木になる 木の合う 事柄

今 こんなことをしています。

「赤」展

2010-10-31 19:29:35 | あんなこと こんなこと
今 福井県立歴史博物館では 「赤」展が開催されています。


   パンフレット自体が妖艶です。

古代の赤・江戸の紅花 との副題どおり古墳時代の呪術的な赤
     人々の生活を彩った赤

一万年前の旧石器時代から 赤い色に特別の意味を見出していたようです。
    辰砂の石を砕いて粉にする道具(石)が展示されていました。

紅花の赤は 紅として化粧に 染料として使われていた事などが紹介されています。

一番興味を持ったのがこれ


    古墳の壁画として描かれていた模様だそうです。
今までに見たことが無い絵です。
    人物・動物が描かれていますから 狩猟に関することなのでしょう。
    大きく描かれた渦巻き文様  これは何だろう??

解説によると 「渦巻き模様を呪術的文様である直弧紋と位置づけ 
       生と死の再生を描く壁画とする解釈が示されている。」 のだそうです。

「べんがら」は生活の器物・玩具だけでなく 
         建物に多用されてきたのに それらの説明が無かった事が残念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「理吏」印 再刻

2010-10-30 19:38:22 | 篆刻
一昨日刻した「理吏」印
                 うっかりミスです。


  一昨日刻したのが 左側の印   
  文字の並びが逆になっています。  全く気付かずに作っていました。
   「理吏」ですから 右側の作品のように 文字が並ばなければいけません。

この間違いは 時々やらかすのです。
    石に 逆字を書きますから ついうっかり・・・・

当人にお渡ししてしまっていますから 謝って取替えに行かなければ・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仏像 坐像

2010-10-29 22:13:52 | 木彫
仏像 しかも坐像    大変手間のかかる形の仏像です。


      仏像講座の手本。     
 テキストに掲載されている作品ですから 彫った方も多いのではないでしょうか?


  坐像ですから 木口部分が多くあり 刃物が切れないと難しい形です。


  高さも12センチぐらいしかありませんから 細かな仕事。
          小さな刃物を研ぐ事は きわめて難しいものです。
  なぜ このように難しい作品を習作にしたのでしょうか?  疑問に思えます。

私が 小さな平ノミを研ぐのに大変な目にあっています。
        受講している方たちが 本当に出来るのだろうか???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「理吏」印

2010-10-28 19:46:51 | 篆刻
知り合いの方の名前の印を刻しました。


      大きさは 15mmX15mm   
                     「理吏」  まさりと読むそうです。

輪郭を太くし 中を細くしました。  中国の古い時代の印の雰囲気が出れば・・・

中の線をこれだけ細くしようとすると 注意深くよく見て刀を動かさないと
       細くなりませんし 過ぎると切り取ってしまう事になってしまいます。

          目が痛くなりました。           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雁渡 完成

2010-10-27 19:53:34 | 木彫
何かと用事が重なり遅れていた「雁渡」   ようやく完成しました。


          正面


          側面

急に寒くなってしまいましたが 本来ならちょうど今ごろの時期
                  吹く風のことを「雁渡」と言うそうです。

雁も渡ってくる頃ですから 空を見上げ鳥の数を数えている。

         そんな雰囲気が伝わったら・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消しゴムはんこ ウサギ2

2010-10-26 20:03:18 | あんなこと こんなこと
消しゴムはんこ講座用の作品を作りました。


       スマートなウサギと 愛嬌のある子供のウサギ。


       同じパターンで 陽刻・陰刻に彫り 色を変えて押しました。


       これも同じ模様で 陽刻・陰刻に作りました。

これだけ作っておけば サンプルとしては十分でしょう。
    押し方のパターン 使うインクの色で バリエーションを準備するだけです。

これらを広報して 受講者を募る事になります。
          多くの方に参加していただけると嬉しい。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消しゴムはんこ  ウサギ

2010-10-25 19:55:11 | あんなこと こんなこと
今度 消しゴムはんこの体験会が行われる事になりました。
  それで サンプルを作らなければなりません。


   年賀状作りに使う事になりますから 来年の干支 「ウサギ」。


   いくつか案を考えましたから そのうちの4つを作りました。

消しゴムはんこは インクが豊富。
  同じ作品でも押し方で楽しさが倍増します。
  
     同じものの左右反対の作品も作らなければ・・・
     陽刻 陰刻 反対の作品も・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仏教美術展

2010-10-24 20:51:17 | あんなこと こんなこと
今 福井県立美術館で仏教美術展が開かれています。


    「シルクロードと東アジアの仏教美術展」と題された展覧会です。

    ガンダーラ美術が多いのかと思っていたのですが 
                    日本の作品も多く展示されたいました。


            東アジアの作品です。
                個人のコレクションとの説明に 驚きました。

今まで 見たことの無い作品が展示されていました。

「水分子守明神像」が何点か展示されていました。
       説明によれば 本来 吉野の水の神なのが
       水分(みくまり)が転訛して(みこもり)御子守・身妊りとする信仰が
       生まれた女神だそうです。

恥ずかしながら このような神像がある事を 今まで知りませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パタパタ 持ち手

2010-10-24 16:31:29 | 玩具
少しずつ準備しているパタパタ材料。
                    持ち手を作りました。


     細長い 小さなものですが何しろ200個分


     薄くして細く切って削り そして面を取ります。

 これで パタパタの材料 本体・テープ・持ち手 200個分準備できました。

後は 受講する方たちの道具をどうするか?
        イベント会社の方と 打ち合わせしなければいけません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桐 透かし彫り2

2010-10-23 19:02:19 | 木彫
製作中の 桐透かし彫り作品。
                   ほぼ終えました。


      糸鋸で穴を開けた所を きれいにしました。


      毛羽立った所が無くなり 形が整いました。


    透かし彫り小刀を使っています。


    相当細く鋭い小刀です。   
   無理をすると 先端部が折れてしまいますから 注意しなければいけません。


   これらは 裏丸のノミ。
       普通の飲みは内側に鋼がありますが このノミは外側にあります。


    反対側に丸くなっています。
     丸い穴を彫るときに便利です。   ただし研ぐのが難しい。

一日中 覗き込むような仕事。   肩が・背中が凝ってしまって・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加