1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

泣こうが喚こうが、神仏に願おうが、人間、死ぬ時は死ぬ。 812話目

2017-04-05 13:09:44 | 法話
‪葬式時法話で「江戸時代の高僧良寛が『死ぬる時は死ぬるが宜しき。災難に遭う時は災難に遭うが宜しき。病気になる時は病気になるが宜しき』と。つまり『まずはその縁を受け入れよ』と。さすれば『さあ、どう死のう。どう向き合おう。どう立て直そう』と前向きな一歩が踏み出せる」と。いいね、禅の心。‬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会社によっては新入社員に掃... | トップ | 例え天涯孤独でも、笑顔で送... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

法話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL