1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

船頭多くして船山に登る、と。何にしても舵取り役は大変。

2017-03-12 16:24:59 | 法話
‪息子が「山本五十六さんをどう思うか」と。「是非は兎も角、世の中は出る杭は打たれる。出過ぎた杭は抜かれる。蝮の子が母親の腹を食い破って産まれてくる様に、そんな生き方を貫かにゃならん立場の人も。凝り固まった人々の心を抑えるは容易じゃ。時に現状を認識させる為荒療治せにゃならん事も」と。‬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人を仲間外れにして、人を自... | トップ | 一昨日の『12歳男子の作文... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL