1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

「私は誰の助けも」何て事言わんほうが。

2016-10-15 17:07:54 | 法話
「私は無信論者」と豪語する人が最後の最後、つまり自力克服困難を迎えた時、目に見えん物に救いを求めるってよくある。「神様、仏様、ご先祖様」と。特に「死」と向き合った場合。恥ずかしい事では。何でも初めて体験する事は不安。が結局最後に頭を下げるんなら常日頃から。人間関係でも同じ状況が。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信仰に限らず、自分で動かず... | トップ | 所詮、個人の主義主張なんて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL