木になる 木の合う 事柄

今 こんなことをしています。

ウロコ 荒彫り

2009-06-30 21:15:43 | 木彫
龍 胴体部のウロコ 荒彫り。
  

    ウロコを荒彫りしました。
明日は仕上げです。  ただ ひたすらに黙々と一枚一枚彫ってゆきます。

物をを作ってゆく仕事の中には 何も考えず一日中手を動かしている・・・・
そんな日があるものです。   この様な仕事をこなさなければ先に進めない。
単純作業ですが 重要な仕事。

不景気で仕事がないと騒がれている時 仕事があるだけでも喜ばねば・・・・

    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沈下橋の記事

2009-06-30 08:21:23 | あんなこと こんなこと
工事が進んで 形となって現れてきた沈下橋。
 今日の地元紙に そのことの記事が掲載されていた。


    最初 工事の標識を見たときから 何なんだろう???
           と疑問一杯でしたが 今になってから・・・・・

最初標識は 「河を渡る施設」  今の標識は 「河床を補強する」
                沈下橋という言葉自体が 記されていない。

問題になる前から 写真入りで工事の進み具合を記しているブログがあるとは
                         気付いていないだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍 ウロコ彫る

2009-06-29 19:44:51 | 木彫
龍 脚や尾のウロコを彫りました。






  普通ですと 対で2匹の龍を彫る時は 二匹とも一度にうろこを彫ります。
そうしないと 大きさや雰囲気が変わってしまうからです。
今回は 展示会があったので 一匹だけを完成し展示しましたので 
            この様に 時間を空けて完成することになりました。

そのため 前作と見比べながら 違和感がないように注意しなければなりません。


       頭も完成しました。
これも もう一つと見比べながら彫りました。

これからは 胴体を彫りにかかります。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

沈下橋 工事

2009-06-29 07:07:58 | あんなこと こんなこと
とにかく珍しい 沈下橋が出来るとの事なので 今朝も工事現場へ。


     川底が整備されていて ブロックが並んでいます。
       河川敷で作っていた コンクリートブロックです。
       テトラポットも並べられています。


     テトラポット ワイヤーで縛られ 流されないようになっています。

気になるのが ここ


     橋と橋の切れ目   150センチぐらいは開いているだろう。
これでは渡れない。   助走をつけて飛び越せば 渡れるだろう。
             そんなことしたら 危ない。

どのようにして 渡れるようにするのだろう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「にっぽん 洋画を知る」展

2009-06-28 20:11:47 | あんなこと こんなこと
福井市美術館で開催中の 「にっぽん洋画を知る」展を鑑賞。


   一度は教科書で見たことのある絵画「鮭図」   高橋由一
               バックの板は 板そのものでした。
                          描かれたものではない。

「日本近代洋画への道」 の副題の通り明治初期 開国によって西洋の文化が
流入したことによって あらゆる文化が近代化されました。
美術も例外でなく 形式の美から写実的表現がなされてきます。

美術史に残される名作を拝見できました。     7月12日まで開催中


しかし 表現は暗く硬い雰囲気   時代だったのでしょうね。

個性を重視 自由に自己を主張できる時代に 生きていることを感謝したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防災訓練

2009-06-28 09:37:09 | あんなこと こんなこと
今日は防災訓練の日
      朝早くからサイレンが鳴り 近所の方たちがぞろぞろと広場へ。
       近くの小学校へ移動して 訓練です。


     自治会消防団の挨拶   かなりな方たちが朝から集っています。


    地区に準備されている 災害時の機械器具
       公民館に保管されているのだとか。    今まで知らなかった。
                          使い方も 分からない。


                              消火器訓練


                          カッターによる切断訓練


     放水訓練   小型エンジンが 常備されているとは知らなかった。
          近くの川 プールから水を引くのだとか。


          参加者に 乾パンと災害時用の水を 分けていただいた。
         乾パンは おいしく 水は普段の水道水と変わらない。

何も分からず ただ参加しただけでしたが 知らない事ばかり。
         いざ 災害となったら生き残れるのだろうか???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皮のバッグ・小物

2009-06-27 21:15:14 | あんなこと こんなこと
皮工芸の展示会
      バッグと小物    財布・キーホルダー・手帳・・・
本格的な皮の作品
     相当 長い間使えそうな丈夫なバッグが展示されていました。


     女性者のバッグが大半でした。  男物のショルダーバッグは無し。
現代使っている財布が かなり傷んでいましたので 財布を購入。
     丈夫そうですから 生きてる間は使えるかも・・・・

男は 女性にようにバッグに財布を入れるわけではないので 大きなものは
                              使いにくい。
最近はカードがたくさんありますから お金がなくてもかさばる。

             中々 適当なものはないものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田んぼ

2009-06-27 09:17:13 | あんなこと こんなこと
今 田んぼは苗が伸びて 緑一色   まさしく緑のじゅうたん


      見渡す限りの緑色
  先日の雨で 一層色鮮やかというと 陳腐
その雨以前は 「空梅雨で困った。」と言う声が聞かれました。

川の水を 用水に回していたのでしょう 川の水が少なく
              歩いて渡れる位にまで 極端に水量が減っていた。
これでは 沈下橋を作る必要も無いと思ってみていたのですが、
      先日の雨以後は 歩いて渡ろうなどとは 思いません。

この緑一色の田んぼも あと一ヶ月で穂が出て 
                2ヵ月後には 刈り取られてしまっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍 頭

2009-06-26 22:52:42 | 木彫
暑い日でした。
     それにもめげず 働いています。

龍の頭が 一応彫りあがりました。


        先日彫ったのは 口をあけた形
        今回彫ったのは 口を閉じています。
特に 髭が青の上にかかっていますから 彫りにくい。
まだ 髭や角を彫らなければなりません。
             もう一息です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桔梗

2009-06-26 08:01:40 | あんなこと こんなこと
入梅宣言があってから 雨らしい雨の日は 一日だけ。
                       連日 暑い日が続いています。

はやくも 桔梗の花が咲いている。


                  早咲きの種類もあるのかな??


           いまにも ポン といって咲きそうなつぼみも・・・

アジサイと キキョウが一緒に咲いている。
             園芸種は改良されていて 何がなんだか??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加