1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

例え如何なる理由があろうと、今ある結果は自分が導き出してきたもの。 909話目

2017-07-11 07:30:15 | 法話
‪数年前20歳の青年が「高3の時東大確実だったが受験を拒否。親の喜ぶ顔を見たくなかった」と。「では何故今、夜間高校に。福田康夫なる人は40歳で会社を辞し、政治家である父の秘書に。54歳で出馬し、17年後総理に。人間いつスタートしても遅くはない。つまらん意地は捨てて、来春受けな」と。‬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目に見えるもの、耳に聞こえ... | トップ | 人は皆、多かれ少なかれ自分... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

法話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL