木になる 木の合う 事柄

今 こんなことをしています。

修理

2017-09-21 19:19:16 | 木彫
古い仏壇の彫刻  その修理しています。


  ところどころが壊れてしまっています。


  壊れている部分を取り外し 修理しました。
  龍ですから ヒゲ 火炎などの一部が無くなってしまっていましたから
                     その部分を作りました。
  龍は空想上の動物ですから 作る人によって 形が違います。
                      彫り方も違います。
  それを修理するとなると 私の作り方と違った作り方をしなければいけません。
    これが 手間がかかる・・・・。


  これは 須弥段  これも龍の彫刻です。
  上半身が無くなってしまっています。
    これらを作るとなると・・・かなり時間が掛ることでしょう。

  接着剤が膠です。  緩んでしまっている部分がありますから
                   相当古い物なのでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表札

2017-09-20 19:26:41 | 木彫
依頼された表札を作りました。


  荒彫りの状態
   材料が固い欅ですから 少し荒彫りしておいた方が彫りやすいと思います。


  仕上げました。
  この後 彫った文字部分に漆を入れ 周りも拭き漆するそうです。
  最近では珍しいくらい 凝った表札を作る方が居らるようです。

  ホームセンタでは 欅で文字を彫った表札が売られている時代です。
  どの様な家なのか気になります。
     県外の知り合いの方からの依頼だそうです。
     家を見に行けないのが 残念!!


 最初の依頼は 文字が左側の大きさでした。
  それでは小さいと思ったものですから 大きくしました。
  依頼主にお見せして 右側の大きさで作る事になりました。
  パソコンで 自由に大きさを変えられる時代だからできたこと。

  伝統工芸という世界にも パソコンが必要な時代になっている
                という事なのでしょう・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トースカン

2017-09-06 19:29:02 | 木彫
この写真を見て 何に使う道具か?  


  トースカン  金属製の物もあります。
  これは 木製です。
  木彫作品を作る時 水平な高さを書き込む時に使います。


 低い位置で使うときは 下げて使います。


  高い位置を書き込む時は 上げて使います。

  これが大工道具を扱う方が持って来られました。
  大工さんが これを使うときがあるのかな??

  当然 自分でも作れるのですが・・・・ これは作れません。
  使われているのは樫木  ネジを通す穴を開けてあります。
  これはそのための機械が必要です。
 
  しかも 沢山 一度に作るのでしょう。
   値段が安い!!
         この値段では とても私には作れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪城 大手門継木

2017-09-05 19:16:09 | 木彫
大阪城の大手門控え柱が 継がれていることは知る方も多いことと思います。
その継方が見ただけでは分かりません。


  この様な継方になっています。


  外すと この様な細工されています。
  何年か前に私が作った模型です。


  その繋方の方法が掲載されている新聞記事。
 1983年の新聞記事ですから 30年以上前の新聞です。


  その続編ともいうべき記事  作った人が判明したとの記事です。

  これらの記事があることは インターネットで知りました。
  そう知ると 見たくなるのは当然の事。
 まず 県立図書館で新聞の縮刷版を見ました。   記載がありませんでした。
   縮刷版は 東京で印刷された新聞の物しかありませんでした。
  記事は大阪城の事ですから 大阪で印刷された物でしょう。

  相談したら 福井市立の図書館にはデーターベースがあるから
             そちらへ行ってみてくださいとのこと。
  そちらへ出かけました。
  そのような方法がある事すら知りませんから どうして調べるの??
      ・・・・・・ 何とかこの記事を見つけることが出来ました。
  印刷するのはどうするの??
    記事が小さすぎて とても読めませんから 拡大コピーして・・・

  図書館の職員の方に すっかり世話になってしまいました。

  手に入れた記事もそうですが 調べる方法を知ったことが良かった!!
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

力板 修理

2017-08-26 20:08:06 | 木彫
建ててから50年ぐらいになる家を 解体中です。
その中の 力板が少しですが 傷んでしまったようです。


  雲に鶴   かなり凝った作品です。


  その羽の先端部が 欠けてしまったようです。
   その部分を 修復して欲しいと依頼です。


  小さな箇所ですから 削って直してほしいとのこと。
  その部分が目立たないように 形を修正しました。


  削った部分の木の色が鮮やかになりましたから
    古色を付けて 目立たないようにしました。

  解体の後 移築するとのことですから
              解体には気を使う事でしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍 前彫り 写真

2017-08-16 20:48:08 | 木彫
画像処理ソフトが使えなくなり 困っていましたが・・・・
              何とか処理できるようになりました。

しかし 使い方が今一つ分からない部分があり・・・・恐縮です。


  彫っていた龍の前彫り   この様に出来上がりました。






  部分的に拡大しますと この様な状態です。

  依頼主の意見を聞き 一部修正しますが・・・・。

やはり 私のような仕事ですと 写真が無いことには内容が全く伝わりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木彫 実演2

2017-08-14 19:22:30 | 木彫
昨日からの木彫実演  今日で終わりました。

知り合いの方が来場され 久しぶりにお話しできたりして
             それなりに楽しい一日でした。

篆刻・玩具などのワークショップが多いですから これが本職ですと
   笑いながら話した人は 何人いたことでしょう。

もっと 簡単にできる木彫りは無い物でしょうか?
  カトラリー作りの体験は行っていますが・・・・。

もう少し 木彫らしいことが出来ると良いのですが・・・・。

 技術的に・・・時間的にも・・・・難しいだろうなァーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木彫 実演

2017-08-13 19:21:30 | 木彫
お世話になっている仏壇屋さんの展示会が開かています。

その場で仏壇彫刻の実演を依頼されましたから 会場に出かけています。
ワークショップ・指導でいろんなことで出かけます。
しかし 木彫 しかも仏壇彫刻を来場者の前で実際に行うのは珍しいことです。

普段は 仕事場でしか行いませんから 一般の方が目にすることはまずありません。

文化財の修復ですと見学会が行われますから もっと大きな作品を作ります。
仏壇は細かな作業ですから 小さな刃物が一杯作業台の上に並びます。
それらを珍しそうにご覧頂きました。
いろいろ質問もされますから それらに答えていると・・・・・。
仏壇は細かな仕事ですから 気が散ってしまって・・・・。

こんなことも大切と 言い聞かせています。

今日 明日 福井県産業会館で行っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍 前彫り ウロコ彫り

2017-08-05 19:11:49 | 木彫
製作中の仏壇前彫り  龍  ウロコを彫っていました。
龍を彫れば 必ず全身にウロコを彫らなければいけません。
当然の事なのですが これが面倒。
  ただひたすら コツコツ彫り続けるしかありません。
  小さな作品ですから ウロコも小さく 
             何も考えないでコツコツ彫っていました。
今日は 暑かった!!   そんな中一日中ウロコ彫り
  
お陰様で ウロコ彫りは終えることは出来ました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍 前彫り 仕上げ

2017-08-03 22:51:29 | 木彫
以前 荒彫りをしておいた 龍の前彫り   仕上げを開始しました。

イベント・雅印・玩具   と しなければいけないことが続きました。
 この仕事も期間がありますから そろそろ始めないと・・・・。

  文章で書いても 私の仕事では全く様子が分かりません。
写真を掲載できると面白いのでしょうが・・・・。

 この問題では困っている方が多いと思いますから 
   そろそろ電気店で相談すると 良い解決策を教えてくれるかも・・・。

 Photoshop elementに頼っていた部分が多いことに 改めて気づきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加