木になる 木の合う 事柄

今 こんなことをしています。

ガリガリトンボ

2017-12-09 18:54:31 | 玩具
今日は ガリガリトンボ4枚羽を作ってみました。


  プロペラが逆回転するようにしてあります。
  3枚のプロペラでは作りました。  それでは4枚にしたらどうなのか?
  それで4枚プロペラを作ってみました。


  プロペラが逆回転するようにしたガリガリトンボ
  2枚  3枚  4枚プロペラの物が出来ました。
             回してみると 3枚の物が見たときに楽しい。
             4枚ですと繁雑 2枚だと寂しい。  そう思えました。


  逆回転型ガリガリトンボ    これだけ作ったことになります。


  ヘリコプター型  鳥篭型  逆回転型・・・・ 他にもいろいろあります。

  いろいろな形の物を作ったものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガリガリトンボ 3枚羽2

2017-12-08 22:51:52 | 玩具
昨日作ったガリガリトンボ 三枚羽   ちょっと手を加えてみました。


  右 昨日作った物   左 今日作りました。
             心棒を少し短くしました。


  上から見たところ    横から見るとこうなっています。


  手慣れてきましたから 割と早くできました。

  シールを多めに張りました。  子供達はシールが好きなようです。
                 カラフルになりますから 楽しくなりました。

  三枚のプロペラ  真ん中の羽根は逆回転します。
  逆回転するプロペラ 具体的な形に応用できるかと大分考えたのですが・・・・思いつきませんでした。

  プロペラの色を変え 色とりどりのシールを貼り・・・・
      ・・・見ているとそれなりに楽しい。・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガリガリトンボ 3枚羽

2017-12-07 19:21:01 | 玩具
ガリガリトンボ  プロペラが逆回転型   何か面白いことが出来ないか?
  考えているのですが いいアイデアが浮かびません。
2枚のプロペラが逆回転しているだけでは 何か魅力があるように思えません。


  それならば プロペラを3枚にしたら・・・・。


  こんな感じです。    上下と真ん中が回転が違いますから 面白くは見えます。


  プロペラの色が違うと 見た感じが相当異なります。

  せっかく逆回転するのですから 何か楽しいことができるはずと思うのですが・・・・??
      ・・・・面白いアイデアが出て来ない・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手作り玩具講座 10回目

2017-11-28 19:04:00 | 玩具
県立美術館での手作り玩具講座  10回目 最終回です。


  歩行玩具を作りました。


  玩具でも動くものは人気があります。
  歩くのですから 興味を持つ方が多いのも当然です。


  しかも 恐竜の形で作りますから 子供には圧倒的な人気です。
  
  今回が最後の講座です。
  今まで玩具を作ってきましたから 道具の使い方も上手になっています。
  要点だけを注意し 肝心なところを手伝ってあげれば 皆さん歩くようになりました。


 県立美術館での10回講座  しかも 今年で3年目です。
 このような講座は 県立の美術館だからこそできることでしょう。

 手作り玩具講座の前は 消しゴムはんこ講座を3年間担当していました。
 合計6年間 10回講座を担当したことになります。
 このような講座はもう無いでしょうから 私に取っても良い経験になりました。
 カリキュラムを組み 同じ内容の繰り返しは避ける。  考えるだけでも一苦労でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修理

2017-11-27 19:15:25 | 玩具
県立図書館で行われた 古代文字に関するイベント  無事盛況のうちに終わりました。
その折 展示して置き 触れるようになっていた作品  搬出してきました。
やはり 触って頂かないと面白さが分かりません。  
触れるようにしておきますと 壊されてしまうことは覚悟しておかないと・・・・


  足が外れてしまっています。


  見事に壊されてしまいました。


  まァ・・  これくらいは覚悟していましたから・・・・。


  修理を終えました。
  部品が揃っていましたから 接着するだけで直すことが出来ました。   良かった!! 良かった!!

  触っていて壊した人は きっと 驚き そのまま置いて行ってしまったのでしょうね。


  足が一つ残ってしまっています。
  本体はどうしたのでしょうか??  
          壊れた物を持って帰ってもどうしようもないでしょうに・・・・。

  しかし 何の作品だったのだろうか? 
                       ・・・思い出せない・・・・。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベント 当日

2017-11-23 19:20:22 | 玩具
準備してきた古代文字をテーマにしたイベント  開催されました。


  教育委員会が 近くの学校全員にチラシを配布しただけのことはあります。
  開会時から入場者が一杯  体験希望者が途切れる事がありませんでした。
  早々に準備した材料が無くなってしまったブースも出るほどでした。


 担当した古代文字パズル  多くの方が体験されてゆかれました。
   糸をテーマにした作品を作っています。


  母と子の作品
  サンドペーパーで角を丸める。  ヤスリで内側も丸める。
  こんな作業も小学生には難しいようです。


  小さな子はすっかり飽きてしまって・・・眠くなったのでしょうか・・・・。


  魚をテーマにしたパズルが一番人気のようです。
  やはり形が面白く分かりやすい事が 人気のようでした。

 他に類例のない古代文字形のパズルですから どれくらいの方が体験を希望していただけるか心配もありました。
 休憩時間も取れないくらい 絶えず相手をしなければいけないほどでした。

  糸を切ったら接着剤で固める。糸を固定するには楔を使う。
  このことを説明することに追われました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後始末

2017-11-22 19:05:41 | 玩具
昨日の玩具講座  今日は後始末です。


 後始末と言っても使ったノミを研ぎ直したのですが・・・・。
 六本組木を作る時に使った平ノミ


  6分から1分5厘の幅のノミを使いますから これだけの数になります。
  受講者の方が使いますから どうしても無理な使い方をするので 研ぎ直さないといけなくなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講座 9回目

2017-11-21 19:19:47 | 玩具
県立美術館での 手作り玩具講座  9回目になりました。


  9日目になりますと 道具の使い方も上手になります。
 錐で穴を開ける時 座って足で挟み上手に使っています。


 バランス玩具 翼竜を作っています。
 この種の玩具は一般には出回っていませんから 珍しい。
  小刀で削り薄く・軽くしませんと バランスが取れませんから 大変そう。


 こちらは六本組木  これも刃物を使って正確に加工しなければばりませんから 大変なことでしょう。
  何度も確かめながら組み込め具合を確かめての作業です。


 竹ヘビ こちらは相当手こずっていましたが 完成しました。
 竹は硬いですから加工が難しかったようです。
   何だかんだと言いながらも 完成したのですから立派です。

  来週で10回  最後の講座になります。
              ・・・・皆さん良く頑張ってくださいました。・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古代文字パズル 作る

2017-11-19 18:31:17 | 玩具
行われるイベントに使うために 古代文字パズルを作りました。


  沢山作ってあったのですが・・・・・ 無くなってしまっている物があります。
             子供にあげてしまったのでしょう。
 それで 無くなっている物を作りました。
    これは稲妻の形をした文字 「申」 を使ったパズル。


  やはり参考にする実物が無い事には 話になりません。
    これは 「子」「母」の文字を使ったパズル。


  盛んに作ったのは5年ぐらい前ですから 改めて見ると 忘れてしまっている物もありました。
   これは 「魚」「足」を使ったパズル。

このイベントを主催する県教育委員会の方の話ですと 小学校の生徒全員分チラシを配ったそうです。
 さて どれくらいの方が来場いただけるのか分かりませんが その準備だけはしておかないと・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古代文字 材料

2017-11-18 19:10:36 | 玩具
県立図書館で 古代文字に関するイベントが開かれますから その材料を作りました。


  1cmの立方体 それの真ん中に穴を開けてあります。    木球として使います。
  1cm角の棒を8角形に削り それを1cmに切り 一つずつ穴を開けました。


  端材で作りますから これだけ作りました。
  今回のイベントだけでなく これから行われるイベントにも使いますから できるだけ多く作っておきました。


  「糸」の甲骨文字です。


  これだけ作りました。


  「幸」の甲骨文字形です。


  これも これだけ作りました。

  作れるときに作っておけば 今回だけでなく これからも機会があるたびに使えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加