1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

過去の経験が多いほど先の選択肢も広がる。(四国霊場巡拝中、竹林寺) 826話目

2017-04-20 04:59:49 | 法話
‪学校保護者会で「江戸時代臨済宗に盤渓(ばんけい)という高僧が。寺庭に度々鹿が入り込むので竹で追い払っていると信者が『何故そんな無慈悲な事を』と。『追い払っておかねば鹿は人に慣れて警戒しなくなる。そうなるといずれ悪い人間に捕まり殺される事に』とその理由を。本当の愛情って何かな」と。‬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二代将軍秀忠公が「10年も... | トップ | 何かを犠牲にしなければ、何... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL