1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

偶然といえばそれまでの話。が、日頃の心がけがもたらす不思議も。 941話目

2017-08-12 09:12:11 | 法話
‪7年前当時8歳男子が大型ダンプに跳ね飛ばされ、その体上を後続ダンプも通過。現在後遺症もなく元気に。その子の祖父がこの度白血病に。白血球が10万を越え危篤、家族に最後通告が。が、翌日数値が数千に下がり、現在比較的元気に。ドクターが「こんな例は過去に一度も。先祖を敬う家庭ですか」と。‬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さあ、明日からお盆。先祖の... | トップ | 臨終前祖母が「淳ちゃん(わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

法話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL