1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

いますよね、いつの時代も。恩義に厚い人。(写真は別府、仕事帰り温泉入ろ)

2017-01-25 09:25:23 | 法話
‪大谷吉継公は関ヶ原敗戦を確信の三成方に味方し命を。徳川方に付く為進軍していた時、秀吉公主催茶会の場面が脳裏を。『ハンセン病のわしが口を付けた茶器を皆飲んだ振りして横に、その中、三成だけは違ごうた』と引き返したらしい。「虎は死して皮を残し、人は死して名を残す」と。出来るかな、私に。‬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨年はわが寺も3人檀家が乳... | トップ | 担いでくれる者がおればこそ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

法話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL