1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

「捨てる神あれば拾う神あり」捨てられるか、拾われるかは。

2017-01-30 08:24:46 | 法話
‪度々会社の代表が昔話で「倒産寸前の頃1人の社長とのご縁が。『朝7時にここまで来れたら仕事をやる』と。社員と車を走らせ関西から静岡まで、毎日往復8時間を。1ヶ月後『もう来んでいい』と。『終わったか』と落胆しておると『今後定期便を出してやる』と。この時の喜びは30年経った今でも」と。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それでも日本はまだ、女性が... | トップ | 子供は世相が育てる。世相と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

法話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL