1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

親が勝手に引いた線路を歩まされてきた子に「まだ、間に合うよ」と。 (写真の千両の入った入れ物は1000円の品)805話目

2017-03-29 08:35:11 | 法話
‪親から「一流、一流」と洗脳され続け大学受験で挫折した若者に「東京セレブマダムに食させて高級鰻とスーパー鰻を判断出来たは僅か。一流芸能人格付け番組で高級か否かを間違える人続出。所詮人間の価値判断なんてその程度。高価安価に関わらずそれが自分にとって価値があるかどうかの判断が大事」と。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苗植えて八十八夜しないと米... | トップ | 親を反面教師として見れる子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL