1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

11月15日は1年間で最良の日。そこに「七五三詣り」を。(写真は太宰府天満宮)

2016-11-05 06:48:29 | 法話
子供は「この人ならしっかり育ててくれるだろう」と神が白羽の矢を。七五三詣りは「3才、5才、7才までこの様に育てました」と授けてくれた氏神さんへ見せに行っている行事。で、最後の宮参りが成人式。この時に「この人に授けて正解だったのかな」と親は神さんから思われんようにせんとあかんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初日の出と同じくらい、1年... | トップ | 信仰の世界は何故かのぼせ上... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL