家康公が「侍になればいずれは侍大将になりたいと思う。侍大将になれば一国一城の主に。一国一城の主になれば次は天下を。油断すればいつでも寝首を」と秀忠公に。高みを目指せば目指す程その位置に立てる人間は絞られる。その時代の天下人は一人。現代もその理りは同じ。我が立ち位置の見極めが大事。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喉元過ぎれば熱さ忘るるが人... | トップ | 固定観念を捨てる事で新たな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL