木になる 木の合う 事柄

今 こんなことをしています。

ブログ 写真

2012-07-31 19:44:06 | 木彫
7月14・15・16日 開催された展示会の写真を 自宅まで届けて下さった方がありました。


  その折りのお話では ブログに載せるからとのことでした。
  それで そのブログを印刷されて 持ってきてくださいました。

  その文を読みますと 歩くシステムが理解できないとの記載でした。


  日も経ってしまったのに 良く自宅まで持参されたと感心してしまいます。


  いただいた名刺を拝見して あの方(亡くなった代議士)の奥さんだ!!
  
以前には 何度かお会いしているのですが 大分イメージが変わってしまって・・・・。


   これだけ時間を経ても届けるのは 普通の人ではない。
             ちょっとした出会いも大切にするのだろう。  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーヒー小物展

2012-07-30 19:26:13 | あんなこと こんなこと
ギャラリーで「コーヒーをいっぱい楽しもう!!展」と題した展示会が 開かれているとの事。


  知り合いの方が 出展しているとのことですので 出かけました。
  
  焼き物のカップ・ガラスの作品・木の小物・・・・。

みなさん 気負わずに作っている雰囲気が良かった。

このような小物は 作り手も楽しんでいるのではないかと思える。

お気に入りは ケーキ皿 
 陶器の作品ですが 木で作って紙・布を張り込むと カラフルで楽しい作品になるのでは・・・・。

私も時間を見て 作ってみたい。
   木彫講座でも 女性たち用に取り入れると 喜ばれることでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小鉋

2012-07-30 19:13:48 | 木彫
学校での講座 次回は小さな鉋を使っての仕事があります。


   そのため鉋の刃を研ぎました。


   それらの台です。
   古いものは 60~70年ぐらい使っているのではないでしょうか?
   私の親の代から使っているものです。


   刃を仕込みました。
    学生達は 見ただけで喜ぶのではないでしょうか?

   道具は 大事に使えばまだまだ使えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糸巻き

2012-07-29 19:28:56 | 木彫
会場で 小さな手斧が販売されていました。


   20センチに満たない大きさです。
   作った鍛冶屋さんは実用ではなく 展示様に作ったもののようです。
   このようなものを見ると欲しくなるのが 私の困った性格。


   持ち手に糸を巻いて太くしました。
    これで小さな作品に 手斧の痕を付けられます。

小刀の柄にも 糸を巻きました。
  幅が7分ある小刀ですから 木の柄を付けると太くなり過ぎ 扱いにくくなります。

直接 鉄を持つと手が痛くなりますから 糸を巻いた分手に優しくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手斧 カバー

2012-07-29 19:22:22 | あんなこと こんなこと
会場で 一番人気のあったのが 手斧の刃の部分に付けるカバー。


   刃の保護と安全のために付けるのでしょう。
                     麻紐で編んで保護しています。
私も初めて見ました。


   これの編み方を 年配の大工さんが 若い人たちに教えていました。

大工さんの指ですから無骨。
  その指先で編み込んでいます。    

     ・・・失礼ながら 見ていてユーモラスでありました。・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手斧 練習

2012-07-29 19:17:12 | あんなこと こんなこと
今日も 手斧の練習会場に行きました。


   今日は 昨日より集まった人も多くなったようです。


   県外の人も 昨日は泊まり込んだようで 会場は賑やかになっています。


   並んでいる手斧の数もこんなに・・・・。


  手斧の練習  こんなに曲がった木の上で削っています。
    足場が不安定ですから ケガの無い様に・・・・。

素足か簡単な履物   せめて地下足袋ぐらいは履いたほうが・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

削ろう会  手斧練習・体験

2012-07-28 19:17:58 | あんなこと こんなこと
削ろう会の 手斧・斧の体験会開催。




   手斧   今では実際に使う機会は少なくなりましたが 重要な道具・技術です。
        凝った人は今でも沢山コレクションしています。
  手斧で削られた痕は趣があります。
     

  こちらは斧   これは重労働。  危険な作業。
     手斧は面白がって体験しますが 斧は怖くて・・・。
           体験した事はあるのですが すぐやめました。


 これだけの材料を準備するのが大変。  なかなか練習もできないそうです。


  ケヤキの枝の部分  これを削るのは難しそう。
      バランスを崩したら・・・ と思うと 怖くて近づけません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小刀 研ぎ直し

2012-07-28 19:13:37 | 木彫
昨日 講義で使った小刀    研ぎ直しです。


   何しろ 大勢で使いますからこれだけの数になります。
                            手持ちの小刀すべて。

          これを研ぎ直すのですから・・・・。

講義の時間と 準備と後始末の時間が同じぐらい掛かります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講義4

2012-07-27 22:31:17 | 木彫
学校での木彫についての講義  4回目です。


   ローテーションでいろいろ体験してもらっています。
   ここは地紋彫り  小刀の裏・表  逆目・順目
               理解することは やはり難しいでしょうね。


  荒彫りしたものを 仕上げています。
    どのノミを使えばよいのか 分かるまでには 相当経験を積まなければ・・・。


  研ぎ
 前回 荒砥が余りに使われて 凹んでしまったので 今回はグラインダーを使ってもらいました。

  熱を持ちますから 使うたびに 水で冷やさなければいけません。

何事も経験!!    何時か何かの形で 役立ってくれることでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二足歩行玩具

2012-07-26 19:11:38 | 玩具
二足歩行玩具  なかなかうまく動いてくれません。


  足が四本になりますと それだけ難しくなります。


  同じように見えますが この四つは足の状態が微妙に違っています。

どれが一番動くのか?  どうすると安定して動くのか??

一つ一つ作ってみて 確認するしかありません。

覚悟はしていましたが 試行錯誤の繰り返しです。
       いつものことですから そのうち何とかなる事でしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加