1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

何百年の昔からバトンタッチの様に繋いできたは、命だけに非ず。(四国巡拝中)

2016-10-18 17:32:58 | 法話
高野山各寺院の屋根はほとんどが檜皮葺(ひかわぶき)にて。50年以上持つとされるが20年で葺き替えとなる。伊勢神宮も20年毎に遍宮。正宮(内宮外宮)と共に 全ての社殿は建て替えとなり古木は神宮内の鳥居に、残り木は全国の神社に無料で。両方共後継者育成の為。伝統技術を繋いでいくは大変。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そろそろ「老いては子に従え... | トップ | 何気ない慰めを掛けれる方っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL