1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

どの家庭も親を世話するは限られた者。あとは外野から無責任な事を。(写真は四国霊場、河童の親子巡礼) 847話目

2017-05-10 07:38:35 | 法話
‪石川啄木さんの短歌に「たわむれに母を背負いてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず」が。後に身内の方が「啄木はそんな親思いの子ではなかった」と暴露。両共にこれは少々幻滅。私達が知らなくてもよい他人様の家庭事情を覗き見たみたいで後味が。まあ、でも、いるよね。親の他界後に綺麗事を言う人。‬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名称だけは医者、政治家、教... | トップ | 命の尊厳もへったくれもない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

法話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL