マドレーヌの一日一善

一日に一回は良いことをしようと心に決めたのでした。

一箱古本市で並べます!

2016年10月19日 | 古本話


今年もまた一箱古本市の季節がやってきました!


第5回目となる福山一箱古本市は去年と同じ日、同じ場所で開催されます。

はい、11月3日の文化の日、
ふくやま美術館前の広場芝生です。

一箱古本市での数々の思い出、このお客さまにこの本を手渡した、ふと思い返すことがあります。

今回、ブックスひろしまのイベントでお久しぶりにお会いした方に、数年前の一箱古本市て手渡したのはこちらの本でした。

池澤夏樹さん著『キップをなくして』

帯の言葉、そのままご紹介すると、
〜子供たちの冒険
心躍る鉄道ファンタジー〜

まさにその通り!
帯の言葉、ひれ伏したくなります。

いま、また、私の手元にあるこの一冊!
来月の福山一箱古本市で並べます。
どうぞ、どうぞ、ご来店くださいね。
もちろん一冊限りです。値段は当日のお楽しみ、です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 届いたモンブラン、 | トップ | (^O^)コーヒー豆が届くの巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。