1分で読める小さなお寺の法話集

子育て、人材育成に関する法話を実話と歴史から紐解いて書いております。

世の中にネットが普及してから、人は読解力が低下したかな。(写真は北九州小倉城) 1101話目

2018-01-19 06:47:37 | 法話
‪今春社会に出る檀家若者達に「人は自分の都合のいい様にしか物を言わん。その口車に乗り、一緒に騒ぎ立て、真実が表に出た後で恥をかかん様に。元来、嘘や誤魔化しをやる人間は、ゴリ押しせにゃならんから、口数が多く、声高になる。常に自分の目と耳で確かめてから動け。その方が間違いは少ない」と。‬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おるよね、「どうだ」と得意げに、自らの恥を露見している人間。(写真は、四国霊場) 1100話目

2018-01-18 07:11:36 | 法話
‪昨今四国霊場で賽銭泥棒続出と。『罰が当たりますよ』と注意書きしても効果なし。幕末期、山岡鉄舟弟子が『神仏は本当に罰を当てるのか』と神社鳥居に小便を。「一向に罰など当たらん」と得意げに。対し鉄舟が「もう既に罰は当たっとる。羞恥心の無さがそれだ」と。『恥知らず』の人間は今も昔も、ね。‬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めは誰しも、ど素人。経験の差が、実力の差となっていく。 1099話目

2018-01-17 07:01:57 | 法話
‪講演後看護婦長が「先日夜勤の新人が『◯号室の患者さん、どうも呼吸してないみたい』と慌てる素振りもなく。すぐに対応し事無きを。言わにゃ、動かん。言えば、反感。この仕事の何たるかを」と愚痴を。以前、老医師が「大病院の春は危ないよ。肩書きは医師だが、何の経験もないど素人がわんさか」と。‬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

儲け話を人に教える様なお人好し等いない、と思った方が間違いない。 1098話目

2018-01-16 17:42:17 | 法話
‪今春社会人となる高校生達に「諺に『飛んで火に入る夏の虫』が。人を上辺だけで判断すると大変な事に。大学時代、友人に誘われ雀荘に。そこで見知らぬ人達と対局を。彼等は最初の内はわざと負け、後に根刮ぎ回収してくる。言わんとする事を悟ってくれな。世の中には甘い話など転がってはおらんよ」と。‬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

確かに騙す奴は悪い。が、騙される方も心に隙が。(写真は、金剛寺永代堂落慶。これより先の時代は、身寄りなき人が急増) 1097話目

2018-01-15 15:52:44 | 法話
‪昨年、外国籍偽僧侶が念珠や仏具等を来日外国人をターゲットに高値で売り付ける事件が方々で。本来、金品の強要や『病気になるぞ、死ぬぞ』等、脅し言葉で勧誘する場合は眉唾と警戒した方が。釈尊や各祖師が脅し布教したなんて話、聞いた事がない。唯、この問題は国内僧侶にも似た様な話が。残念だが。‬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加