車査定情報BLOG 最新最深情報満載!

車査定の最新情報を発信します!ディープ情報始めました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

車の買取金額を高くするコツ売却時期

2013-03-01 05:04:43 | 日記
中古車の見積額を少しでも上乗せするのに、、中古車を手放す時期、タイミングなども影響してきます。

乗り換えを検討しているマイカーを少しでもお得に売ろうと前提とすれば、いくつかの注意する点があります。

車の売却額査定の要点として重要視されるものに走行距離があります。

多くの場合走行距離は車の寿命と見られることも多くありますので、実際の走行距離が長いだけ、見積もりにはマイナス面とされます。

メーターが100キロと6万キロでは普通は中古車の売買金額は評価が異なるはずです。

走行距離は少ない方が車の見積額は増えますが、実はあまり細かい目安は存在しなく一定のベースラインで査定が行われます。

例えば、普通車だと年間走行距離1万kmが基準としてこの走行距離を超えて走っていると多くの場合査定がマイナスになります。

軽自動車だと、年間走行距離が8千キロがまた年数が経っているのに距離が小さいケースでも、見積額が高くなるとは限りません。

年式や走行距離での買取査定のポイントは乗っていた期間にたいして程よい走行距離になっているかということです。

自動車も例外ではありませんね。

その自動車の年式も見積査定の重要な留意点です。

十分理解しているという方も多数だと考えていますが、一般的には年式は新しければ新しいほど査定では優位なのですがごく稀にそのシリーズにプレミアが付いているものは、昔の年式であっても高額で査定してもらえる場合もあります。

それから、車検が挙げられます。

もちろん車検には費用が必要ですので車検時期までの残り期間が残っているほど見積額は大きくなると思えると思いますがそれは誤りで、実際、車検直前でも直後でも車の見積額にはそれほど関係がありません。

軽自動車、スポーツコンパクト不動車、といったような自家用車のタイプも見積額に響きます。

車検時期が近付いてきた車は売却を検討するにはいいタイミングです。

逆に売却額を吊り上げるために車検の後に査定に出そうとするのは車検代が勿体無く、たいして査定に響かないということです。

またお店に車を査定し、買い取ってもらう好機として2月と8月が狙い目です。

と言いますのも、買取業者の決算期がその前の3月と9月というところがほとんどだからです。

そのため、例えば1月に売ろうとしたらもう少し待って2月に車の買取査定をお願いして手放すのも良いと思います。

あなたの都合もありますから、一概にそのような機会に売りに出すなどというわけにもいかないと思いますが、できるだけそうした時期に売りに出すのが良い結果になりやすいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自動車買取時に留意するべき... | トップ | 改造している車を高額で買い... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。