1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

人は忘れちゃならんもんは、忘れちゃならん。

2017-03-15 07:40:05 | 法話
‪もし、あの時、ああしていたら、の言葉の中には2種類あり。1つは後悔の意味と、もう1つは感謝の意味。唯、両方に共通している事は「もし、あの時」というものには決して忘れてはならない事例が多い。例えば、事故や病気、失敗。人生に関わる進路の選択など。忘れた途端恩まで忘れ、また同じ過ちを。‬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここぞ、という時だけでいい... | トップ | ご主人を目の前に置き奥様が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

法話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL